1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 病院を地域から探す
  4. 愛知県
  5. 【2022年】愛知県の眼瞼下垂 おすすめしたい7医院

【2022年】愛知県の眼瞼下垂 おすすめしたい7医院(1/2ページ)

公開日:2022/04/22  更新日:2022/09/14
愛知県の眼瞼下垂 おすすめしたい医院

愛知県で評判の眼瞼下垂をお探しですか?
愛知県には様々な眼瞼下垂対応クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、愛知県でおすすめできる眼瞼下垂対応クリニックをご紹介いたします。
※2022年9月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

愛知県で評判の眼瞼下垂対応クリニック7医院

ひとみ眼科(愛西市)

  • 駅徒歩5分

アクセス・住所・診療時間

名鉄尾西線 五ノ三駅 徒歩5分
名鉄尾西線・JR関西本線 弥富駅 車で10分

愛知県愛西市西保町堤外新田3514-28

診療時間
8:30〜12:30
14:30〜18:00


【所属学会・資格など】
・日本眼科学会 眼科専門医

ひとみ眼科はこんな医院です

ひとみ眼科photo

愛知県にあるひとみ眼科は、眼瞼下垂の治療に力を入れられています。自然な仕上がりや美しさはもちろん、瞼の開け閉めが確実にできることや、瞼の開け閉めの動作の滑らかさなど、機能面も重視しているそうです。従来よりも自然な仕上がりが期待できるTKD切開法と呼ばれる治療法を採用しており、日帰り手術にも対応し(※術前・術後の経過観察が必要です)、同院での治療・手術を求めて、愛西市、弥富市、津島市、名古屋市、可児市を中心に、愛知県全域から来院される方が多いそうです。眼瞼下垂の技術・経験が豊富な医師が治療を行い、OCT検査装置静的量的視野検査計などの新しい設備も充実しているので、安心して治療をお任せできるでしょう。メールでの相談も受け付けられているので、気になる症状のある方は相談してみてはいかがでしょうか。受付時間は9時30分〜12時30分/14時30分〜18時です。五ノ三駅より徒歩5分の場所にあり、駐車場も完備されているのでお車での通院も可能です。

ひとみ眼科の特徴について

・TKD切開法でまぶたの開きを改善!

加齢や先天的な目の構造、コンタクトの長期的な使用による負担で、まぶたが開けにくい状態や、眠たいような目つきになる症状を眼瞼下垂と言います。ひとみ眼科では、TKD切開法と呼ばれる治療法で、まぶたの開きを改善されています。通常の切開法よりも高度な技術が求められる方法ですが、一般的な切開法よりも自然な見た目が期待でき、傷跡が目立ちにくいなどのメリットがあるそうです。ラジオ波メスと顕微鏡を使用して手術を行うことで、最小の出血量に抑える繊細な手術に繋がり、患者さんの負担を軽減されています。

・確かな技術とこだわりの眼瞼下垂手術!

眼瞼下垂手術による両目の左右差や不自然な目の開き方を懸念して、治療をためらっている方も多いのではないでしょうか。ひとみ眼科の眼瞼下垂手術では、術後のツッパリ感が残らないよう、また、三角目と呼ばれる不自然な仕上がりにならないよう、様々な工夫を行っているそうです。線の太い一般的な医療用マーカーではなく、綿棒の木の軸を尖らせたものと専用の薬剤を使用することで、極細の線によるデザインできれいな仕上がりが期待できるそうです。また、両目の眼瞼下垂手術を行う際に左右差が生じないよう、麻酔を両目ともに同じ効き具合にするために麻酔量を厳密に管理し、切除する組織も左右同じ量になるよう確認しながら手術を進めているそうです。 眼瞼下垂手術をお考えの方は、ひとみ眼科にご相談することをおすすめします。

もう少し詳しくこの眼瞼下垂のことを知りたい方はこちらひとみ眼科の紹介ページ

フラミンゴ眼瞼・美容クリニック(名古屋市)

  • 駅徒歩2分

フラミンゴ眼瞼・美容クリニックphoto

アクセス・住所・診療時間

名古屋市営地下鉄東山線・名古屋市営地下鉄鶴舞線 伏見駅 C番出口 徒歩2分

愛知県名古屋市中区錦2-11-27 TH錦ビル6F

診療時間
11:00~14:00
15:00~20:00

フラミンゴ眼瞼・美容クリニックはこんな医院です

フラミンゴ眼瞼・美容クリニックphoto

フラミンゴ眼瞼・美容クリニックは、名古屋市営地下鉄東山線が通る伏見駅のC番出口から徒歩2分の場所にあります。駅近で電車でのアクセスが良好な立地環境にあるため、近隣にお住いの方やお勤めの方はもちろん、栄駅や名古屋駅で用事を済ませた後にも通っていただきやすいクリニックです。実際に愛知県全域から多くの患者さんが訪れ、中には岐阜県や三重県からお越しになる方もいらっしゃるそうです。また、静岡県浜松市にも医院があるため、浜松市から名古屋市近辺にお引越し予定のある方にも利用していただきやすいクリニックとなっています。
診療では特に眼瞼下垂治療に力を入れられています。眠たい印象を与えてしまう目元を明るい印象に変えたいとお考えの方など、まずは一度相談してみることをおすすめします。

フラミンゴ眼瞼・美容クリニックの特徴について

・自然な仕上がりを目指した眼瞼下垂手術に注力!

