1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を地域から探す
  4. 埼玉県
  5. 川口市
  6. 【2022年】川口市の小児科 おすすめしたい6医院

【2022年】川口市の小児科 おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2022/06/06  更新日:2022/06/22

川口市で評判の小児科をお探しですか?
川口市は埼玉県の市のひとつで、夜間診療や、日本小児科学会認定の小児科専門医が在籍しているなど様々な小児科クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、川口市でおすすめできる小児科クリニックをご紹介いたします。
※2022年6月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

川口市で評判の小児科クリニック6医院

さくらキッズクリニック

  • バス停留所から徒歩2分

さくらキッズクリニックphoto

アクセス・住所・診療時間

国際興業バス:川口税務署入口 下車 徒歩2分
JR京浜東北線 川口駅 東口 車で5分

埼玉県川口市中青木2-15-34 サンライズ中青木医療モール101

診療時間
9:30~12:00
14:00~15:30
15:30~18:00

▲:予防接種
△:乳幼児健診
★:9:15~10:00は予防接種・健診/10:00~12:00は通常診療
☆:15:30~17:00
※受付時間は午前午後ともに診療開始15分前から診療終了15分前までです。

【所属・資格など】
・医学博士
・日本小児科学会 小児科専門医
・日本小児保健協会
・日本小児科医会

さくらキッズクリニックはこんな医院です

さくらキッズクリニックphoto

川口市中青木にあるさくらキッズクリニックは、「どんなことも親身に応えるクリニック」でありたいという思いに基づき、小さなことでも丁寧にわかりやすくアドバイスされている小児科クリニックです。「こんなことを相談していいのかな?」というお悩みにも、親身に対応されています。
親身で丁寧な診療はもちろんのこと、環境面の整備にも力を入れ、細かなところにも気を配っているそうです。診療室のデスクの角に柔らかな樹脂をつけたり、本棚などの角は丸みを帯びているものを使用したりすることで、万が一お子さんが頭をぶつけてしまっても痛くないよう配慮されています。
25台分の駐車場と、26台分の駐輪場を完備しているので、お車や自転車で通いやすいクリニックです。土曜日も10時から12時の間で診療に対応されているので、平日お忙しい保護者の方も、無理なく受診できるのではないでしょうか。

さくらキッズクリニックの特徴について

さくらキッズクリニックphoto

・女性医師ならではの小児科診療!

院長は、日本小児科学会認定の小児科専門医の資格を持つ女性医師です。身近な病気や症状についての相談に乗ることはもちろん、重い病気を見逃さずに適切な医療機関に紹介する町のかかりつけ医を目指されています。「どんなことも親身に応えるクリニック」を意識し、お子さんだけでなく保護者の方のご不安や疑問にも寄り添った診療に努めているそうです。
小児科診療に精通した女性医師が診療を担当されているので、大人の男性を怖がるお子さんの診療も、安心してお任せできるのではないでしょうか。

・質にこだわった予防接種と乳幼児健診!

お子さんや保護者の方に安心して効果的な予防接種を受けていただくために、医療用冷蔵庫を使用し、徹底した品質管理の元で予防接種が行われています。また、誤接種を防ぐため、予約システムによるチェックと、事務、看護師、医師によるトリプルチェック体制が整備されているそうです。
また、乳幼児健診に秀でている医師が在籍しており、一人ひとりお時間をとってじっくりとお悩みに耳を傾けて診療にあたられています。日ごろから気になっていることや疑問に思っていることを質問する良い機会ともなるでしょう。

・通い続けやすい環境づくりの配慮!

お子さんや保護者の方が無理なく通院できるよう、通い続けやすい環境や体制の整備に尽力されています。web問診や予約システムの導入により少ない待ち時間で診療を実施できるよう配慮しており、オンライン診療を導入しているため、ご自宅などご都合の良い場所で診療を受けることも可能です。院内は非接触体温計や複数台の高機能空気清浄機、隔離室を設置するなど、徹底した感染症対策が行われています。
他にも、定期的にキッズコーナーのレイアウトやおもちゃを入れ替えたり、公式LINEによる情報発信で保護者の方に有益な情報を提供したりと、細やかな工夫が施されています。

もう少し詳しくこの小児科のことを知りたい方はこちらさくらキッズクリニックの紹介ページ

おひさまこどもクリニック

  • バス停留所から徒歩1分

おひさまこどもクリニックphoto引用:https://ohisama-ped.com/

アクセス・住所・診療時間

バス:前川小学校前 下車 徒歩1分
JR京浜東北線 蕨駅 車で9分

埼玉県川口市芝東町16-29

診療時間
9:00〜12:00
15:30〜17:30

※予約優先制
※平日の14:00〜15:30は予防接種・乳幼児健康診断のみ

おひさまこどもクリニックはこんな医院です

おひさまこどもクリニックphoto引用:https://ohisama-ped.com/

埼玉県川口市にあるおひさまこどもクリニックでは、小さなお子さん連れで通いやすい小児科クリニックの環境づくりに取り組まれています。家族の方にも寄り添った診療を心がけているとのことです。

