女性ホルモン補充療法とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/12/15

女性ホルモン補充療法とは

女性ホルモン補充療法とは、主に閉経前後の女性を対象としたホルモン補充療法です。加齢に伴い卵巣からの分泌量が減少する女性ホルモン「エストロゲン」と、副作用を防ぐための「プロゲステロン」を組み合わせて補うことで、ほてりやのぼせ、発汗などの更年期症状の緩和を目指します。治療は内服薬によるものが主ですが、体質や症状によってぬり薬や貼り薬の選択も可能です。

メリット

・発汗やほてり、不眠や抑うつなどの更年期症状を緩和できる
・萎縮性腟炎や性交痛、頻尿、膀胱炎などの婦人科泌尿器科症状が改善する
・肌や腟にうるおいが戻るなど、エイジングケアとしての効果が期待できる
・骨粗鬆症や高LDLコレステロール血症(脂質異常症)の 予防効果が期待できる

デメリット

・乳がんや子宮がんの既往歴がある人、血栓症の治療中の人などは治療を行えない場合が多い
・治療開始後一部の人に子宮からの出血やはき気、むかつき、乳房のはりなどの副反応が見られる場合がある
・長期間治療を続けた場合、乳がんのリスクがわずかに上がる可能性が指摘されている

治療期間

症状を見ながら5年程度を目安に治療を行います。
エストロゲンとプロゲステロンを、数日間の休薬をはさみながら周期的に投与する方法と、休止をはさまず継続して投与する方法があります。

費用相場

1ヶ月あたりの費用:1000~5000円程度

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。