FOLLOW US

目次 -INDEX-

  1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 医科コンテンツ
  4. 脂肪冷却とはどんな施術?受けられる場所や効果が期待できる部位・メリット・デメリット・おすすめな人も詳しく解説

脂肪冷却とはどんな施術?受けられる場所や効果が期待できる部位・メリット・デメリット・おすすめな人も詳しく解説

 公開日:2023/12/18
足

脂肪冷却(クールスカルプティング)とはどのようなものなのか気になりませんか。脂肪冷却とは、面倒な食事制限や運動なしで、メスも使わずに簡単に部分痩せが目指せる痩身治療になります。

お腹周りだけでなく、太もも・二の腕・フェイスラインなど全身に行えます。他にもふくらはぎ・首周りに行う人も多く、身体のあらゆる部位を引き締められるのです。

しかし、この脂肪冷却は受ける場所によって費用・機器の出力・効果が違ったり、体調によっては受けられなかったり、効果を実感するのに時間がかかったりします。

この記事では、こういった脂肪冷却に興味がある人のために、脂肪冷却が受けられる場所・効果的な体の部位・メリットとデメリット・どんな人におすすめなのかを解説します。

脂肪冷却に興味がある人は、最後まで読んで参考にしてみてください。

山下 真理子

監修医師
山下 真理子(医師)

プロフィールをもっと見る
京都府立医科大学医学部医学科 卒業 / のべ10年以上の美容皮膚科勤務を経て、現在はくみこクリニック北山院に勤務している。コロナ以前は、大阪医専にて、医療従事者の教育にも関わった経験がある。

脂肪冷却とはどんな施術?

女性
脂肪冷却(クールスカルプティング)とは、メスなどを使わずに部分痩せを目指せる痩身治療になります。
専用の機器を使って、脂肪細胞のみを凍らせることによって他の組織への被害を最小限にしながら脂肪だけを破壊するのです。
破壊された脂肪は老廃物として負担なく排出される上に、脂肪細胞の数自体を減らせるので、リバウンドもしにくくなっています
このように、脂肪冷却なら辛い食事制限・運動をしなくても脂肪を簡単に落とせるのです。
脂肪冷却の施術の方法と原理を簡単に説明します。方法は、まず引き締めたい部位にアプリケーターを装着し、吸引しながら脂肪細胞のみを冷却します。
どのようにして脂肪だけを狙うのかというと、温度差を利用するのです。
水分は0度で凍りますが脂肪は4度で凍るため、その温度差を利用し、体に必要な水分は凍らせずに脂肪だけを破壊して老廃物として排出させます。
そうすることによって、ピンポイントで脂肪を落としてスッキリさせられるのです。

脂肪冷却を受けられる場所

看護師
脂肪冷却は、身体に負担がかかりにくく非常に効率よく脂肪を落とせます。
ここでは、脂肪冷却がどこで受けられるのかについて解説します。脂肪冷却は主にエステサロン医療機関で受けられるのです。
ではエステサロンと医療機関の脂肪冷却の違いについてはどういったものがあるのでしょうか。
エステサロンで受ける場合と、医療機関で受ける場合の料金・機器の出力・効果の違いなどについて説明します。

エステサロン

エステ
エステサロンで受けられる脂肪冷却の特徴は、医療機関のものに比べて安価・機器の出力が弱い・効果が弱いです。
エステサロンでの脂肪冷却の料金はサロンに寄って異なりますが、相場では大体1部位1万円〜5万円程度で設定されていることが多いです。
医療機関で受けると3万円〜5万円ところが多いため、エステサロンのほうが費用を抑えられます。
また脂肪冷却で部分痩せを目指したいなら、複数回受ける必要がある上に、効果の出始めは3〜5回目といわれているため、費用もかかるでしょう。
費用の面だけでいえば、エステサロンで施術する脂肪冷却のほうが金銭面を抑えられます。
しかし、機器の出力に関しては医療行為レベルの強い出力では行えないため、効果も得られにくくなります。

医療機関

器具
医療機関で受けられる脂肪冷却の特徴は、医師の適切なカウンセリングが受けられる・機器の出力が強め・1回で効果を実感しやすい・費用も高額です。
医療機関の1番の強みは医師の適切なカウンセリングが受けられる上に、炎症や痛み等の副作用が起きた場合でも、適切な処置をしてもらえることです。
また、エステサロンに比べて出力が強い分、1回で効果を実感しやすいという特徴もあります。
効果を実感しやすい反面、1回の費用がサロンに比べて高額になりやすいので金銭的な負担は大きくなります。
しかし、アフターケアまでしっかりフォローしてくれる安心感があるのは医療機関の強みです。
このようなエステサロンと医療機関のメリット・デメリットを考慮して、脂肪冷却を受ける場所を決めましょう。

