ショートインプラントとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

ショートインプラントとは

ショートインプラントとは、通常のインプラントより短い長さ8mm以下のインプラントを指します。通常のインプラントを埋入できないケースでも、ショートインプラントにすることで治療ができる場合があります。骨の厚みや高さが足りない、身体への負担を少なくしたい、治療期間を短くしたいなどの場合に選択肢となります。
骨の幅や高さが足りない場合に通常のインプラント治療を行うには、まず骨の再生治療を行う必要があり追加費用がかかります。しかしショートインプラントなら骨再生治療なしで埋入できるため、費用負担を抑えられる場合もあります。

メリット

・身体への負担が少ない
・治療期間が短い
・経済的な負担を抑えられる
・埋入の角度調節がしやすい

デメリット/副作用

・骨再生なしでは対応できない場合もある
・骨再生をしないため、歯茎ラインは改善されない

治療期間

ショートインプラントを用いて治療を行う場合、早ければ2~3ヵ月程度で治療が完了します。

費用相場

ショートインプラントを用いた治療の費用相場は1本につき30~40万円と、通常のインプラント治療と大きく差はありません。ただし骨再生の治療費がかからない分、費用負担が少なく済みます。

注意点

治療期間や費用は治療内容などによって大きく異なる場合があります。