フラミンゴ眼瞼・美容クリニックphoto

フラミンゴ眼瞼・美容クリニックでは、できる限り傷跡が目立ちにくく、自然な仕上がりを目指した眼瞼下垂手術に力を入れられています。一般的な切開法では、二重の線に沿って切開を行いますが、フラミンゴ眼瞼・美容クリニックではTKD切開法を採用しており、まつ毛の根元に沿った薄い線に合わせて切開することで、切開した跡が目立ちにくいように配慮されています。また、手術の際は切開と止血を同時に行うことができる高周波メスを使用することで、出血や腫れを抑え自然な仕上がりを実現しているそうです。
不自然な仕上がりになってしまうことを心配している方はもちろん、傷跡が目立つかもしれないと気になっている方もまずは一度、眼瞼下垂手術の経験が豊富なフラミンゴ眼瞼・美容クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

・左右差のない目元を実現するために!

眼瞼下垂手術を受けるにあたり、まぶたの開き方に左右差が出ないか心配という方もいらっしゃると思いますが、フラミンゴ眼瞼・美容クリニックでは、まぶたの開き方に左右差が出ないよう、デザインや手術時間にこだわっています。左右のまぶたの組織を切除する量に差が出ないよう、左右で同じ部分を切開し、できる限り同じように取り除くことを心掛けたり、麻酔にも配慮して左右の効き具合による差が生じないように努めているそうです。
術後の左右差を懸念している方も、左右差が生じるリスクを軽減する取り組みに力を入れているフラミンゴ眼瞼・美容クリニックなら、安心してご相談いただけるのではないでしょうか。

フラミンゴ眼瞼・美容クリニックphoto

もう少し詳しくこの眼瞼下垂のことを知りたい方はこちらフラミンゴ眼瞼・美容クリニックの紹介ページ

豊明ぜんご眼科(豊明市)

  • バス停留所から徒歩1分

豊明ぜんご眼科photo引用:https://toyoakezengo.com/

アクセス・住所・診療時間

バス:島川 下車 徒歩1分
名鉄名古屋本線 前後駅 徒歩10分

愛知県豊明市間米町島川2155-2

診療時間
9:00~12:00
15:30~18:30

▲:手術
※水曜日午前は手術ですが、外来診療を行う場合もあります。
※最終受付は終了の10分前です。
※予約優先制

豊明ぜんご眼科はこんな医院です

豊明ぜんご眼科photo引用:https://toyoakezengo.com/

2019年6月に開院されたまだ新しい豊明ぜんご眼科は、地域診療を心がけている眼科医院です。日帰りの白内障手術眼瞼下垂手術などを行いながら、網膜硝子体や緑内障など高度な手術も提供されています。

診療内容は眼の疾患全般に対応し、寝ている間に近視が矯正できるオルソケラトロジーレンズも市内でいち早く導入されたそうです。日帰り眼瞼下垂手術では両側のまぶたを同時に手術することもできるそうなので、忙しい方も1日で治療受けられ安心でしょう。(※経過観察が必要)

医院へのアクセスは名鉄名古屋本線前後駅より徒歩10分、敷地内に駐車場が完備されているのでお車での来院も可能です。診療時間は9時~12時/15時30分~18時30分となっていて、水曜日の午前中は手術専用時間帯になっています。

豊明ぜんご眼科の特徴について

・両側の眼瞼下垂も同時手術が可能!

豊明ぜんご眼科では、眼瞼下垂手術両まぶた同時に施術できるそうです。片方のまぶたの手術に40分程度かかるそうなので、2時間もあれば終了するでしょう。手術はまぶたの筋肉のたるみを取り、かさばってしまった皮膚を切除する手術で、術後はリカバリールームでゆっくりと休めるそうです。

血を止めにくくする薬を飲んでいる場合でも、手術の数日前から断薬できれば手術が受けられるそうなので、一度医師と相談してみてください。

・まぶたの垂れ下がりの改善で印象アップ!

眼瞼下垂は年齢やハードコンタクトを長時間つけていた影響で、まぶたが下がってきてしまう疾患だそうです。豊明ぜんご眼科ではまぶたが下がって、生活に影響がある方やまぶたが重くて頭痛や肩こりを感じている方へ、日帰り手術が推奨されています。(※経過観察が必要)

手術をするとまぶたが上がるので目がぱっちりしたり、目元が若々しく見えたり、お顔の印象がアップするそうです。左右の目の大きさが異なる場合や眠そうな目をしていると言われたことがある方は、ぜひ一度受診されてみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの眼瞼下垂のことを知りたい方はこちら豊明ぜんご眼科の紹介ページ

鈴木眼科クリニック名東(名古屋市)

