1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を地域から探す
  4. 兵庫県
  5. 神戸市
  6. 【2022年】神戸市の副鼻腔炎治療 おすすめしたい5医院

【2022年】神戸市の副鼻腔炎治療 おすすめしたい5医院

公開日:2022/04/12  更新日:2022/09/20
神戸市の副鼻腔炎治療 おすすめしたい医院

神戸市で評判の副鼻腔炎治療対応クリニックをお探しですか?
神戸市は兵庫県の市のひとつで、日本耳鼻咽喉科学会の耳鼻咽喉科専門医が在籍しているなど様々な副鼻腔炎治療対応クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、神戸市でおすすめできる副鼻腔炎治療対応クリニックをご紹介いたします。
※2022年9月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

わだ耳鼻咽喉科(東灘区)

  • 駅徒歩2分

わだ耳鼻咽喉科photo

アクセス・住所・診療時間

JR神戸線 住吉駅 徒歩2分

兵庫県神戸市東灘区住吉本町2-13-7 LAFFICE住吉本町1F

診療時間
9:00~12:00
13:00~15:30
16:00~19:00

★:手術
※順番予約制

【所属・資格など】
・医学博士
・日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会

わだ耳鼻咽喉科はこんな医院です

わだ耳鼻咽喉科photo

神戸市東灘区のわだ耳鼻咽喉科では幅広い年齢層の耳鼻咽喉の不調に対応しており、地域密着の耳鼻咽頭科診療が行われています。アレルギー性鼻炎や中耳炎、睡眠時無呼吸症候群の検査・治療など様々なトラブルに対応しており、なかでも慢性副鼻腔炎の治療に注力されています。問診や血液検査、鼻腔通気度検査などで鼻の状態を調べ、ネブライザー療法や薬物療法、手術療法で改善を目指しているそうです。副鼻腔炎は風邪による細菌感染やカビ、むし歯などが原因で鼻腔内に炎症が生じる疾患で、鼻詰まりや鼻水だけでなく頬や両眼の奥、額の痛み、頭痛、嗅覚障害につながることも懸念されるほか、集中力の低下や記憶力の衰えなど生活上の不便が生じる恐れもあります。これまでに副鼻腔炎の治療を受けていたもののなかなか症状が良くならないという場合や、市販薬などで鼻炎の症状を抑えているという場合は、わだ耳鼻咽喉科に相談してみてはいかがでしょうか。診療は順番予約制で行われており、火曜日・木曜日の午後・日曜日の午後・祝日は休診です。

わだ耳鼻咽喉科の特徴について

わだ耳鼻咽喉科photo

・副鼻腔炎の日帰り手術!

軽度から中等度の副鼻腔炎に対しては、局所療法や薬物療法などの保存療法が行われますが、一定期間実施しても症状が改善しない場合や重症の場合は、手術を提案されています。わだ耳鼻咽喉科では、副鼻腔炎の日帰り手術が行われています(※術前・術後の経過観察が必要です)。各副鼻腔に大きな孔を開け、内部に溜まった膿や貯留液を除いた状態に保つ内視鏡下副鼻腔手術を採用しているそうです。お薬などでは改善がみられない副鼻腔炎の症状にお悩みでしたら、わだ耳鼻咽喉科へ手術について相談してはいかがでしょうか。

わだ耳鼻咽喉科photo

・CTやファイバースコープを使った安心の治療!

わだ耳鼻咽喉科では、副鼻腔炎の検査の際に高解像度の電子ファイバースコープとX線被ばくの少ないCT(コンピューター断層診断装置)を用います。電子ファイバースコープを使用することによって、裸眼より事細かな診断ができるのでより精密な治療が可能で、CTも導入することによって医療設備が充実していることも特徴の一つです。
その上で耳・鼻・喉の様々なトラブルに対応されており、安心安全な治療を行っているので少しでもお悩みの方はわだ耳鼻咽喉科に相談することをおすすめします。

わだ耳鼻咽喉科photo

・内視鏡下副鼻腔手術を行っています!

