1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. コラム(医科)
  4. 二重手術後に一重に戻ってしまう原因と「戻らないようにする」対策

二重手術後に一重に戻ってしまう原因と「戻らないようにする」対策

公開日:2022/01/23  更新日:2022/01/21
二重手術後に一重に戻ってしまう原因と「戻らない対策」

せっかく二重の手術をして理想の目を手に入れたのに、一重に戻ってしまった。そんなことになったら、ショックですよね。一体、二重の手術後に一重に戻ってしまうことはあるのでしょうか。その場合の原因は? もとび美容外科クリニックの西尾先生に教えていただきました。

西尾先生

監修医師
西尾 謙三郎(もとび美容外科クリニック 院長)

プロフィールをもっと見る

2002年札幌医科大学医学部医学科卒業。都立墨東病院などを経て有名美容外科で医長や技術指導医などを歴任。埼玉医科大学形成外科・美容外科非常勤医師を務める。2014年もとび美容外科クリニック院長就任。目や鼻、小顔など、細かな調整が必要になる顔のプチ整形や手術を得意とする。患者と医師の信頼関係を何よりも大切に考えており、徹底した「美」「安心・安全」「皆様との信頼関係」への高い意識が患者から高く評価されている。

二重手術とは、どのような手術?

二重手術とは、どのような手術?

編集部編集部

二重手術とは、どのような手術なのでしょうか?

西尾先生西尾先生

一般に、一重まぶたを二重まぶたにする手術のことを、二重手術といいます。二重にすると、目の上のラインが二重になってぼやけるため、目が大きく見え、やさしい印象になります。最近では費用も手頃になり、多くのクリニックで受けられるようになったので、若い人から年配の人まで、たくさんの人が二重手術を受けています。

編集部編集部

どのように手術を行うのですか?

西尾先生西尾先生

簡単にいうと、メスを使用して切開し、しっかり二重を作る「切開法」と、メスを使用せず糸をまぶたに埋め込む「埋没法」の2種類があります。

編集部編集部

切開法と埋没法では、効果が違うのですか?

西尾先生西尾先生

切開法ではまぶたの邪魔な組織を切除してしっかり癒着させるため、まぶたが厚い人でも、安定した二重を作ることができます。特に、埋没法ではまぶたが厚いときれいに二重を作ることは難しいので、その場合は、切開法をお勧めするケースが多いですね。そのほかにも、二重まぶたを長期間キープしたい人、アイプチなどで二重にしてもすぐに戻ってしまう人、まぶたに脂肪が多い人なども、切開法の方が向いています。

編集部編集部

でも、切開法だとメスを使うのですよね。そうなると、ダウンタイムが長くなり、腫れも強そうです。

西尾先生西尾先生

確かに、切開法は埋没法に比べてダウンタイムが長く、腫れも強くなります。ダウンタイムを比較すると、埋没法は1週間程度で済みますが、切開法は半月から1カ月と考えるのが一般的です。また、特にまぶたが厚ぼったい人や、二重の幅を広くしたいという人は、手術後の腫れが強くなります。

編集部編集部

二重の幅を広くすることもできるのですか? ほかに、奥二重を二重にすることもできますか?

西尾先生西尾先生

できます。ひとくちに二重手術といっても実に幅広い選択肢があり、「二重のラインが不安定なので安定させたい」という方や、「二重の幅をもっと広くしたい」という方、「平行型の二重にしたい」「二重の左右差をなくしたい」など、希望に応じて対処することができます。

二重手術後に元に戻ることはある?

二重手術後に元に戻ることはある?

編集部編集部

二重手術後に、元に戻ってしまうことがあると聞きました。本当ですか?

西尾先生西尾先生

残念ながら、そういうケースもあります。特に、二重手術後に戻ってしまうことがあるのは、埋没法で行った場合です。切開法は皮膚を切開して二重のラインを作るため、埋没法に比べて、元に戻るリスクは少なくなります。

編集部編集部

埋没法とは、どのように手術を行うのでしょうか?

