1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を地域から探す
  4. 東京都
  5. 【2022年】東京都の飛蚊症治療 おすすめしたい6医院

【2022年】東京都の飛蚊症治療 おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2022/06/01  更新日:2022/06/15

東京都で評判の飛蚊症治療対応クリニックをお探しですか?
東京都には、日本眼科学会の眼科専門医が在籍しているなど様々な飛蚊症治療対応クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、東京都でおすすめの飛蚊症治療対応クリニックをご紹介いたします。
※2022年6月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

東京都で評判のおすすめ飛蚊症治療対応クリニック6医院!

八王子友愛眼科(八王子市)

  • 駅徒歩7分

八王子友愛眼科photo

アクセス・住所・診療時間

JR各線 八王子駅 徒歩7分

東京都八王子市横山町22-3 メディカルタワー八王子5F-8F

診療時間
9:00~12:30
14:45~17:30

★:9:00~15:30
※予約優先制

八王子友愛眼科はこんな医院です

八王子友愛眼科photo

八王子友愛眼科は、飛蚊症治療に力を入れているクリニックです。飛蚊症とは視界の中に虫のような黒いヒモ状のものや薄い雲状のもの、リング状のものが見える状態のことで、その症状自体は病気ではないものの、網膜剥離や網膜裂孔、硝子体出血、ぶどう膜炎といった目の疾患が隠れている恐れもあるそうです。
診療時間は9時~12時30分/14時45分~17時30分、土曜日は9時~15時30分、休診日は日曜日・祝日です。予約優先制を採用されているため、あらかじめお電話で診療予約を取ってから来院すると良いでしょう。
また、毎週水曜日の9時30分~12時/15時~17時までは糖尿病内科診療も行い、目だけでなく全身の健康を総合的にサポートできる体制も整っています。豊富な経験に基づいた診療を行い、患者さんを家族のように大切に思う姿勢で治療に臨むことで、一人ひとりにとってより良い医療を提供できるよう努めており、地域の患者さんより「目のかかりつけ医」として親しまれています。

八王子友愛眼科の特徴について

八王子友愛眼科photo

・低侵襲な飛蚊症治療!

飛蚊症は、眼球に詰まっている硝子体という物質が加齢に伴って液化し、物質中の繊維が濁ることで網膜に影を落とすことが原因と言われています。20代から自覚するケースもあり、生理的な現象なのか何らかの目の疾患によるものなのかを鑑別することが重要ですので、視界の糸状の影が気になるという方は相談してみることをおすすめします。八王子友愛眼科では、レーザービトレオライシスという治療を行い、影の原因となっているものを分散させる処置で症状の改善を目指されています。硝子体の濁りを消すことを目的としており、低侵襲で痛みはない治療なのだそうです。突然飛蚊症の症状が生じたという方や、浮遊物の数が急激に増えている場合は早急な受診が大切です。明るいところや白い壁などを見ると、ヒモ状の浮遊物が見えるという方や、目の動きに合わせて浮遊物も動くことが気になるという方はご相談ください。

・糖尿病による網膜疾患に対応!

八王子友愛眼科は網膜疾患に関わる治療も行っており、眼球注射やレーザーなどによる網膜治療に対応されています。
特に糖尿病によって網膜がむくんだり、網膜の血管が弱ることで出血してしまう糖尿病網膜症・糖尿病黄斑浮腫の治療に尽力しているそうです。糖尿病の合併症に関する眼科診療はもちろん、毎週水曜日には糖尿病内科の診療も行われているため、糖尿病による網膜疾患にお悩みの方は相談してみることをおすすめします。

もう少し詳しくこの飛蚊症治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら八王子友愛眼科の紹介ページ

おおつき眼科(江東区)

