FOLLOW US

目次 -INDEX-

  1. Medical DOCTOP
  2. 配信コンテンツ
  3. 【医師が解説】夜に尿意で“何度も”目覚めてしまう「夜間頻尿」の原因とは!?

【医師が解説】夜に尿意で“何度も”目覚めてしまう「夜間頻尿」の原因とは!?

 更新日:2024/05/07
尿意で目が覚める…

夜だけ尿意で何度も目が覚めることはありませんか? もしかしたら「夜間頻尿」かもしれません。今回は、夜間頻尿の原因について「港南台かわかみ泌尿器科クリニック」の川上先生に解説していただきました。

※この記事はMedical DOCにて【「夜だけ頻尿で目が覚める…」医師が夜間頻尿の原因や治し方・セルフケア方法を解説】と題して公開した記事を再編集して配信しており、内容はその取材時のものです。

川上 稔史

監修医師
川上 稔史(港南台かわかみ泌尿器科クリニック)

プロフィールをもっと見る
東邦大学医学部卒業。その後、東邦大学医学部附属大森病院(現・東邦大学医療センター大森病院)、社会保険中央総合病院(現・JCHO東京山手メディカルセンター)、カリフォルニア大学サンフランシスコ校泌尿器科、済生会横浜市南部病院泌尿器科などで経験を積む。2019年、神奈川県横浜市に「港南台かわかみ泌尿器科クリニック」を開院。年齢・性別を問わず、排尿に関する症状を安心して相談できるような環境を提供できるよう心がけている。医学博士。日本泌尿器科学会専門医、日本がん治療認定医機構認定医。日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会 、日本癌治療学会、日本泌尿器腫瘍学会、腎癌研究会の各会員。

編集部編集部

寝ているとき、トイレが近くて目が覚めてしまいます。これはなぜでしょうか?

川上 稔史先生川上先生

おそらく、夜間頻尿だと思われます。「夜間頻尿 診療ガイドライン」によると、「夜、眠っている間に1回以上、排尿のために起きること」が夜間頻尿の定義となっています。しかし、実際に問題となるのは「夜間に2回以上起きる場合」が多いですね。また、年齢が上がるにつれて夜間頻尿で悩む人が増える傾向にあります。

編集部編集部

夜間頻尿になると、どういった影響が出るのですか?

川上 稔史先生川上先生

例えば、睡眠不足になることが多く、日中の活動性が低下してしまいます。また、高齢者の場合は、夜中にトイレに起きることで転倒や骨折の危険もあります。

編集部編集部

なぜ、夜間頻尿になるのですか?

川上 稔史先生川上先生

いくつかの原因がありますが、まずは尿量が多い、夜間にたくさんの尿が産生される多尿のために夜間頻尿になることです。これは水分の過剰摂取、加齢、心不全や高血圧、糖尿病、腎機能障害、薬の副作用など原因は様々です。

編集部編集部

ほかにも夜間頻尿の原因はあるのでしょうか?

川上 稔史先生川上先生

泌尿器疾患を原因とした膀胱に貯められないといったケース、睡眠障害によるケースも考えられます。先ほどの夜間多尿を含めて、複数の要因が複合的に絡んでいることが多いですね。とくに、加齢や生活習慣病を構成する因子との関連が深いことが明らかになっています。

編集部編集部

加齢と夜間頻尿には、どのような関連があるのですか?

川上 稔史先生川上先生

そもそも、人間には「抗利尿ホルモン」という利尿を妨げる働きを持つホルモンがあるのですが、加齢とともに夜間の抗利尿ホルモンの分泌低下や腎臓での反応性が低下します。そのため、尿量が増えてしまうのです。

この記事の監修医師

注目記事