ハイブリットクラウンとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

ハイブリットクラウンとは

ハイブリットクラウンとは、ハイブリッドセラミッククラウンとも呼ばれ歯科治療で使用される被せものの一種です。セラミックとレジンの混合で出来ており、比較的安価で応用もしやすく幅広い症例に用いられています。オールセラミックと比較すると耐久性や変色の面で劣りますが、強度が弱い分削れてくれるため、負担がかかる歯の場合は中に入っている自分の歯への負担を和らげてくれることもあります。これまでは白い被せものが保険適応にならなかった小臼歯と呼ばれる4、5番目の歯の治療に対し、保険適応で治療できるのが大きな特徴と言えます。

メリット

・小臼歯なら保険適応で治療できる
・金属アレルギーの心配がない
・歯や歯茎の変色を避けられる

デメリット/副作用

・オールセラミックと比べ強度が弱い
・変色する場合がある

治療期間

ハイブリッドクラウンを用いた虫歯治療は、その他の素材の被せものをする治療期間と変わりありません。軽度の場合は数回の通院で完了します。

費用相場

ハイブリットクラウンを用いた治療の費用相場は、保険適応の歯なら型採りから装着までで1万円程度とされています。

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。