  • 駅徒歩1分

おおつき眼科photo

アクセス・住所・診療時間

JR総武線・東武亀戸線 亀戸駅 北口(アトレ口) 徒歩1分

東京都江東区亀戸5-3-2 サンタモニカ亀戸2階

診療時間
9:30~12:30
15:00~18:30

※受付は診療時間の30分前までです。
※予約優先制

【所属・資格など】
・日本眼科学会 眼科専門医
・日本網膜硝子体学会
・日本眼科手術学会

おおつき眼科はこんな医院です

おおつき眼科photo

江東区亀戸のおおつき眼科は、JR総武線・東武亀戸線が乗り入れる亀戸駅の北口(アトレ口)より徒歩1分の好アクセスで、平成26年の開業以来、地域に根ざした眼科診療が行われています。日本眼科学会認定眼科専門医の資格を持つ経験豊富な先生が診療を行っており、日常生活で生じる突発的な目の痛みやかゆみなどの症状はもちろん、ドライアイや眼精疲労といった慢性的な症状、加齢に伴う白内障や緑内障の治療、高い専門性が求められる網膜疾患の硝子体手術など、幅広い目の疾患に対応しているそうです。なかでも力を入れているのは、視界に黒い虫やゴミのような浮遊物が見える「飛蚊症」の治療で、重篤な疾患が潜んでいないかを確認するために精密な検査が行われています。飛蚊症には、加齢とともに硝子体が濁って生じる、治療の必要がないもののほかに、糖尿網膜症や網膜裂孔、網膜剥離といった早急な治療を要する疾患も原因として考えられるそうです。突然視界に虫のようなものが増えたという場合など、目に違和感がある方はお早めにおおつき眼科へご相談ください。

おおつき眼科の特徴について

おおつき眼科photo

・飛蚊症の原因を特定!

おおつき眼科photo

飛蚊症には、加齢による原因のほか、眼球の内側にある網膜が剥がれる「網膜剥離」や、網膜に裂け目が生じる「網膜裂孔」、糖尿病の合併症の一つである「糖尿病網膜症」、硝子体腔の中に血が溜まる「硝子体出血」などの疾患に起因する場合もあるそうです。おおつき眼科では新しい医療設備を完備しており、眼底検査などを実施して飛蚊症の原因を分析し、レーザー治療による網膜光凝固術や網膜復位術、網膜硝子体切除術など、外来で対応できる治療から観血的な手術まで進行度合いに適した治療を実施されています。

・日帰りの硝子体手術を実施!

おおつき眼科photo

おおつき眼科では、飛蚊症の原因が網膜疾患にある場合、25または27ゲージという極小切開の硝子体手術を日帰りで実施されています(※術前・術後の経過観察が必要です)。術後の身体の負担や日常生活への影響を考慮し、早期回復が期待できる低侵襲な手術を行っており、硝子体というゲル状の組織をわずかに切除して、レーザーによる網膜凝固、膜状の組織“増殖膜”の除去、剥離した網膜を復位する空気(ガス)の注入といった処置を行っているそうです。院長はこれまでに数多くの網膜硝子体手術を執刀してきたベテランの先生で、日本眼科学会認定眼科専門医として培った高い技術と豊富な知識に基づいた良質な手術を実践されています。

おおつき眼科photo

もう少し詳しくこの飛蚊症治療対応クリニックのことを知りたい方はこちらおおつき眼科の紹介ページ

冨田実アイクリニック銀座(中央区)

  • 駅徒歩1分

冨田実アイクリニック銀座photo引用:https://www.tomita-ginza.com/

アクセス・住所・診療時間

東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線 東銀座駅 3番出口 徒歩1分
東京メトロ銀座線・東京メトロ丸ノ内線・東京メトロ日比谷線 銀座駅 A7番出口 徒歩5分

東京都中央区銀座4-12-19 日章興産ビル3階・4階

診療時間
9:30~13:30
15:30~19:00

※手術は月曜日・木曜日・金曜日・土曜日の午前中と火曜日の午後となります。
※年末年始は休診です。

冨田実アイクリニック銀座はこんな医院です

冨田実アイクリニック銀座photo引用:https://www.tomita-ginza.com/

東京都の冨田実アイクリニック銀座は、海外や国内の大規模眼科総合クリニックで研鑽を積んだ院長が、卓越した技術を活かし通常の治療から手術まで対応している眼科クリニックです。新しい高性能なレーザー治療機や信頼できる手術設備を導入し、精度の高い手術がクリニックの特徴と言われています。

手術は、レーシックをはじめ老眼、白内障、緑内障、ICLなどに対応し、診療から手術、術後のケアまで院長が担当してくれるそうです。もちろん一般的な眼科疾患も院長による質の高い治療が受けられます。

力を入れている症状の治療は、黒い虫のようなものが動いて見える飛蚊症です。検査で原因を正しく特定し、適切な治療法を提案してくれますので、早めに受診してみてはいかがでしょうか。

冨田実アイクリニック銀座の特徴について

・目の病気が引き起こす飛蚊症!