皆さん手術となると、「痛い・怖い」というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。わだ耳鼻咽喉科では、切除する範囲を最低限必要な部位のみに抑える内視鏡下副鼻腔手術を行っています。内視鏡下副鼻腔手術は鼻の穴から内視鏡を入れ、TVモニター画面を見ながら行う手術で、術後にしびれや痛みがおこる可能性が少なく安心して受けることができます。麻酔も全身麻酔と局所麻酔があり、患者さんの重症度によって決めているのでそこも安心できるでしょう。

もう少し詳しくこの副鼻腔炎治療対応クリニックのことを知りたい方はこちらわだ耳鼻咽喉科の紹介ページ

神戸市で評判の副鼻腔炎治療対応クリニック5医院

毛利耳鼻咽喉科(北区)

  • 駅徒歩2分

毛利耳鼻咽喉科photo引用:https://mouri-ent.jp/

神戸電鉄三田線 田尾寺駅 徒歩2分

兵庫県神戸市北区有野町有野3392-6 EKMビル2F

診療時間
9:00~12:30
15:30~19:00

★:9:00~12:00

毛利耳鼻咽喉科はこんな医院です

毛利耳鼻咽喉科photo引用:https://mouri-ent.jp/

2021年5月10日に開院した毛利耳鼻咽喉科は、兵庫県神戸市に拠点を構えています。約20年の間、大学病院やがんセンターで耳鼻咽喉科医として経験を積んできた院長が在籍し、地域住民の健康を守る存在でありたいと考えられているそうです。

小さなお子さんは耳鼻咽喉科に怖い・痛いというイメージを持ちやすいと言われていますが、毛利耳鼻咽喉科では安心して通院ができるように、お子さんの対応を得意とするスタッフによる安全性の高い診療が行われています。

毛利耳鼻咽喉科には、電子ファイバースコープが設置されています。副鼻腔炎の診断を重視しているため、電子ファイバースコープでの鼻腔内観察とCTによる画像診断が欠かせないそうです。

毛利耳鼻咽喉科の特徴について

・段階を追った副鼻腔炎治療!

毛利耳鼻咽喉科では、副鼻腔炎の重症度に合わせて治療方法の決定がされているそうです。

副鼻腔炎の程度を知るために鼻の処置や洗浄が行われ、原因にあった投薬が開始されます。通院の際には、抗生物質やステロイドが調合された吸入を行うそうです。急性副鼻腔炎であれば2~3週間、慢性副鼻腔炎であれば3ヶ月以上の抗生物質、粘液溶解剤などの服薬が必要になると言われています。

・CTを使用した画像診断を行う!

毛利耳鼻咽喉科では、副鼻腔炎の診断の際にCTによる画像診断が用いられています。初回診療時には電子ファイバースコープなどを使用し、鼻腔内の様子を詳細に観察しているそうです。

副鼻腔炎には鼻腔内に異常所見が見られない場合もあるとのことで、病変した場所・度合・骨格を適切に診断するにはCTスキャンが適していると捉えられています。毛利耳鼻咽喉科には3次元撮影も可能なCTが設置されており、診療日当日にCTの撮影をし医師からの説明を受けることが可能だそうです。

もう少し詳しくこの副鼻腔炎治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら毛利耳鼻咽喉科の紹介ページ

深澤耳鼻咽喉科(兵庫区)

  • 駅徒歩2分

深澤耳鼻咽喉科photo引用:https://www.fukazawa-ent.jp/

JR山陽本線・JR和田岬線 兵庫駅 徒歩2分

兵庫県神戸市兵庫区駅南通1-2-24 アーバンヴィレッジ兵庫エスタシオン1F

診療時間
9:00~12:30
15:30~19:00

深澤耳鼻咽喉科はこんな医院です

深澤耳鼻咽喉科photo引用:https://www.fukazawa-ent.jp/

深澤耳鼻咽喉科は兵庫県神戸市にある耳鼻咽喉科クリニックです。嗅覚障害・味覚障害・副鼻腔炎・めまい・いびき・睡眠時無呼吸症候群などの診療が行われています。深澤耳鼻咽喉科では患者さんに対して、丁寧で分かりやすい説明を心がけているそうです。

クリニック内はバリアフリーとなり、車椅子やベビーカーでもそのまま診療を受けることが可能となります。患者さんが安心して治療を受けられるような環境作りに取り組んでいるとのことです。

深澤耳鼻咽喉科では副鼻腔炎にお困りの患者さんに対し、医師の診療とカウンセリングのもと、内視鏡下での日帰り手術が実施されています(※術前・術後の経過観察が必要です)。またアレルギー性鼻炎・花粉症に対する手術治療・その他鼻科手術なども、日帰りで対応ができるそうです。

深澤耳鼻咽喉科の特徴について

・予約制の日帰り手術を行う!

