クーゲル法とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

クーゲル法とは

クーゲル法とは、1999年にアメリカのクーゲル医師によって考案された鼠径ヘルニア手術方法です。鼠径部の弱い部分を形状記憶可能なリング状のメッシュで補強する手術方法です。

メリット

・術後の痛みが少ない
・従来の手術方法と比較すると入院期間が短く済むことが多く、生活への影響が少ない
・腹圧に対する耐久性がほかの治療法よりも優れている
・鼠径ヘルニアの再発を防ぐことができる

デメリット/副作用

・すべての施設でクーゲル法での鼠径ヘルニア治療を行っているわけではない

治療期間

手術時間は1時間程度で完了することが多いです。ただし、手術の前後に入院が必要なため最長1週間程度はかかります。また、退院後も必要に応じて通院が必要な場合があります。

費用相場

鼠径ヘルニアの手術は保険適用を受けられます。そのため手術費用が1~2万円程度に収まることが多いです。
高額療養費制度を活用すればさらに費用を抑えられる場合があります。

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。