  • バス停留所から徒歩1分

鈴木眼科クリニック名東photo引用:https://www.suzukigankameito.com/

アクセス・住所・診療時間

バス:鋳物師洞 下車 徒歩1分
名古屋市営地下鉄東山線 上社駅 車で4分
名古屋市営地下鉄東山線 一社駅 車で4分

愛知県名古屋市名東区社台2-14

診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00

★:手術のみ

鈴木眼科クリニック名東はこんな医院です

鈴木眼科クリニック名東photo引用:https://www.suzukigankameito.com/

地域のかかりつけ医として丁寧な診療を行っている鈴木眼科クリニック名東は、患者さんとのコミュニケーションを大切にしている眼科医院です。目のかゆみや痛み、視力の低下など患者さんが感じている違和感を丁寧に診断し、スタッフ全員で患者さんの健康な目をサポートされています。

診療内容は一般的な眼科診療を始め、緑内障検診やコンタクトレンズの処方、日帰り眼瞼下垂手術など幅広く対応されているそうです。(※経過観察が必要)中でも眼瞼下垂は保険適用なので経済的な負担も少なく治療ができるので、見た目を気にされる方におすすめの治療なのだそう。

交通アクセスは地下鉄東山線上社駅寄り徒歩約11分、41台も停められる広大な駐車場も完備されています。診療時間は9時~12時/16時~19時と夜遅くまで診療が行われているそうです。

鈴木眼科クリニック名東の特徴について

・保険適用できる眼瞼下垂手術!

鈴木眼科クリニック名東ではまぶたが下がってきて、視界が狭くなってきたと感じる患者さんへ眼瞼下垂の手術を推奨されています。日帰り手術で片方のまぶたで30分、両まぶたでも1時間と比較的短時間で手術が終了するため患者さんの体への負担も少ないでしょう。

さらに眼瞼下垂は保険適用で3割負担の方であれば、22600円で片側のまぶたが手術できます。体にも経済的にも負担が少ないので、まぶたの下がりが気になる方は、一度相談されてみてはいかがでしょうか。

・術後にリラックスできるリカバリールーム!

眼瞼下垂の手術を受けた後は、ゆったりとしたリカバリールームで休めるそうです。優しい日差しが差し込み、座り心地の良いソファーが用意されているため、術後の疲れを癒やしてくれるでしょう。

その後異常がなければ帰宅ができるようになり、翌日の診療でも異常がなければ1週間程度で抜糸ができるそうです。症状や他に飲んでいるお薬がある場合は、術後の安静期間が長くなることもあるようなので、医師と相談してみてください。

もう少し詳しくこの眼瞼下垂のことを知りたい方はこちら鈴木眼科クリニック名東の紹介ページ

ながや眼科(名古屋市)

  • バス停留所から徒歩3分

ながや眼科photo引用:https://www.nagayaeye.com/

アクセス・住所・診療時間

バス:中川車庫前 下車 徒歩3分
あおなみ線 中島駅 車で6分

愛知県名古屋市中川区法華2-55

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:00

★:手術のみ

ながや眼科はこんな医院です

ながや眼科は地域の患者さんが安心して通えるかかりつけ医を目指し、丁寧な診療が行われている眼科医院です。安心して治療が受けられるようにわかりやすい説明と、患者さんが納得できる治療計画の提案を心がけられています。

医院はあおなみ線中島駅よりバスに乗車し、中川車庫前停留所から徒歩1分、敷地内に15台分の駐車スペースも完備されているそうです。診療時間は9時~12時/15時~18時となっていて、火曜日午後は手術専用時間となっているそうなので、診察は行われていません。

診療内容は日帰り白内障手術眼瞼下垂手術、ドライアイや緑内障など幅広い眼の疾患に対応されているので、あらゆる眼のお悩みを相談できるでしょう。(※経過観察が必要)

ながや眼科の特徴について

・眼瞼下垂手術は院長が担当!

眼瞼下垂の手術は、治療計画の説明から執刀、術後の管理まで全てながや眼科の院長が行うそうです。院長は日本眼科学会に認定された眼科専門医で、豊富な経験と知識を生かした質の高い手術が行われています。手術室もゆったりと広い空間になっているので、リラックスして手術が受けられるでしょう。

日帰り手術でも不安を感じる患者さんにも安心して手術が受けられるように、きめ細やかな配慮してもらえるそうです。ぜひ経験豊かな医師による手術を受けてみてはいかがでしょうか。

・日帰り手術が可能な眼瞼下垂!

ながや眼科では毎週火曜日の午後に、日帰り眼瞼下垂手術を提供されているそうです。(※経過観察が必要)眼瞼下垂はまぶたが眼の部分にまで下がってきて視界を狭め、日常生活にも影響がでてしまうので手術を推奨されています。

手術は局所麻酔を用いて行われ、まぶたを上げる筋肉が完全になくなっている場合は、まぶたを糸で釣り上げる方法が有効なのだそう。院内で手術が難しい場合は、近隣の高度医療機関を紹介してもらえるので安心です。

もう少し詳しくこの眼瞼下垂のことを知りたい方はこちらながや眼科の紹介ページ