歯を失った際のより良い治療法であるインプラント。治療を受ける際の留意点とは…?【埼玉県越谷市 パラシオン歯科医院】

パラシオン歯科医院
パラシオン歯科医院

インプラントを考えながら、手術への恐怖や高額な費用から治療をためらっている人も多いことだろう。ただ、インプラントについてはいろいろ誤解もあるようだ。クリニックによって費用が異なり、また手術を伴うだけに、治療内容について詳しく知り、納得のいくクリニックを探すことが肝要といえる。そこでインプラント治療の実際を、医療法人社団徳昌会パラシオン歯科医院の小山安徳理事に詳しくうかがった。

Doctor’s Profile
小山 安徳
医療法人社団徳昌会 理事
パラシオン歯科医院 診療医長

東京歯科大学卒業後、複数の歯科医院勤務を経て、現在はパラシオン歯科医院にて診療医長として、できる限り痛くなく、今できる最新の治療を提供できるよう心掛けている。東京歯科大学衛生学博士号取得。東京歯科大学非常勤講師、日本歯周病学会、日本インプラント学会、日本臨床歯周病学会、日本先進インプラント医療学会所属。

ブリッジや入れ歯のデメリットをカバーするインプラント

ブリッジや入れ歯のデメリットをカバーするインプラント

インプラントは優れた治療法だと思いますが、費用や手術への恐怖心などから、何となく避けられてしまうことも多いようです。

それはあると思いますよ。インプラントという言葉は聞いたことがあっても、詳しい内容はわからないという人が大部分ではないでしょうか。一般的に、人は悪い情報のほうを伝えがちだと思うので、周囲の人から聞くと、インプラントについてマイナスのイメージを持ってしまうことが多いのかもしれません。

実際には、ブリッジや入れ歯と比較してインプラントのメリットは大きいわけですよね?

もし僕が歯を欠損した身内から治療方法を相談されたら、ブリッジはすすめません。ブリッジをするには、欠損した箇所の両サイドの歯を削らなければなりません。健康な歯を削るというデメリットは大きすぎるからです。
もしインプラントが怖いのであれば、入れ歯を選択するようにすすめますね。入れ歯であれば、その後にインプラントにすることも可能ですから。一度歯を削ってしまうと元に戻すことは絶対にできないので、後戻りができる治療を選択したほうがいいと思います。

では、入れ歯のデメリットというと、どういったことがありますか?

やはり噛んだときの違和感はありますよね。入れ歯だとどうしても噛む力が弱くなります。また、入れ歯にしているのを人に知られたくないとか、人に見られるのがイヤだというのもあるんじゃないでしょうか。

そういったデメリットもカバーできるのがインプラントということですね。

そうです。ただ、インプラントが高額なのは確かです。すぐにお金を用意できないというのなら、欠損が1本だけの場合は「何も入れない」という選択肢もあると思います。
今すぐにでも何かしなければいけない状況というのはそんなに多くはありません。歯が全然ないなら別ですが、その人の口腔内の状況によっては、半年くらい様子を見よう、それで不都合が生じたら、「またそこから考えてみましょう」という方法もあります。

インプラントをしたくても、治療できないという場合もあるのでしょうか?

歯周病が悪化して、自分の歯がグラグラなのに、「インプラントを入れたい」と言われてもできませんね。当院では、ご本人が強くインプラントを希望されていても、衛生士が「この口腔内の状態ではインプラントを入れても上手くいかない」と判断すればやりません。「歯周病コントロールができてから改めて考えましょう」ということになります。

歯周病以外にもインプラントができない原因は何かありますか?

血圧が高すぎる方や糖尿病の方ですね。そういった方は「数値が下がってからにしましょう」となることもあります。ひとまず入れ歯にしておいて、内科の先生と連絡を取りながら、本人を交えて決めていくようにしています。

ブリッジや入れ歯のデメリットをカバーするインプラント

新しい機器と技術で痛みや恐怖心を和らげる

それではパラシオン歯科医院でのインプラント治療の流れを教えてください。

当院では、最初からインプラントを希望していらっしゃる患者さんはあまりいないんですよ。ほとんどの患者さんが、治療をしている過程で、欠損している歯をどう補おうかという話の流れで決まるんです。
そこで、数ある治療法の中からインプラントという選択肢を提示して、患者さんが「詳しく聞きたい」となればカウンセリングをすることになるんです。

最新機器と技術で痛みや恐怖心を和らげる
カウンセリングでインプラントを選択してからは、どのように進んでいきますか?

