PSAとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/29

PSA検査とは

PSA検査とは、前立腺の上皮細胞から分泌される「前立腺特異抗原」です。血液中のPSAが高い場合は前立腺癌、前立腺肥大症、前立腺炎の可能性があります。また、射精や長時間の車の運転などの機械的な刺激でも軽度上昇する場合があります。PSAが高値なほど前立腺癌の可能性は高くなりますが、PSAの値のみで確定診断はできず、病院での検査が必要になります。
基準値以上のPSAが検出された場合、再検査に加えて、超音波や直腸内触診、MRIなどの検査を行います。その後、状況により精密検査(前立腺生検)を行い確定診断となります。

メリット

・血液だけで検査できる
・前立腺癌の早期発見の可能性を高め、進行癌への移行を防ぐ
・早期発見により前立腺癌治療の選択肢が増える

デメリット

・基準値内でも前立腺癌の可能性がある
・前立腺癌の確定診断ではない
・射精や車の運転など、前立腺への刺激で偽陽性となる場合がある
・検査は人間ドックなどのオプションとなる

検査期間

検査後の流れ病院によりますがPSA検査は採血をして、結果が出るまでは当日~1週間程度です。その後、再検査や精密検査を行い、確定診断となってから治療を行います。採血から確定診断までには数カ月ほどかかります。前立腺癌は他の癌よりも比較的進行がゆっくりです。PSA異常を指摘されたら焦らずに医療機関を受診しましょう。

費用相場

PSA検査は前立腺癌の疑いの有無で保険診療となる場合があります。
・人間ドックのオプション:2,500円程度
・自治体の前立癌検診:無料~2,000円程度
・前立腺癌を疑う症状あり:1,000円前後(保険適応3割負担の場合)
別途診察料がかかる場合もあります。また、PSAが高値を示した場合、再検査や追加検査のため、追加費用が発生します。