直接覆髄法とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/16

直接覆髄法とは

直接覆髄法とは、歯髄が露出してしまった歯に行う処置です。むし歯の治療を進めていくうえで、偶発的に歯髄が外部に露出してしまった場合、専用の薬を使用して神経の保存を試みます。神経を取った歯は破折しやすかったり、感染しやすかったりと寿命が短く、長持ちしないという統計が出ています。そのため、神経を出来る限り保存する必要があり、その保存方法のひとつが直接覆髄法です。

メリット

・神経を取らなくて済む
・歯の寿命が保たれる

デメリット/副作用

・数ヶ月の経過観察を行わなければならない
・直接覆髄法を行っても、神経を取らないといけない場合もある
・直接覆髄後に歯の型取りをして補綴物を入れる必要がある

治療期間

直接覆髄法自体は1度の治療で終わります。その後、補綴物を入れるために2~3回の通院が必要となっています。

費用相場

直接覆髄法を行う場合は保険適用となります。使う薬剤によっては保険適用外になることもあります。

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。