西尾先生西尾先生

埋没法とは、糸でまぶたの表と裏側を縫合(ほうごう)することで二重を作る手術法です。メスを使わないため、術後の腫れが比較的少なく、回復が早いのがメリットです。メスを使うのに抵抗がある人は、埋没法を選ぶことが多いですね。

編集部編集部

確かに、埋没法の方が気軽に受けられそうです。しかしなぜ、元に戻ってしまうことがあるのですか?

西尾先生西尾先生

埋没法では、まぶたの表と裏を縫い合わせて連結させたあと、糸をまぶたに埋め込んで見えなくします。しかし、手術をして時間が経つと、糸の引っ掛かりがゆるんで組織が伸びてきてしまい、連結がゆるんでしまうことがあります。そのため二重がとれて、元に戻ってしまうのです。

編集部編集部

切開法では、埋没法よりも元に戻る心配が少ないのですか?

西尾先生西尾先生

そうです。切開法では皮膚を切開して二重のラインを作り、全対的にしっかり癒着させるので、二重がキープしやすくなります。「一度の手術でずっと二重をキープしたい」「元に戻りたくない」という場合は、切開法をお勧めすることが多いですね。

二重手術後に戻ってしまうのを防ぐために

二重手術後に戻ってしまうのを防ぐために

編集部編集部

埋没法を行った場合、元に戻ってしまうのを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか?

西尾先生西尾先生

強くこすったり、かいたりすると、目の負担になるのでやめましょう。また、二重手術を行ったあとにアイプチを使い、もっと二重のラインをはっきりさせようとすると、まぶたに対する負担が大きくなり、連結がゆるんでしまう原因になります。もともとまぶたの皮膚はとても薄くデリケートですから、あまり刺激を与えないようにしましょう。

編集部編集部

元に戻ってしまった場合、もう一度二重手術を行うこともできるのですか?

西尾先生西尾先生

できます。ただし、元来二重になりにくいタイプの人もいるので、その場合は埋没法ではなく、切開法の方が良いかもしれません。いずれにしても、事前に医師と相談するのが良いでしょう。

編集部編集部

結局、自分の目的や目の形にあった手術法を選ぶのが大事なのですね。

西尾先生西尾先生

そうです。埋没法を希望しても、まぶたが厚ぼったい人や、「元に戻りたくない」という人には、切開法の方が向いていますし、必ずしもすべての人に埋没法が適しているわけではありません。まずは、「自分の目の形にはどちらの手術法が合っているのか」をしっかり選ぶことが大切です。そのためにも、丁寧にカウンセリングをしてくれる医師のもとで手術を受けましょう。

編集部編集部

最後に、読者へのメッセージがあれば。

西尾先生西尾先生

二重手術をした後、元に戻ってしまうのを防ぐために、手術をするときには無理に幅を広くしないことが大切です。二重の幅を広くしようとすると、連結がゆるみやすくなり、元に戻ってしまうリスクが高くなります。また、メスを使うのが怖いという理由で埋没法を選ぶ人も多いのですが、すべての人に埋没法が適しているわけではありません。どちらが適しているか、まずは医師に相談をしてください。長期的な視点で考え、手術法を選びましょう。

編集部まとめ

最近では二重手術が手軽になり、気軽に受ける人も少なくありません。しかし手術後に後悔することのないよう、まずは自分にあった二重手術を選ぶことが重要のようです。わからないことは医師に相談し、疑問や不安を解消してから手術に臨む姿勢も大切です。

医院情報

医療法人社団西美会 もとび美容外科クリニック

医療法人社団西美会 もとび美容外科クリニック
所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-13-8 朝日新宿ビル10階
アクセス JR新宿駅「西口」から徒歩4分

診療科目 美容外科・美容皮フ科