Ni-Tiワイヤーとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

Ni-Tiワイヤーとは

Ni-Tiワイヤーとは、主に矯正治療に用いられる金属製のワイヤーのことを指します。
正式名称はニッケルチタンワイヤーと呼ばれ、弾力性のある形状記憶合金でできており、デコボコの歯列が多い日本人の歯の矯正には欠かせないワイヤーと言えます。
矯正治療以外にも歯周病の治療や、入れ歯の補綴前処置などにも幅広く使用されています。

メリット

・形状記憶・弾力性に優れている
・歯を動かす弱い力を持続的に掛けられる

デメリット/副作用

・矯正で使用する場合、金属色が目立つ(白くコーティングされたものもある)
・Ni(ニッケル)アレルギーの方には使用できない場合がある

治療期間

Ni-Tiワイヤーを使用した矯正は一般的に行われていますが、歯並びの状態によって期間は大きく異なります。3ヵ月程度と短期で完了する場合もあれば、数年かけて歯を動かしていく場合もあります。

費用相場

歯科矯正は医療保険の対象外となっており、Ni-Tiワイヤーを使用するワイヤー矯正の費用は10~150万円程度とされています。
矯正する範囲や状態によって費用は大きく異なります。

注意点

治療期間や費用は、治療方法などによって大きく異なる場合があります。