冨田実アイクリニック銀座の飛蚊症治療は、まず必要な検査を行い、原因を正しく特定した上で治療が行われています。飛蚊症には、生理的な原因と目の病気が原因のものがあり、特に病気が原因の場合は、その病気の治療が必要になるそうです。

中でも飛蚊症を引き起こす代表的な眼科疾患は、網膜剝離と言われています。そのほか硝子体出血、ぶどう膜炎による場合も放置しておくと失明の可能性がありますので、できるだけ早めに受診してみてはいかがでしょうか。

・眼科レーザーによる飛蚊症治療!

冨田実アイクリニック銀座では、飛蚊症の特徴的な症状を軽減するレーザー治療が行われています。レーザーで硝子体内の濁りやシワを破砕する治療法です。症状の程度によっては、数回にわたってレーザー治療を行う必要があるそうです。

レーザー治療は、外科手術のようにメスや器具を用いないため、安心して受けていただけます。治療時間は約30分程度で身体への負担は少なく、院内でリカバリーした後、帰宅できますので、飛蚊症はレーザー治療がおすすめです。

もう少し詳しくこの飛蚊症治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら冨田実アイクリニック銀座の紹介ページ

久が原眼科(大田区)

  • 駅徒歩2分

久が原眼科photo引用:https://kugahara-ganka.com/

アクセス・住所・診療時間

東急池上線 久が原駅 徒歩2分
東急池上線 御嶽山駅 徒歩10分
東急池上線 千鳥町駅 車で4分
東急多摩川線 鵜の木駅 車で6分

東京都大田区久が原3-34-13 1F

診療時間
9:00~12:30
15:00~18:30

★:9:00~13:00
※初診の患者様は受付終了15分前までにご来院お願いいたします。

久が原眼科はこんな医院です

久が原眼科photo引用:https://kugahara-ganka.com/

東京都大田区の久が原眼科は、眼科医療設備を充実させ一般的な眼科疾患診療から手術治療まで、幅広い目の病気に対応してくれる街の信頼できる眼科クリニックです。院長は、日本眼科学会専門医として、常に丁寧な対応とわかりやすい設備を心がけ、質の高い眼科治療を提供してくれます。

院内は衛生管理が行き届き、清潔な状態が維持されています。また眼底カメラや光干渉断層計など検査機器を多く取り揃え、さまざまな眼科疾患に対応できる体制を整えているそうです。

力を入れている治療は、飛蚊症になります。モノを見ているときに黒い虫のようなものが動いて見える症状が特徴の病気です。網膜剝離などほかの病気がある場合は、早めに眼科専門医に相談してみてはいかがでしょうか。

久が原眼科の特徴について

・飛蚊症の原因を探る眼科検査!

久が原眼科では、飛蚊症の症状がある場合、原因を探り出すため、まず眼科検査を行うそうです。眼底検査で眼球の奥の網膜や硝子体の状態を調べ、異常がないか確認してくれます。

必要に応じて、眼底カメラで網膜を詳しく調べ、またOCTによる画像診断を用い、正しい診断が行われます。診断の結果、生理的な原因の場合は経過観察となり、病気が原因の際は病気の治療を優先するそうなので、まず検査を受けてみてはいかがでしょうか。

・飛蚊症を改善する治療法!

眼底検査で網膜裂孔を確認した場合、今後起こりうる網膜剥離を未然に予防するためにレーザー治療が行われます。レーザーを病的な網膜に照射し、凝固させることで悪化を防ぐそうです。レーザー治療は健康保険適用のため安心して受けていただけます。

また網膜剝離が確認された場合は、手術を検討するそうです。そのため急に黒い虫が増えたり、視力が悪くなったり、視野の一部が欠けだすといった症状が表れたなら、できる限り早く眼科を専門とする医院での治療をおすすめします。

もう少し詳しくこの飛蚊症治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら久が原眼科の紹介ページ

新宿東口眼科医院(新宿区)

  • 駅直結

アクセス・住所・診療時間

東京メトロ丸ノ内線 新宿駅 B11出口 直結
JR各線 新宿駅 東口 徒歩1分

東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階

診療時間
11:30~13:45
15:00~19:30

★:11:00~13:45/15:00~19:00
▲:11:00~18:00
※祝日が土曜日と重なる場合は、土曜日の診療時間になります。
※予約優先制

新宿東口眼科医院はこんな医院です

東京都の新宿東口眼科医院は、日本眼科学会専門医の院長と女性眼科医師の常勤2名体制で、患者さん一人ひとりに適した治療を行う眼科専門の医療施設です(2021年12月現在)。一般的な眼科疾患治療から白内障、緑内障、網膜・硝子体疾患、ぶどう膜炎などの専門的な治療と手術まで幅広く対応してくれます。

患者さんの眼の不安を解消するために、検査機器をはじめ治療機器、手術設備を充実させて正しい診断と質の高い治療を目指しているそうです。中でも力を入れている治療は飛蚊症であり、視野に黒い虫のようなものが動いて見える眼の疾患になります。

網膜剥離や硝子体出血など病気が原因の場合は、直ちに治療を行う必要があるそうです。気になる症状があるなら、早めに受診してみてはいかがでしょうか。

新宿東口眼科医院の特徴について

・飛蚊症は眼底検査が重要!