おひさまこどもクリニックでは、家族の方に配慮されたオンラインでの診療予約が行われています。待ち時間が少なくて済むため、お子さんにもご家族の方にも負担がかからないことが特徴だそうです。またキッズスペースや授乳スペースも併設されており、小さなお子さんを連れた家族の方にも配慮されています。

お子さんを連れて通いやすい小児科クリニックを探している方や過ごしやすいクリニック環境に興味のある方は、おひさまこどもクリニックを訪ねてみてはいかがでしょうか。

おひさまこどもクリニックの特徴について

・お子さんの身体への影響を考えた抗生剤使用!

おひさまこどもクリニックでは、お子さんの身体への影響が考えられた抗生剤投与が行われています。症状に適さない抗生剤が投与されると、下痢の悪化やアレルギーを誘発する可能性が高くなるそうです。

風邪の原因のほとんどは、ウイルスによるものと考えられています。ウイルスには抗生剤の効果が出ないとされているため、症状に適した抗生剤の見極めが重要とのことです。

・様々な治療方法を提案される夜尿症治療!

おひさまこどもクリニックでは、夜尿症の治療が行われています。適切な治療方法を行わないと、稀に成人まで夜尿症に悩まされることがあるそうです。

夜尿症が続くことで、お子さんが自分自身に自信が持てなくなると言われています。おひさまこどもクリニックでは、生活指導・夜尿日誌・内服治療・アラーム療法などを提案され、夜尿症の治療期間短縮を目指しているとのことです。

もう少し詳しくこの小児科のことを知りたい方はこちらおひさまこどもクリニックの紹介ページ

Sunnyキッズクリニック

  • 駅徒歩2分

Sunnyキッズクリニックphoto引用:https://www.sunny-clinic.jp/

アクセス・住所・診療時間

埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線 戸塚安行駅 徒歩2分

埼玉県川口市戸塚南1-1-5

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00

※最終受付は診療終了の30分前までになります。
※Web受付時間中はWebからの予約優先です。

Sunnyキッズクリニックはこんな医院です

Sunnyキッズクリニックphoto引用:https://www.sunny-clinic.jp/

2020年12月に埼玉県川口市に開院したSunnyキッズクリニックでは、日本小児科学会に所属する医師が在籍し、土曜日・日曜日・祝日と365日の診療が行われています。お子さんの健康をサポートするために、気軽に来院できる小児科クリニックを目指されているそうです。

Sunnyキッズクリニックでは、オンライン診療や電話診療が行われています。感染予防のために外出を控えている方や受診の都合がつかない場合などに、利用する患者さんが多いとのことです。

休日の小児科クリニック受診を検討されている方やオンライン診療を希望される方は、Sunnyキッズクリニックを訪ねてみてはいかがでしょうか。

Sunnyキッズクリニックの特徴について

・原因を追究するアレルギー検査!

Sunnyキッズクリニックでは、アレルギー検査が行われています。アレルギー疾患は、長期的なフォローが必要とされる疾患とのことです。

アレルギー検査には、血液検査を採用されています。血液検査を行うことにより、食物・花粉・動物・ハウスダストなどのアレルゲン物質の特定が可能となるそうです。また、アレルギー検査と合わせて、ホルモンの検査や肝機能・腎機能などの一般的な採血検査も実施可能とのことです。

・徹底された感染対策!

Sunnyキッズクリニックでは、徹底した感染対策が行われています。空気清浄機の設置した換気に努められており、お子さんが触るおもちゃの殺菌・消毒も実施されているそうです。

クリニック内には、待合室が2つと隔離室が1つ併設されています。定期受診の患者さんと急性疾患で来院した患者さんの待機場所を変えることにより、予防接種・健康診断・喘息などの定期受診で来院された患者さんが、二次感染をもらわないクリニック構造を採用されているとのことです。

もう少し詳しくこの小児科のことを知りたい方はこちらSunnyキッズクリニックの紹介ページ

ひろ小児科ファミリークリニック

  • バス停留所から徒歩0分

ひろ小児科ファミリークリニックphoto引用:https://www.hiro-kodomo.jp/

アクセス・住所・診療時間

国際興業バス:上青木小学校 下車 徒歩0分
埼玉高速鉄道埼玉スタジアム線 鳩ヶ谷駅 車で5分
JR京浜東北線 西川口駅 車で8分
JR京浜東北線 蕨駅 車で10分

