バネ式側方拡大装置とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

バネ式側方拡大装置とは

バネ式側方拡大装置とは、矯正治療に用いられる装置の一種です。ステンレススチールラウンドワイヤー、ステンレススチールチューブ、Ni-Tiオープンコイルでできたシンプルな構造の装置です。あごの幅を側方に拡大することが出来ます。歯列狭窄を伴う叢生などの治療で用いられます。構造がシンプルなため製作も簡単で、清掃しやすく、装着感も良好です。プレートの幅を広げることで徐々に顎の幅を広げていきます。大人よりも子どもの方が拡大できる幅が大きく、永久歯が生えるスペースがない場合などにも用いられることが多いです。

メリット

・痛みが少ない
・取り外し可能で清掃しやすい

デメリット/副作用

・子どもと比べ大人の拡大できる範囲が狭い
・拡大終了後、成人矯正が必要になることが多い

治療期間

バネ式側方拡大装置は非抜歯矯正を目的として使用されることが多く、治療期間は半年~1年以上とされています。子どもの頃に治療を開始し、その後に成人矯正に移行するケースが多いです。

費用相場

バネ式側方拡大装置を用いる治療の費用相場は、子どもの一期治療なら10~40万円程度とされています。

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。