飛蚊症の診療の際、まず原因を詳しく調べるために精密検査が行われます。重要視している検査は、眼底検査です。目薬で瞳を大きくしてから観察し、眼底の端の方まで詳しく検査してくれます。

網膜剝離の疑いがある場合は、眼底カメラを用い網膜疾患の眼底の状態を検査し、また必要に応じて光干渉断層計による画像検査で網膜や硝子体に異常がないか確認が行われます。詳しい検査で適切な治療を提案してくれますので、安心して受診してみてはいかがでしょうか。

・病的な飛蚊症の治療法!

新宿東口眼科医院では、飛蚊症の検査と診断で加齢など生理的な原因の場合は、急いで治療の必要はなく経過観察になるそうです。但し、網膜剝離や硝子体出血など目の病気が原因の病的な飛蚊症は、直ちに治療が行われます。

治療は眼科用レーザー治療機で対応するそうです。レーザーをあてるだけで、眼科手術のようにメスや器具が眼に触れることもなく、身体の負担も少ないと言われています。そのため高齢の方には安心して受けられるレーザー治療がおすすめです。

もう少し詳しくこの飛蚊症治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら新宿東口眼科医院の紹介ページ

赤坂東急クリニック島崎眼科(千代田区)

  • 駅徒歩2分

アクセス・住所・診療時間

東京メトロ丸ノ内線・東京メトロ銀座線 赤坂見附駅 徒歩2分
東京メトロ半蔵門線・東京メトロ有楽町線 永田町駅 徒歩5分

東京都千代田区永田町2-14-3 赤坂東急ビル4F

診療時間
10:00~13:00
14:30~18:15

※受付終了は午前・午後ともに診療終了の15分前です。
※予約制

赤坂東急クリニック島崎眼科はこんな医院です

赤坂東急クリニック島崎眼科は、東京都千代田区で開業50年以上、眼科医療を通して地域に貢献している眼科専門クリニックです。エリアの特性上、地域にお住まいの方だけでなく、近隣にお勤めの会社員や学生の方など幅広い世代が来院されています。

診療体制は、女性院長を中心に複数の眼科医師が在籍しており、すべて日本眼科学会認定の専門医です。医師全員、大学病院で研鑽を積み、その知識と技術を活かして日常よくある疾患から目の病気まで幅広く対応してくれます。

力を入れている分野は、飛蚊症治療です。飛蚊症は加齢による生理的なものが多く、中には目の病気が原因で発症する場合があります。そのため黒い虫など浮遊物が見える方は、早めに精密検査を受けてみてはいかがでしょうか。

赤坂東急クリニック島崎眼科の特徴について

・眼底検査による飛蚊症の診断!

飛蚊症の症状がある場合、まず発症の原因を特定するために精密検査が行われます。視野、視力の眼科検査をはじめ飛蚊症の検査で最も重要な眼底検査を行い、正しい診断と必要な治療を提案してくれるそうです。

眼底検査は、眼球の奥にある眼底の状態を詳しく確認し、病的な飛蚊症なのかを判断しています。加齢による飛蚊症の場合は、様子を見ながら定期的に眼底検査を行う経過観察となりますので、まず一度、眼底検査を受けてみてはいかがでしょうか。

・飛蚊症の治療方法!

赤坂東急クリニック島崎眼科では、眼底検査の結果、飛蚊症の原因が網膜裂孔と診断された場合は、直ちに治療を実施してくれます。その理由は、網膜裂孔が進行すると、網膜剝離を引き起こす可能性が高くなると考えられているためです。

治療は、眼科レーザー治療機を用い対応されています。レーザーで裂孔の周囲を焼いて固める方法となり、手術のような外科的処置はないそうなので、安心してレーザー治療を受けてみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの飛蚊症治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら赤坂東急クリニック島崎眼科の紹介ページ