埼玉県川口市上青木3-3-1

診療時間
9:00~12:00
15:30~18:30

★:10:00〜12:30
※乳児健診と予防接種の時間は異なります。詳細は医院までお問い合わせください。

ひろ小児科ファミリークリニックはこんな医院です

ひろ小児科ファミリークリニックphoto引用:https://www.hiro-kodomo.jp/

2020年に埼玉県川口市に開院したひろ小児科ファミリークリニックでは、お子さんだけではなく家族の方にも寄り添い、支えとなる存在のクリニックでありたいと考えられています。お子さんの病気や症状に対してわかりやすい説明を心がけられており、生活習慣の改善を意識したアドバイスも行われているそうです。

ひろ小児科ファミリークリニックは、指定小児慢性特定疾病医療機関に指定されています。気管支喘息などの慢性呼吸器疾患や、下痢が続く慢性消化器疾患の治療に積極的に取り組まれているとのことです。

お子さんの病状に対するわかりやすい説明を希望される方やお子さんが慢性疾患の可能性がある方は、ひろ小児科ファミリークリニックを訪ねてみてはいかがでしょうか。

ひろ小児科ファミリークリニックの特徴について

・心臓の動きを確認する心エコー検査を実施!

ひろ小児科ファミリークリニックは、心臓に生まれつきの異常がないかを確認できると言われている心エコー検査を実施されています。検査時間はおおよそ10分程度で終了するとされており、当日検査結果を聞くことが可能とのことです。

心エコー検査は、痛みを伴わない検査と言われています。川崎病の心臓後遺症や、心臓の動きや厚さの異常を発見に有効とされる検査だそうです。

・呼気ガス測定検査で喘息の治療方法を決定!

ひろ小児科ファミリークリニックでは、患者さんの咳が長引いている場合に呼気中一酸化窒素濃度測定器を使用された検査が行われています。呼気中一酸化窒素濃度測定器は、呼気ガス測定に使用されており、気管支喘息の治療方法を決定することに有効とのことです。

おおよそ10秒程度、少量の息を3回吹き込み続ける検査だそうです。検査時間は5分程度で終了すると言われているため、患者さんの負担が少ない検査方法と言えるのではないでしょうか。

もう少し詳しくこの小児科のことを知りたい方はこちらひろ小児科ファミリークリニックの紹介ページ

あい川口こどもクリニック

  • 駅徒歩6分

あい川口こどもクリニックphoto引用:https://kawaguchi-kodomo.com/

アクセス・住所・診療時間

JR高崎線・JR京浜東北線 川口駅 西口 徒歩6分

埼玉県川口市川口6-2-1

診療時間
9:00~12:30
14:30~18:00

※症状等により診療時間が異なります。詳細はお問い合わせください。
※14:30〜15:30はワクチン・健診優先となります。

あい川口こどもクリニックはこんな医院です

あい川口こどもクリニックphoto引用:https://kawaguchi-kodomo.com/

埼玉県川口市に開院したあい川口こどもクリニックでは、気軽に来院できる小児科クリニックを目指されています。地域住民の健康を支えるだけではなく、子育てに悩みを抱えている家族の方と信頼関係を築くことも重要視しているそうです。

あい川口こどもクリニックでは、女医が診療を担当しています。女性だからこそ、気付くことのできる小児科治療を心がけられているとのことです。家族の方に寄り添う医療を提供され、どのような小さなお困りごとにも真摯に向き合われています。

お子さんの体調を相談したい方や何でも相談できる小児科クリニックを探している方は、あい川口こどもクリニックを訪ねてみてはいかがでしょうか。

あい川口こどもクリニックの特徴について

・腹痛に隠れた病気を見逃さない!

腹痛は、お子さんが訴えやすいと言われている痛みの一つとされています。あい川口こどもクリニックでは、腹痛と嘔吐や下痢などの症状との関連性が重要視されているそうです。

腹痛は軽症とされている急性胃腸炎や便秘症以外に、緊急の対応が必要とされる急性虫垂炎などさまざまな原因で引き起こされると言われています。軽症とされる便秘であっても激しい痛みを伴う場合があるとされており、腹痛の重症度と痛みの程度が一致しないことがあるとのことです。

・便を観察し下痢の早期回復!

下痢は、お子さんの病気の中でも発症しやすい症例とされています。下痢の場合は、便の状態をよく観察することが重要とのことです。便の形状や内容物を確認することにより、今後の治療方法を提案しやすくなると言われています。

あい川口こどもクリニックでは、お子さんが下痢をしている場合には水分補給が欠かせないと考えられているそうです。消化吸収機能が落ちているため、食事を摂らない方が早期に回復することもあるとされています。

もう少し詳しくこの小児科のことを知りたい方はこちらあい川口こどもクリニックの紹介ページ