抜髄処置とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/15

抜髄処置とは

抜髄(ばつずい)処置とは、歯髄と呼ばれる歯の神経を取る処置のことです。むし歯が神経まで到達し、歯髄に炎症を起こした場合、その炎症が落ち着く可能性・歯髄がもとに戻る可能性がない場合、神経を除去します。

メリット

・痛みから解放される

デメリット/副作用

・割れやすくなるなど、歯の寿命が縮まる
・あまりにも痛みが強い時の処置は麻酔も効きづらく、治療時に痛みを伴う
・術直後痛みが出ることもある
・適切な感染対策をしないと再発の可能性がある

治療期間

抜髄を伴う根管治療は、1回あたり60~90分の処置を1~3回程度の通院して行うのが一般的です。

費用相場

保険適用となっており、一本あたり約1,5千円~3千円です。

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。