レーザー治療(歯科)とは

公開日:2021/01/06  更新日:2021/11/12

レーザー治療とは

特定の物質にのみ反応する特殊なレーザー光を用いて、組織を選択的に破壊する治療法です。レーザーの種類によって得られる効果が異なり、歯科治療から皮膚の治療、目の治療、血管の治療、がんの治療、美容医療など、多くの治療に使用されます。
炭酸ガス、中赤外線、半導体のレーザーなどさまざまな種類があります。

メリット

・副作用の心配が少ない
・治療に伴う痛みが比較的少ない
・出血を抑える効果があるため、治癒が早い

デメリット/副作用

・適用できる症例が限られる
・自費診療の場合がある

治療期間

用途により大きく異なります。

費用相場

用途により大きく異なります。
保険適用のケースと自費診療のケースがあります。