FOLLOW US

目次 -INDEX-

  1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 薬に関するコラム
  4. AGAは飲み薬で治る?種類や購入方法・治療期間・副作用の対処法も解説

AGAは飲み薬で治る?種類や購入方法・治療期間・副作用の対処法も解説

公開日:2023/03/24  更新日:2023/03/23
AGAは飲み薬で治る?種類や購入方法・治療期間・副作用の対処法も解説

AGA(男性型脱毛症)治療の方法のひとつに、飲み薬があります。

AGA治療には、複数の種類の飲み薬が存在し、それぞれに効果や副作用が異なります。

この記事では、AGAの飲み薬の種類・購入方法・治療期間・副作用が起こった場合の対処法などを解説していきます。

竹内 想

監修医師
竹内 想(名古屋大学医学部附属病院)

プロフィールをもっと見る
名古屋大学医学部附属病院にて勤務。国立大学医学部を卒業後、市中病院にて内科・救急・在宅診療など含めた診療経験を積む。専門領域は産業医, 美容皮膚科, 皮膚科, 内科, 内分泌代謝科, アレルギー・膠原病内科, 神経内科, 肝胆膵内科, 消化器内科, 総合内科, 血液内科, 腎臓内科, 循環器内科, 感染症科, 糖尿病内科, 呼吸器内科, サル痘。

AGAは飲み薬で治る?

薬
AGA(男性型脱毛症)は、プロペシアやミノキシジルといった内服薬や外用薬を使用することで脱毛の進行を遅らせることができますが、完全に治癒することはできません。
AGAは、男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)へと変換されることで引き起こされる病気です。プロペシアには、このDHTの産生を抑制することで脱毛の進行を遅らせる効果があります。
また、ミノキシジルは頭皮の血流を増加させ、毛髪の成長を促進する効果があります。しかしながら、これらの薬剤には効果に個人差がある他、使用中に副作用が発生することもあるため注意が必要です。
また、これらの薬剤を使用しなくなると、脱毛が再発することがあります。AGAの治療には持続的な治療が必要です。

AGAの飲み薬の種類

いろんな薬
AGAの治療薬にはいくつかの種類があります。その中でも代表的な3つの治療薬をご紹介します。

プロペシア

AGA(男性型脱毛症)の治療には、フィナステリドを含む飲み薬であるプロペシアが用いられます。
フィナステリドは、男性ホルモンの一種であるテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのを抑制することで、DHTによる毛母細胞の縮小を抑える効果が期待されます。
このため、プロペシアは脱毛の進行を遅らせる効果があるとされているのです。プロペシアは、通常1日に1錠を飲むことが推奨されており、効果を得るには時間がかかる場合があります。
なおフィナステリドは皮膚のかゆみや発疹などの副作用が報告されています。効果が実感できないからと多く服用すればこれらの副作用が起こるリスクも高まるため、必ず医師の指導に従って正しい使用方法を守ることが重要です。

ザガーロ

ザガーロは、男性型脱毛症(AGA)の治療に使用される内服薬で、有効成分としてデュタステリドが含まれています。
デュタステリドは、男性ホルモンの一種であるテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのを抑制する作用があります。
DHTはAGAの原因である毛母細胞の縮小を促進するため、デュタステリドの服用により、脱毛の進行を遅らせる効果が期待されているのです。一般的には、1日1錠を服用し、服用期間が長くなるほど治療効果が現れることがあります。

ミノキシジル錠剤

ミノキシジル錠剤は、AGA(男性型脱毛症)の治療に用いられる飲み薬の一種で、有効成分としてミノキシジルを含んでいます。ミノキシジルは、もともと高血圧治療薬として開発された成分で、血管を拡張させる作用があります。
AGAの治療では、頭皮の血流を促進し、毛母細胞の活性化を促す効果が期待されている薬です。
ミノキシジル錠剤は、1日に1~2回、1回1mg~2mgを飲むことが一般的です。ミノキシジル錠剤には、副作用として・頭痛・めまい・動悸・浮腫・体重増加などが報告されています。
また、血圧低下の副作用があるため、高血圧患者や心臓病患者は使用前に医師への相談が必要です。なお、ミノキシジルは外用剤としても販売されており、こちらの方が一般的な使用方法です。
ミノキシジル外用剤は、頭皮に塗布することで毛母細胞の活性化や血流の促進などの効果が期待されます。ミノキシジル外用剤の副作用としては、頭皮のかゆみや炎症・脱毛などがあります。

