FOLLOW US

目次 -INDEX-

  1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 医科コンテンツ
  4. 脂肪吸引の値段はどのくらい?脂肪吸引できる部位や値段だけで選ぶリスク・クリニックを選ぶポイントも解説

脂肪吸引の値段はどのくらい?脂肪吸引できる部位や値段だけで選ぶリスク・クリニックを選ぶポイントも解説

 公開日:2023/12/18

脂肪吸引は余分な皮下脂肪を取り除く手術で、顔・二の腕・太もも・お腹など様々な部位の脂肪を取り除くことが可能です。

短期間で確実な効果が得られることや、リバウンドしにくいことが大きな魅力の手術で、数あるダイエット手術の中でも人気が高い手術といえるでしょう。

しかし、脂肪吸引はその簡単さがある反面、費用が高いというイメージを持っている人も多くいます。

本記事では、脂肪吸引の値段やクリニックの選び方についてご紹介しています。ぜひ参考にしていただき、あなたに合ったクリニックを選んで後悔のない脂肪吸引を実現させていきましょう。

甲斐沼 孟

監修医師
甲斐沼 孟(TOTO関西支社健康管理室産業医)

プロフィールをもっと見る
大阪市立大学(現・大阪公立大学)医学部医学科卒業。大阪急性期・総合医療センター外科後期臨床研修医、大阪労災病院心臓血管外科後期臨床研修医、国立病院機構大阪医療センター心臓血管外科医員、大阪大学医学部附属病院心臓血管外科非常勤医師、大手前病院救急科医長。2023年、TOTO関西支社健康管理室産業医。日本外科学会専門医、日本病院総合診療医学会認定医など。著書は「都市部二次救急1病院における高齢者救急医療の現状と今後の展望」「高齢化社会における大阪市中心部の二次救急1病院での救急医療の現状」「播種性血管内凝固症候群を合併した急性壊死性胆嚢炎に対してrTM投与および腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行し良好な経過を得た一例」など。

脂肪吸引の値段はどのくらい?

頬に両手を添えて微笑む女性
脂肪吸引手術の値段は、クリニックやプランによって異なります。医院によって設定されているプランは違いますし、脂肪吸引をする部位によっても変わってきます。

クリニックによっては55万円からと、外科的な処置扱いになる脂肪吸引は非常に高額です。

また、場合によっては保険適用が可能ですが、美容目的の場合は保険適用ができないことがほとんどです。詳細な情報は医院やクリニックに聞くようにしましょう。

脂肪吸引はどのような施術?