効果が期待できる部位

腹
脂肪冷却の高い効果が期待できる部位は、以下の通りです。

  • お腹周り
  • ふくらはぎ
  • 太もも
  • 二の腕
  • フェイスライン

ここでいうお腹周りとは、下腹・脇腹・背中周りなどを指します。フェイスラインとは、首周りや顎や頬のラインの引き締め効果が期待できるのです。
このように、脂肪冷却はお腹周り・ふくらはぎ・太もも・首や顎などのフェイスラインなど身体のあらゆる部位に使用できます。
こういったダイエットでは痩せにくい部位をピンポイントでスッキリさせられるのが、脂肪冷却の特徴です。
また、人によって気になる部位や状態が異なりますが、その人の身体に合わせて施術の回数や出力の強さを変えることによって効果を実感しやすくなります。
脂肪冷却は身体の様々な部位に使用できるので、幅広い人の要望に答える施術です。

脂肪冷却のメリット・デメリット

肌の
ここまで脂肪冷却の受けられる場所や効果について解説してきました。エステサロンや医療機関で受けられ、それぞれにメリット・デメリットがあるため注意が必要です。
脂肪冷却を実際に受ける上で発生するメリットデメリットを理解する必要があります。
脂肪冷却を行う上でのメリット・デメリットについて詳しく解説します。

メスを使わない

脂肪冷却はメスで皮膚を切り開いたり、脂肪を切り取ったりする方法ではありません。そのため、身体的・心理的な負担が少ないことがメリットの1つです。
メスを使うとなると、麻酔を使ったり、手術後の痛み・手術跡が残り日常生活に支障をきたしたりする可能性があります。
しかし、脂肪冷却は機器を使って皮膚の上から脂肪細胞へアプローチするものなので、大きい手術跡も残りませんし、麻酔も必要ない場合がほとんどです。
このように脂肪冷却はメスを使わず、痛みもほとんどないため施術後はすぐに普段の生活を送れます。

リバウンドしにくい

写真
脂肪冷却は、脂肪細胞自体の数を減らしてしまうので、無理なダイエットよりもリバウンドが少ないといわれています。
また、部分痩せができるのも脂肪冷却の特徴になります。例えば、バストは大きいままお腹を引き締めたい場合です。
食事制限や運動による部分痩せは非常に難しいといわれています。しかし、脂肪冷却は狙った部位の脂肪細胞をピンポイントで破壊できるので部分痩せに有効なのです。
このように脂肪冷却は、リバウンドしにくい上に部分痩せが期待できる有効な施術なのです。

体調によっては施術を受けられない

脂肪冷却は下記の7つに当てはまる場合、施術を受けられません。

  • 皮下脂肪が少ない
  • 手の甲など皮下脂肪が少ない部分
  • 寒冷過敏のある
  • ペースメーカーを使用している
  • 高血圧や内臓疾患のある
  • 妊娠中・授乳中
  • 施術したい部位の皮膚に炎症・瘢痕・出血などがある

脂肪冷却は皮下脂肪の少ない部位に行うことはできないので、施術を受ける前に脂肪の厚みが十分にあるか確認しましょう。
寒冷過敏とは、冷たさによって蕁麻疹などのアレルギー反応が起こったり、レイノー現象が起こったりすることを指します。
冷たさに過敏に反応してしまう場合は脂肪冷却を受けられません。
また、ペースメーカー使用者高血圧や内臓疾患といった基礎疾患のある人妊娠中や授乳中の人も脂肪冷却は受けられません。
妊娠中や授乳中の人は、その期間が終わってから脂肪冷却を受けるようにしましょう。
また、施術したい部位の皮膚の状態も重要になります。皮膚に炎症・瘢痕・出血などがあると脂肪冷却によって皮膚の状態が悪化してしまう場合があるため、受けられません。
このように脂肪冷却は、体調や肌の状態によっては施術を受けられないのです。

施術中に刺激を感じる場合がある

顔
脂肪冷却は施術中に冷たさ引っ張り感といった刺激を感じる場合があります。
脂肪冷却は痩せたい部分を吸引してアプリケーターを装着し、温度をコントロールしながら冷却し脂肪細胞を破壊します。
そのため、痩せたい部位に吸引・冷却の刺激が加わるため、施術中にこういった刺激を感じる場合が多いです。
この施術中の冷たさや引っ張られるような刺激は、施術後10分ほど続く場合があります。ただし、施術後10分経つと徐々に気にならなくなる場合がほとんどです。