購入方法

キーボード
AGA(男性型脱毛症)の飲み薬は、医師の処方が必要な医薬品のため基本的には病院での診察や処方箋が必要です。
しかし実際に病院へ通わなくても、オンライン診療での診察や処方箋での購入も可能です。続いてはAGAの飲み薬の購入方法をご紹介します。

病院での処方

AGA(男性型脱毛症)の治療には、ご紹介したようにフィナステリドやミノキシジルなどの飲み薬がありますが、これらの薬は病院での処方が必要です。
AGAの症状がある場合は、まずは専門の皮膚科医などに相談しましょう。病院で検査や診察を行った上でAGAの診断と治療方針を決定し、処方箋が出されます。
その処方箋をもとに薬局で購入することができます。購入の際には、薬の副作用や使用方法を必ず医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

通販

AGAの治療薬は正規の医師の処方箋が必要な医薬品です。
通販サイトで販売されている場合がありますが、処方箋がなければ購入することはできません。しかし、オンライン診療を受けて処方箋をもらえば通販での購入も可能になります。オンライン診療での処方箋は郵送でもらうのが一般的です。
サービスによっては処方箋と飲み薬をあわせて郵送で受け取れる場合もあるため、診察を受ける際には処方箋や飲み薬の受け取り方法を確認しておきましょう。

飲み薬での治療期間はどのくらい?

カレンダー
AGAの飲み薬を使用した治療の期間は6ヶ月〜1年程度かかるといわれています。
治療の効果を実感し始めるのは、飲み薬の服用を開始してから3〜6か月ほどで現れる場合が多く、継続的な使用によって長期的な効果が期待されます。
ただし、効果が現れるまでの期間や治療期間は個人差があり、症状や進行状況によって異なることがあります。
また、治療中は薬物治療に加えて、食事や生活習慣の改善・頭皮ケアなども行うことが重要です。さらに、AGA治療は薬の服用をやめてしまうとAGAの症状が再発してしまう可能性もあります。
そのため、症状の改善がみられるようになっても自己判断で服用をやめるのではなく、医師の指示に従い適切な治療を継続する必要があります。なお、治療期間中に副作用や異変を感じた場合には、すぐに医師に相談するようにしましょう。

副作用が起こった場合の対処法

副作用
AGA(男性型脱毛症)の治療に使用されるフィナステリドやダノゼストロールなどの飲み薬には、副作用がある場合があります。 副作用の程度や症状によっては、薬の量を減らす、薬の種類を変更するなどの対応が必要となる場合もあります。
続いては治療薬による副作用が起こった場合の対処法をご紹介します。

薬の量を減らす

AGA治療薬による副作用が起こった場合の対処法の1つには、薬の量を減らす方法があります。
個人の体質によって適した服用量は異なります。もしも服用する薬の量が多い場合は副作用が強く出る可能性があるため、医師と相談して薬の量を調整しましょう。
AGAの治療では継続的な治療が必要であり、完全に中断すると症状が再発する可能性があります。そのため、薬の量を減らして様子を見るという方法が取られるのです。
しかし、場合によっては薬の量を減らしても副作用が改善されないケースもあります。その場合は医師と相談の上で飲み薬での治療の中断を検討しましょう。

薬の種類を変える

AGAの飲み薬の副作用が起こった場合、薬の種類を変えることも対処法の1つです。
前述の通り、AGA治療に用いられる飲み薬は複数の種類があります。飲み薬によって成分や考えられる副作用は異なっており、体質 によって薬の効きやすさや副作用の起こりやすさは異なります。
副作用が起こった場合には、副作用の症状や状態を医師に相談した上で飲み薬の変更を検討しましょう。

編集部まとめ

医者
AGA治療には、飲み薬以外にも外用薬や育毛剤などがありますが、これらの効果や副作用についても治療医との相談が必要です。

治療薬の効果には個人差がありますが、一般的には薬を服用し始めてから3ヶ月から6ヶ月程度で髪毛の薄さが改善され、新しい髪の毛が生え始めるとされています。

しかし、AGA治療に用いられる飲み薬には副作用が起こる場合もあります。

もしも副作用が起こった場合には、自己判断で薬の服用をやめてしまうのではなく、まずは医師に相談しましょう。

AGAの治療で飲み薬の正しい使い方や注意点を守らずに自己判断をしてしまうと、健康に悪影響を与えることにつながってしまう可能性があります。

治療中は医師の指示に従い、健やかな髪を取り戻しましょう。

この記事の監修医師