院内調剤化粧品とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/18

院内調剤化粧品とは

院内調剤化粧品とは、医師が患者さんの肌を診察して必要な成分を調合した化粧水、クリームなどのことです。石鹸やクレンジング・化粧水・ジェル・日焼け止め・まつ毛美容液・ニキビやシミ治療薬など、クリニックによって処方できる化粧に品は様々な種類があります。
市販品では広告費やパッケージなどに費用がかかり割高になることがありますが、院内調剤化粧品では広告費などがかからないため、ほぼ原価で自分の肌に合う化粧品を購入することができます。

メリット

・添加物をほとんど入れないので肌に優しい
・医師の診断で自分の肌にパーソナライズされた化粧品を調合してもらうことができる

デメリット/副作用

・保存料などを使用してないため保管期限が短い
・処方してもらうためには医師の診察が必須

治療期間

医師の診察のもと用法用量を守り、保管期限まで処方された院内調剤化粧品を使用し続けます。

費用相場

費用は商品によって異なりますが、1000〜5000円+診察代で購入することができます。

注意点

治療期間や費用は、医療機関や治療内容などによって大きく異なる場合があります。