単一胚移植とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/29

単一胚移植とは

単一胚移植とは、体外受精により得られた受精卵(胚)を子宮へと戻す方法です。この移植方法では「単一」と「複数」の2通りがあり、単一胚移植では1つの受精卵を子宮に戻すのに対し、複数胚移植では2個の受精卵を子宮に移植します。以前は複数胚移植の方が高い妊娠率を得られるとして多数の施設が実施していましたが、多胎率が高くなるという問題を抱えていました。現在では妊娠確率の高い良好な胚がある場合には、単一胚移植が選択されるケースが増えています。多胎妊娠防止のための移植胚数ガイドラインが日本生殖医学会により策定され、複数よりも単一の胚移植が勧められています。

メリット

・多胎妊娠の可能性が低いため、妊娠中のリスクを低減できる
・治療精度が向上しており、今後さらに高い妊娠率となることが予想される

デメリット/副作用

・複数胚移植に比べて妊娠率が低い
・自然妊娠では異所性妊娠が約1%であるのに対し、胚移植の場合は約5%とリスクが高まる
・経済的、身体的、精神的な負担を感じやすい

治療期間

採卵後、月経が1~2回来てから胚移植のための投薬を開始し、投薬中に胚移植を行います。胚移植は細い管を子宮の中に入れて胚を戻す作業です。痛みはほとんどなく、10~20分程度で終了します。妊娠判定までは少なくとも投薬を続けます。妊娠していなければ投薬を終了し、妊娠していれば妊娠9週ごろまで続けます。薬剤への反応性には個人差が大きく、また治療の経過にもよりますが、少なくとも月経から3~4週間は投薬を続けます。

費用相場

保険適用外のため、卵子の採取~胚移植までで30~40万円ほどの費用が必要となります。また、ホルモン検査や処方薬などは別途費用が必要となります。

注意点

治療期間や費用は、医療機関や治療内容などによって大きく異なる場合があります。