フーナーテストとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/12/15

フーナーテストとは

フーナーテストとは、性交後試験ともいい、不妊治療の一環として行う検査の一つです。
妊娠する確率が高い時期にパートナーと性行為を行ってもらい、その後子宮頸管から粘液を採取して精子の有無や運動の様子をチェックします。
フーナーテストで運動精子数が4個以下の場合は妊娠率が低くなるため、人工授精や体外受精へのステップアップを検討します。

メリット

・検査結果によって不妊治療の方法を検討することができる
・妊娠しやすい条件下で検査をするため、フーナーテスト時に妊娠することがある
・外来で検査を施行できる
・複数回行うことで妊娠しやすい時期や不妊治療の方針決定の正確性が高まる

デメリット

・フーナーテストに異常がなくても、他に原因があれば妊娠しない場合がある
・1回だけの検査では正確性に欠けるため、複数回の検査が必要になる場合がある
・排卵日など妊娠しやすい時期にテストを行うため、月に1~2回までが限度
・クリニックによっては検査前にパートナーに禁欲をしてもらうところもある

検査期間

排卵前の妊娠しやすい時期を見計らって検査を行うので、1回の検査にかかる期間はおよそ1か月くらいです。頸管粘液の採取自体は5分程度で終わります。女性側の排卵状況にもよりますが、検査を連続して行う場合には数か月ほど期間を設けなくてはなりません。
また、性交後にできるだけ速やかに検査を行う必要があります。
性交を行ってから数日経過してしまうと精子が死滅している可能性が高く、検査の信頼度も損なわれてしまいます。

費用相場

不妊治療の一環として検査を行うので、フーナーテストには医療保険が適用されます。
1回の検査にかかる費用はおよそ500~1000円程度です。

注意点

検査期間や費用は、検査内容などによって大きく異なる場合があります。