首をかしげる女性
脂肪吸引手術は、体にある不要な皮下脂肪をカニューレという吸引器を使用して取り除く手術です。

手術ができる部位としては顔(頬、あご)・二の腕・胸・背中・腰・お腹・足(太もも、ふくらはぎ)など、様々な部位の皮下脂肪を吸引できます。

全身や部分的など、吸引する部位を選べることも特徴のひとつで、特定の部位の脂肪が気になる人に人気の手術です。

脂肪吸引のメリット・デメリット

案内をする女性
脂肪吸引のメリットとしては以下のようなものがあります。

  • リバウンドしにくい
  • 部分的な吸引が可能
  • 食事制限や運動なしで脂肪を減らせる
  • 短期間で痩せられる

脂肪吸引は長期にわたってリバウンドがしにくいことが大きなメリットです。

通常の食事制限や運動といったダイエットは一度増えた脂肪細胞を小さくすることは可能ですが、減らすことはできません。

ですが、脂肪吸引は脂肪細胞そのものを減らすことが可能です。肥満の原因となっている原因を直接取り除けるため、リバウンドしにくい体が実現できます。

また、脂肪吸引は気になる部位を選択できるため、部分的に脂肪を取り除くことが可能です。

バストを残しつつ、腹部のみ脂肪吸引をするなどして、理想のシルエットが実現できる可能性も高まります。

脂肪吸引は直接皮下脂肪を取り除くため、食事制限や運動が必要ないことも大きなメリットです。

食事制限や運動は効果が出るまでに一定の期間が必要ですが、脂肪吸引はすぐに効果が現れます。

この簡単さや期間の短さも、脂肪吸引のメリットといえるでしょう。もちろん、脂肪吸引はメリットだけでなくデメリットも存在します。

脂肪吸引のデメリットは以下のようなものがあります。

  • 高額な費用がかかる
  • 失敗する可能性がある
  • 拘縮による痛みがある
  • 死亡事故のリスクがある

脂肪吸引は部分的に痩せられたり短期的に痩せられたりと様々なメリットがある反面、高額な費用がかかります。

また、もちろん手術ですので失敗する可能性もゼロではありません。脂肪吸引は医師の技術によるところが大きいため、慎重にクリニック選びをすることが大切です。

それだけでなく、拘縮(こうしゅく)による痛みや手術による死亡事故の可能性もあります。拘縮とは吸引した部位の皮膚が固くなってしまい、関節に痛みが生じることです。

死亡事故については麻酔の負担による呼吸停止やカニューレが内臓を傷つけてしまったりと、様々な要因があります。

脂肪吸引のメリットは非常に魅力的ですが、デメリットがあることもしっかりと認識して検討するようにしましょう。

脂肪吸引できる部位

準備運動をする女性
脂肪吸引できる部位は以下の通りです。

  • 二の腕
  • お腹
  • 太もも
  • ふくらはぎ

上記のいずれかに脂肪が増えてきてしまっていると感じている人であれば、脂肪吸引はひとつの選択肢となるでしょう。

また、脂肪吸引をする部位によって費用は変わってきます。ここからはそれぞれの部位の特徴についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

顔の脂肪吸引では主に顎や頬にある脂肪を取り除くことが可能です。頬の膨らみを取り除きたかったり、顎のラインをきれいに整えたい場合は顔の脂肪吸引がおすすめです。

しかし、顔に対する脂肪吸引は脂肪量が少ないため、手術後には顔が変形しないように注意する必要があります。

クリニックによって費用は変わってきますが、一般的には20〜30万円ほどが相場となっています。

二の腕

二の腕は腕の付け根まで行うのか、そうではないのかで料金が変わってきます。二の腕のたるみが気になる人は、二の腕の脂肪吸引がおすすめです。

また、二の腕だけでなく肩や脇の脂肪吸引も可能ですので、腕周りのシルエットが気になるのであれば全体的に脂肪吸引をしてみてはいかがでしょうか。

基本的には両腕を行いますが、クリニックによっては片腕の値段が表記されている場合もあるため注意が必要です。

お腹

お腹の脂肪吸引細かく部位が分かれているため注意が必要です。

上腹部・下腹部・側腹部・腰部とそれぞれ費用が違うため、どの部位の脂肪吸引をしたいのかを明確にする必要があります。

理想の体型を思い浮かべ、医師に相談することで脂肪吸引するべき部位のアドバイスをもらえるでしょう。

また、前述した通り、お腹の脂肪吸引は死亡リスクの可能性があります。お腹の脂肪吸引をする際はクリニック選びを慎重にする必要があります。

太もも

太ももは内側の前半分と後ろ半分、外側の前半分と後ろ半分のように、細かく分かれています。太もももお腹同様、それぞれで費用が違うことがありますので注意しましょう。

太ももは脂肪量が多いため、人によっては大きな変化が期待できます。どこの脂肪が気になるかを明確にしてから脂肪吸引をすることが大切です。

ふくらはぎ

ふくらはぎの脂肪吸引足の後面のふくらんだ部分が対象で、くるぶしよりも上の部分です。

くるぶしよりも下の部分は足首になり、足首とふくらはぎで料金は大きく変動します。

ふくらはぎは吸引できる脂肪の量は少ないですが、デザインによっては足を長く見せる効果も期待できるため、人気の部位です。

ダウンタイムが軽いことも人気のひとつで、気軽に受けられることも大きなメリットとなります。

ふくらはぎに対する脂肪吸引は、一般的には局所麻酔にて行われます。

値段だけでクリニックを選ぶリスク

バツマークをする女性
脂肪吸引ではクリニック選びが非常に重要になります。脂肪吸引は医師の技術によるところが大きいため、クリニック選びを間違えてしまうと失敗してしまう可能性が高まってしまうでしょう。