すぐに効果を実感できない

脂肪冷却によって凍結された脂肪細胞は、時間をかけて老廃物として身体の外に排出されます。そのため、効果を実感するまでにはおよそ1ヶ月掛かる場合が多いです。
また、体型を定着させるためには1ヶ月ほどの間を置いて、合計1〜5回の施術が必要になります。
このように脂肪冷却はすぐに効果を実感できない上に、時間をかけて繰り返し施術を行っていかなくてはなりません。

脂肪冷却がおすすめな人

体重計
ここまで脂肪冷却のメリット・デメリットを解説してきました。
脂肪冷却にはメスを使わない・リバウンドしにくいといったメリットがあります。一方で、体調によっては施術が受けられない・施術中に刺激を感じる・すぐに効果を実感できないといったデメリットもあります。
メリット・デメリットを理解した上で施術を検討しましょう。
続いて、脂肪冷却はどのような人に向いているのかを紹介します。脂肪冷却がおすすめな人は下記の3つに当てはまる場合です。

運動が苦手だけれど痩せたい
食事制限はしたくないけれど痩せたい
部分痩せがしたい

これら3つの特徴について詳しく解説します。

運動が苦手

継続した運動が苦手だけれど痩せたいという人に脂肪冷却はおすすめです。
また、膝の痛みなどによって運動ができない場合・仕事が忙しく運動する時間が取れない場合も脂肪冷却を行えば狙った部位の脂肪を落とせます。
このように、運動が苦手でなかなかダイエットの成果が出ないとお悩みの人も、脂肪冷却でほっそりとした体型を目指せます。

食事制限はしたくない

ケーキ
食事制限はしたくないけれど痩せたいという人にも、脂肪冷却はおすすめです。また、太りやすい傾向にある人や食事制限に限界を感じている人にも有効とされています。
太ってしまう原因の多くが、脂肪細胞の肥大ですので脂肪冷却によって脂肪の数自体を減らせれば、リバウンドもしにくく効率よく理想の体型を目指せるのです。

部分痩せしたい

脂肪冷却は部分痩せをしたい人におすすめの施術になります。そのため、全身痩せには向いていません。
脂肪冷却で狙った部位の脂肪のみを落とすことによって、メリハリのある身体を目指せます。

男性にも効果はある?

スーツ
脂肪冷却は女性だけでなく、男性にも人気のある施術で多くの人が利用されています。若い人だけでなく、幅広い人が受けているのです。
お腹やフェイスラインのたるみに悩むのは男性も同じです。食事制限や運動に限界を感じてダイエットの補助的な意味合いで脂肪冷却を行う人が増えています。
女性向けのクリニックが多いですが、中には男性向けの痩身サロンや美容クリニックもあるため、昔に比べて男性の需要が拡大しています。
ですから、脂肪冷却は仕事が忙しく運動する時間が取れなかったり、食事制限によるダイエットに限界を感じていたりする男性にもおすすめです。

メリットやデメリットを理解して施術を受けよう

女の子
脂肪冷却には様々なメリット・デメリットがあることがわかりました。
紹介した2つの大きなメリットは、メスを使わないこと・リバウンドしにくいことです。
その反面、3つのデメリットとしては、体調や肌の状態によっては受けられない場合があること・施術中に刺激を感じる場合があること・効果を実感するのに時間がかかる場合があります。
ですから、このようなメリットとデメリットを理解してから脂肪冷却を受けましょう。
また、クリニックやサロンによっては機器を使った脂肪冷却とは別に、オイルマッサージを併用することによって高い効果を期待するところもあります。
このように、使用する機器やセットになっているサービスはクリニックやサロンによって大きく異なるので、事前に確認しておきましょう。

編集部まとめ

リラックス
ここまで脂肪冷却がどのようなものなのか・受けられる場所・メリットとデメリット・どのような人におすすめなのかを解説してきました。

大変な運動や食事制限なしで、ベッドに寝たまま痩せられるのが脂肪冷却の特徴です。

このように、とても気楽に受けられる上に脂肪細胞自体の数を減らすので、リバウンドしにくく部分痩せが期待できます。

しかし、すぐに効果が現れるわけではないので1ヶ月の間を開けて1〜5回程通わなくてはなりません。

こういったメリット・デメリットを考慮して、脂肪冷却を受けるかどうか判断しましょう。

脂肪冷却を受けると、毎回の施術後に自分の身体の変化を確認するのが楽しみになるはずです。気になった人は、脂肪冷却を受けてみてください。

この記事の監修医師