アンダーレイ法とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

アンダーレイ法とは

アンダーレイ法とは、鼠径部に脱腸が起こる鼠径ヘルニアにおける治療法の一つです。男性は特に鼠径部の筋肉周りが弱いため、腸が腹膜とともに皮膚の内側に出てきてしまう場合があります。
飛び出してしまった腸を元に戻し、飛び出してしまった筋肉の弱い箇所をメッシュシートで覆うのが、アンダーレイ法と呼ばれる治療法です。再発の可能性は2~5%程度と非常に低く、一度治ってしまえばほぼ心配ありません。

メリット

・傷口がほとんど目立たない
・手術は30分程度で終わり、基本的に入院の必要が無い

デメリット/副作用

・入院が必要となる場合がある
・合併症が起きる可能性がある
・再発の可能性がある

治療期間

鼠径ヘルニアの手術は30分程度で終了するため、基本的に入院の必要が無く、手術当日に帰宅可能です。

費用相場

鼠経ヘルニアは保険適用が可能であるため、手術費用1万2千円~8万円の1~3割負担で済みます。

注意点

治療期間や費用は、医療機関や治療内容などによって大きく異なる場合があります。