深澤耳鼻咽喉科では、アレルギー性鼻炎・花粉症・副鼻腔炎などで鼻づまりが重症であると医師が判断した場合に、日帰り手術が実施されています(※術前・術後の経過観察が必要です)。

日帰り手術は麻酔などの準備を含めておおよそ40分~50分程度かかるとのことで、実際の手術時間は、両方の鼻で3分~5分程度で終了するそうです。入院手術が必要な場合は、患者さんの希望に合わせて近隣の連携医療機関の紹介が行われています。

・副鼻腔炎治療に力を入れる!

急性副鼻腔炎を発症すると、ネバネバとした鼻水が出る・頭が重い・頬や上の歯が痛むなどの症状が起こると言われています。また副鼻腔炎を繰り返していると、ひどい頭痛・眼痛・視力低下が症状として現れ、慢性の副鼻腔炎になることがあるそうです。

深澤耳鼻咽喉科では副鼻腔炎にお困りの患者さんに対し、投薬や点滴による抗生剤治療を行うほか日帰り手術も行われています(※術前・術後の経過観察が必要です)。

もう少し詳しくこの副鼻腔炎治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら深澤耳鼻咽喉科の紹介ページ

岡クリニック(中央区)

  • バス停留所から徒歩1分

布引バス停留所 徒歩1分
神戸市営地下鉄西神・山手線・神戸市営地下鉄北神線 新神戸駅 徒歩1分
JR山陽新幹線 新神戸駅 徒歩2分

兵庫県神戸市中央区生田町1-4-1 ショダリ21ビル6階

診療時間
9:30~12:30
15:00~18:00

岡クリニックはこんな医院です

岡クリニックphoto引用:https://www.oka-clinic.jp/

兵庫県神戸市に拠点を構える岡クリニックでは、耳鼻咽喉科・泌尿器科などの診療が行われています。常に患者さんに寄り添った診療を心がけており、患者さんに適した治療方法を提案するためにクリニック内で連携を取り合っているそうです。

岡クリニックには、日本耳鼻咽喉科学会に認定された院長が在籍しています。早期完治をモットーとし、中耳炎・外耳炎・難聴・耳鳴り花粉症・アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎などの耳鼻科疾患だけではなく、患者さんの身体と心に向き合った診療に取り組んでいるとのことです。

岡クリニックでは、再診の患者さんへ向けたインターネットでの24時間オンライン予約が提供されています。クリニックに来院することなく、患者さんのタイミングで自宅や外出先から診療予約や予約日時の確認などができるそうです。患者さんの診療順番が近づいた際に、電話やメールで通知するサービスも行われています。

岡クリニックの特徴について

・吸入器を使用した副鼻腔炎治療!

岡クリニックでは、ネブライザーと呼ばれる副鼻腔炎治療が行われています。ネブライザーとは、吸入器を使用して鼻や口から霧状にした薬剤を吸入する治療方法のことだそうです。

ネブライザーを受けることにより、直接患部に効率よく薬を浸透させることが可能となります。鼻の通気が良くなるため、鼻腔粘膜の腫れも鎮めることができると言われています。

・画像撮影を利用した経過確認!

慢性副鼻腔炎は、数回の通院で症状を完治させることは困難と言われています。岡クリニックでは、治療期間がある程度長くなることを想定した治療計画を作成しているとのことです。

医師が副鼻腔炎の治療に対して、長期間に渡る抗生物質の内服が必要と診断した場合は、症状の改善や消失を確認するためにレントゲン撮影が用いられています。

もう少し詳しくこの副鼻腔炎治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら岡クリニックの紹介ページ

つじもと耳鼻咽喉科(東灘区)

  • 駅徒歩1分

つじもと耳鼻咽喉科photo引用:https://tsujimoto-jibika.com/

阪急神戸線 岡本駅 徒歩1分
JR神戸線 摂津本山駅 徒歩2分

兵庫県神戸市東灘区岡本1-6-12 有本ビル2F

診療時間
9:00~12:30
16:00~19:00

★:9:00~13:00

つじもと耳鼻咽喉科はこんな医院です

つじもと耳鼻咽喉科photo引用:https://tsujimoto-jibika.com/

つじもと耳鼻咽喉科は兵庫県神戸市に拠点を構える耳鼻咽喉科クリニックです。アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎・メニエール病などの診療が行われています。

院長は開院の際に、どのような症状にも適切な診断を下せるように、新しい医療設備を揃えたそうです。優れた医療設備を十分に使いこなすため、スタッフ一丸となり医療技術の研究や知識を深めるように努めているとのことです。

つじもと耳鼻咽喉科では副鼻腔炎の治療が行われており、鼻閉・顔面痛がある患者さんの気持ちを理解できるように、丁寧な診療を心掛けて患者さんと向き合っているそうです。クリニックスタッフ全員で、患者さんの痛みや苦しみを和らげるような優しい雰囲気のクリニック作りが行われています。

つじもと耳鼻咽喉科の特徴について

・慢性副鼻腔炎の対応!

