歯科手術用顕微鏡とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/15

歯科手術用顕微鏡とは

歯科手術用顕微鏡とは、治療する部位を明るく、拡大した状態で観察しながら治療するための顕微鏡です。口の中は暗く狭いので、歯科用手術用顕微鏡を用いることによりより精度の高い治療を行うことが出来ます。むし歯の除去、根管治療、CR充填、支台歯形成、歯石除去、歯周外科処置等に用います。また、肉眼では発見しにくい細かい歯に入った亀裂や小さい穴、非常に細い根管などを発見することもできます。
また、患者さんに説明する際にも治療を録画したものを見せてわかりやすく説明できるというメリットもあります。

メリット

・むし歯の除去、根管治療、CR充填、支台歯形成、歯石除去、歯周外科処置等様々な治療に応用できる
・精度の高い治療が出来るため、治療後歯が長持ちしやすい

デメリット/副作用

・歯科手術用顕微鏡を扱うのには術者の技術力と経験が必要とされる
・全国的に見ると導入をしていない歯科医院もまだ多い
・医院によっては保険での治療が出来ない場合がある

治療期間

どのくらい顕微鏡を使うかは、歯科医師の考え方に依存します。すべての治療で用いるという歯科医師もいれば、根管治療の時だけ使うという歯科医師もいます。

費用相場

一部保険の範囲で治療が出来ます。

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。