インプラントが可能かどうかをチェックするために、まずCTを撮ります。衛生士が歯周病もの検査をして、カウンセリングで全身の状態をおうかがいするので、必要であれば内科からデータをもらいます。
それを経て、「顎の骨がある」「歯周病の問題がない」「全身状態もOK」「経済的に支払い可能」という4つのハードルがクリアでき、そして本人にやる気があればインプラントをすることになります。

条件がクリアされてはじめて手術となるわけですね。痛みとか恐怖心が気になりますが、先生のところでは笑気鎮静法を使われているとか。

笑気鎮静法で、手術の恐怖心を和らげることはできます。当院では、インプラント以外の治療でも、希望される方にはこれを使用していますよ。
インプラントに限らず、麻酔はさまざまな状況で用いますが、僕は痛みを感じさせずに麻酔注射するテクニックを習得しているんです。以前は電動麻酔注射を使用していましたが、今は手用麻酔で極細の針を用い、体温と同じに温めた麻酔液をゆっくりゆっくり注入していきます。お子さんでも麻酔注射されたと気づかないぐらいですよ。

最新機器と技術で痛みや恐怖心を和らげる
新しい医療機器や医療手法も先生は積極的に採用されていますね。
はい。レーザー機器やマイクロスコープなどですね。たとえばサージボーンという医療機器は硬い組織だけを切削し、神経や血管のある軟らかい組織には作用しないので安全に手術が行えます。また、CGFという骨を再生させる医療手法も用いています。CGFの場合、患者さん自身の血液を利用するので、拒絶反応がありません。
技術の進歩は著しいですから、今よいと思われていることは、今やっておかないといけないという考えです。ですから、自分ができる範囲で導入できるものはどんどん導入していきます。それで患者さんも楽になれるわけですからね。
今の日本で手に入って、厚生労働省が認可していて、患者さんに害がないといわれている適したシステムで治療を提供することが、医療従事者としての責務だと考えています。

インプラントにかかる総費用を確かめてから考えたい

インプラントはやはり価格について気になる方が多いと思います。こちらではオプションを含めた金額を提示されていますが、これはどういう理由からですか?

手術中に、追加の処置が必要になることがあるんです。たとえば、骨が足りないから右側の骨を移植したいとか、人工骨を使いたいとかですね。当院の手術は局所麻酔なので、術中に患者さん自身に聞くことができるわけです。
「骨が足りないから人工骨を使いたいけれど、2万円なんです。やりますか?」って聞いたら、100%の患者さんが「やります」と答えますよね。でも、そんなやり方はフェアじゃない。ですからすべてを含め、一律でインプラントは1本25万円、2本一緒だと25万円と20万円というように決めています。

インプラントにかかる総費用を確かめてから考えたい

明朗会計といいますか、患者さんにとってわかりやすいのはありがたいです。

料金には手術前に行うCT検査料も含まれるんですが、CTを撮ってみたらインプラントはできないという判断になる可能性だってあるわけです。そのときは、CTの料金はいただきません。僕が「インプラントはできないと」いう判定をしているのに、患者さんに払わせるのっておかしいですよね。

高額なだけに、インプラントはやはり一生使い続けたいと患者さんは思っているでしょう。耐久性などについてはいかがでしょうか?

インプラントが世に出てから、それほど長い年月が経っているわけではありません。ですから、僕は「一生もちます」とは言わないんです。
ただ、当院では10年保証をつけています。10年間は何かあっても対応させていただきます。というのも、あと10年は僕が当院で診療をすると考えているからです。それが僕を信用して来てくれる患者さんに対しての誠意だと思うんです。

では、一般論としてインプラントはどれぐらいもつとお考えですか?

普通であれば20年はもちますよ。逆に、対咬する歯のほうが壊れたり、割れたりすることもあるんです。また、歳を重ねて認知症になると噛みしめが非常に強くなることもあります。そうなるとインプラントは外す必要が出てきたりします。
ですから、長くもてばいいというものでもないんですね。もちろん長くもたせるようにしますが、今から20年も経ったら、もしかするとインプラントという技術はすっかり古いものになっている可能性だってないわけじゃない。ただ今の時点で、経済的にもバランスがとれている欠損歯の治療方法といえば、やはりインプラントということになりますね。

インプラント治療を受けるときに、どういう観点からクリニックを選べばいいんでしょうか? 先生のお考えをお聞かせください。

その歯科医を信じられるかどうかが一番大切だと思います。歯科医の技術がすごく高いとか、医院に高級感があるとか、いろいろなクリニックがあって選択肢はたくさんありますが、その先生のやり方がいいと思えるところを選ぶのがいいと思います。

インプラントにかかる総費用を確かめてから考えたい

それでは最後に読者へメッセージをお願いします。

やはり自分の体のことなので、真剣に考えることが必要だと思います。インプラントにせよ何にせよ、治療した後も歯はケアが必要だということを忘れないでください。
インプラントだったらメンテナンスがより必要ですし、定期検診も受けないといけません。「インプラントにしたら終わり」と思わず、自分の健康のことを考えるように、お口の中に対してもずっと向き合っていていただきたいと思います。

編集部まとめ

インプラントが、現在では最上の進んだ技術であることがよくわかりました。同時に、それだけ進んだ技術でも、手掛ける歯科医、クリニックによって、さまざまな違いがありそうです。自分の体のことだけに、自分が何を重視するか考えた上でクリニックを選び、納得のいく治療を受けることが大切なのでしょう。

医院情報

パラシオン歯科医院

パラシオン歯科医院
所在地 〒343-0806
埼玉県越谷市宮本町5-39-1
パラシオン越谷102
アクセス 東武スカイツリーライン 越谷駅 車で6分
診療内容 インプラント 歯周病治療 ホワイトニング 虫歯治療 他