急性副鼻腔炎が長期化し、症状が悪化したものは慢性副鼻腔炎と呼ばれています。主な症状は、鼻閉・顔面痛・嗅覚減退などがあり、このような症状が12週間以上続くと慢性副鼻腔炎と診断されるそうです。

つじもと耳鼻咽喉科では、鼻腔に粘膿性鼻汁があり浮腫がある場合は重症であると診断され、より強力な抗生剤の投与の対象とされています。また鎮痛剤の投与も、鼻閉による顔面痛や頭痛の症状を和らげる期待が持てるそうです。

・マクロライド療法の推奨!

つじもと耳鼻咽喉科では、副鼻腔炎の患者さんにマクロライド系抗生物質を使用した治療法が推奨されています。

抗生物質の長期使用は、身体に耐性ができてしまい効果が薄れてしまうそうです。他の抗生物質を使用した治療方法とは異なり、マクロライドという抗生物質を少量で3~6か月内服する方法は、副作用が出にくくなるとのことです。治療を行っている院長は、日本耳鼻咽喉科学会に認定された医師ですので安心して治療を任せられると言えるでしょう。

もう少し詳しくこの副鼻腔炎治療対応クリニックのことを知りたい方はこちらつじもと耳鼻咽喉科の紹介ページ

執行耳鼻咽喉科クリニック(西区)

  • 駅徒歩3分

執行耳鼻咽喉科クリニックphoto引用:https://shigyo-ent.com/

神戸市営地下鉄西神・山手線 西神南駅 徒歩3分

兵庫県神戸市西区井吹台東町1-1-1 西神南センタービル3階

診療時間
9:30~12:30
15:30~18:30

執行耳鼻咽喉科クリニックはこんな医院です

執行耳鼻咽喉科クリニックphoto引用:https://shigyo-ent.com/

開院25周年を迎えた執行耳鼻咽喉科クリニックは、兵庫県神戸市にあります。長年の治療経験を活かして、アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎・外耳炎・中耳炎・めまいなどに対する治療が行われています。

執行耳鼻咽喉科クリニックの院長は、日本耳鼻咽喉科学会に認定を受けた補聴器相談医の資格を持っているそうです。認定補聴器技能者により完全予約制で、患者さんの希望に合わせた補聴器の作成・調整・修理が行われています。

「病気に困っている人を癒すことができるクリニック」を理想像として掲げている執行耳鼻咽喉科クリニックでは、日常生活に支障が出やすいと言われている副鼻腔炎治療に積極的に取り組んでいます。早期完治に向けて、患者さんの症状に合わせた治療計画が立てられているそうです。

執行耳鼻咽喉科クリニックの特徴について

・副鼻腔炎の原因を追究する!

一般的に副鼻腔炎は、細菌の感染が原因と言われることがほとんどだそうです。執行耳鼻咽喉科クリニックでは副鼻腔炎の症状を抑えるだけではなく、副鼻腔炎の原因を追究する取り組みが重要と考えられています。

副鼻腔炎を根本から治療するためには、アレルギー検査が欠かせないとのことです。高度経済成長に伴って食生活の質が向上したため、食品によるアレルギー反応が起こりやすくなったと言われており、副鼻腔炎の症状を和らげるためには、副鼻腔炎治療と同時にアレルギー治療の必要がある症例が増えているそうです。

・確実性の高い投薬治療を行う!

執行耳鼻咽喉科クリニックでは、副鼻腔炎の治療方法に確実性の高い投薬治療が推奨しされています。

副鼻腔炎は、通院のみでは完治が難しいと考えられているそうです。現在では、マクロライド系と分類される抗生物質を少量ずつ長期投与する治療方法が考案されたことにより、投薬治療で症状が緩和できるケースが増えてきたと言われています。

もう少し詳しくこの副鼻腔炎治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら執行耳鼻咽喉科クリニックの紹介ページ

おすすめの副鼻腔炎治療対応クリニック5医院まとめ

相談する医院の選び方や好み、先生との相性などは人それぞれだと思います。ご要望にあわせて、じっくりクリニックを選んでみてはいかがでしょうか?