1. Medical DOCTOP
  2. 歯科TOP
  3. 治療・検査・手術の事典(歯科)
  4. 歯周組織誘導再生法(GTR法)とは

歯周組織誘導再生法(GTR法)とは

公開日:2020/12/25  更新日:2021/11/12

歯周組織誘導再生法(GTR法)とは

歯周組織誘導再生法とは、重度の歯周病などによって破壊された、歯の周りの歯を支える組織(歯茎・歯根膜・歯槽骨)の再生を誘導する治療法です。

重度の歯周病から歯周組織誘導再生法を行わずに治療させた場合、歯肉が最初に再生されるため、骨などその他の歯を支える周辺組織が再生されるためのスペースが失われてしまい、歯周病治療を行っても歯周病の前の状態まで再生されることはありません。

そこで、周辺組織が再生されるためのスペースを人工膜(メンブレン)を用いて確保してあげることで、周辺組織が再生されるための環境を作り、再生が促進されるように誘導を行います。

メリット

・歯肉の増強による周辺組織再生の阻害を防ぐことができる
・ほぼ元通りのような状態にまで回復する
・保険が適用される場合がある

デメリット/副作用

・すべての症例で使用できるわけではない
・治療には高い技術力が求められる
・埋め込んだメンブレンは吸収されないものもあるため、後々回収する場合がある

治療期間

・骨が1ミリ伸びるのに、おおよそ1ヶ月かかる

費用相場

・保険が適用された場合、1歯5000円~2万円程度
・自由診療の場合は歯の本数により前後するが、5万~10万円程度

注意点

治療期間や費用は治療の手法などによって大きく異なる場合があります。