値段だけでクリニック選びをするリスクとしては以下のようなものがあります。

  • 経験の浅い医師による施術
  • オプションが高額
  • 来院後に高い施術を勧められる

上記のようなリスクがあります。値段だけでクリニックを決めず、様々な観点からクリニック選びをするようにしましょう。

経験の浅い医師による施術

医者の画像
値段だけで脂肪吸引のクリニックを選ぶことは、経験の浅い医師による施術を受けるリスクを伴う可能性があります。

クリニック選びで大切なことは、脂肪吸引の実績がある医師が在籍しているかどうかということです。

脂肪吸引は医師の技術で結果が大きく変わってきます。安易に安いクリニックを選んでしまうと、経験の浅い医師による施術になりかねません。

公式サイトや口コミなどをしっかりと調査し、他の人が満足いく結果を得られているかどうかを見て選ぶようにしましょう。

もちろん、相場よりも安いクリニックすべてが悪いわけではありませんが、しっかりと実績を見てクリニックを選ぶことをおすすめします。

オプションが高額

費用が安いクリニックは、オプションなどで高額な費用を請求される可能性があります。

オプションはクリニックによって変わりますが、麻酔代・消耗品・エコー診断などがあります。

これらのオプションが高額となり、結果的に多くの費用がかかってしまう可能性もあるため注意しましょう。

施術の費用だけでクリニックを選ぶのではなく、オプション料金や医師の実績など、総合的に判断してクリニックを選ぶことをおすすめします。

来院後に高い施術を勧められる

公式サイトなどに記載されている値段が安いクリニックでは、来院後に高額なプランや施術を勧められる可能性があります。

公式サイトなどで安い施術を見せて人を多く呼び込み、カウンセリングなどでより高い施術を提案されることもありますので注意しましょう。

脂肪吸引は高額な手術ですので、少しでも安くできるに越したことはないですよね。

ですが、安さばかりに目を向けてしまうと、手術に失敗したり思った通りの見た目にならなかったりして後悔してしまう可能性があります。

実績のある医師が在籍しているかを最優先に確認し、そこから安いクリニックを絞り込んでいきましょう。

安心できるクリニックを選ぶポイント

指を立てる女性
値段だけでクリニックを選ぶリスクをご紹介しましたが、それでもクリニック選びは迷ってしまいますよね。

本当にここで大丈夫か・実績ある医師かどうかわからないなど、様々な不安があると思います。

ここからは、安心できるクリニックを選ぶポイントについてご紹介していきます。

安心できるクリニックを選ぶポイントとしてはいくつかありますが、主に以下のような視点で選ぶようにしましょう。

  • 専門医であること
  • 症例写真が豊富
  • カウンセリングが丁寧

上記に当てはまるクリニックであれば、失敗する可能性はある程度低くできるでしょう。

ひとつずつ詳しくご紹介していきますので、ぜひクリニック選びの参考にしてください。

専門医であること

美容外科など、脂肪吸引をする医師になるために必要なのは医師免許です。

ですので、美容外科の実績がなくても医師免許を持っていればクリニックを開業することが可能です。

ですが、美容外科は基本的な医学知識に加え、美容外科独自の知見が必要になります。脂肪吸引は医師の技術が非常に重要ですので、医師選びは間違えられません。

論文を発表していたり、美容外科医に対してセミナーや講師活動を行っていたりする医師であれば、美容外科に対する実績や知見は十分にあるといえるでしょう。

医師の情報はクリニックの公式サイトに医師紹介として掲載されていることがほとんどですので、しっかりと確認するようにしましょう。

症例写真が豊富

クリニックを選ぶ際は、症例写真が豊富にあるかを確認しましょう。症例数の多さは、医師の実績や経験に大きく貢献します。

症例数が多ければ多いほど、その医師やクリニックの実績が豊富ということですので、症例が多く掲載されているかどうかは見るべきポイントです。

また、医師によって得意な部位と不得意な部位が存在することもあります。自身が希望する部位の実績が豊富かどうかを確認するようにしましょう。

カウンセリングが丁寧

受付に立つ女性たち
クリニックを選ぶポイントとしては、カウンセリングが丁寧かどうかも見ておく必要があります。

カウンセリングでは手術の内容や費用についての説明や悩み・不安を深掘りするために実施されます。

ここであまり丁寧にカウンセリングをしてくれなかったり、何回もカウンセリングを実施してくれるクリニックはきっとあなたに寄り添ってくれるはずです。

カウンセリングを丁寧にしてくれるかどうかも大切なポイントですので、自分の悩みや不安が解消されるまで実施してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

脂肪吸引を受けるなら値段以外も比較して検討しよう

指を立てる女性
脂肪吸引非常に高額な手術ですので、値段はクリニック選びで重要な検討材料になります。しかし、脂肪吸引で重要なのは費用よりも医師の経験や技術です。

値段ばかりを見て決めるのではなく、医師の技術やカウンセリングの丁寧さなど、様々な観点で比較をすることが大切です。

脂肪吸引は高額だからこそ、失敗したくないものです。死亡リスクもあることから、クリニック選びを間違えてしまうと大きな後悔をしてしまう可能性もあります。

値段だけでなく、様々な要素を見て自分に合ったクリニックを選んでください。

編集部まとめ

頬に触れる女性の画像
本記事では脂肪吸引の値段やクリニック選びのポイントについてご紹介しました。脂肪吸引は高額だからこそ、慎重にクリニックを選ぶ必要があります。

医師の実績・カウンセリングの丁寧さ・症例の多さなど、選ぶポイントは様々あります。値段も重要ですが、失敗してしまっては意味がありません。

脂肪吸引で失敗しないためにも、値段だけで決めるのではなく、たくさんのクリニックを比較して決めることが大切です。

ぜひ本記事を参考にしていただき、あなたに合ったクリニックを見つけてください。脂肪吸引で後悔しないためにも、慎重に選んでいきましょう。

この記事の監修医師