CB THRONEとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

CB THRONEとは

CB THRONEとは、歯科用コーンビームCTとも呼ばれるCT装置です。三次元の高画質画像によって、従来の二次元的なレントゲンでは発見できなかった虫歯などが見つかる場合もあります。
虫歯治療、歯周病治療、インプラント治療、埋伏歯、歯内療法など幅広い治療の診断に用いられます。特にインプランの治療においては、インプラントの埋入位置や角度・深さなどを確認するガイドと連携することで精度の高い治療が可能となります。

メリット

・組織を3次元的に捉えられる
・短時間で撮影できる

デメリット/副作用

・医科用CTと比べ、画像に誤差がある場合がある

治療期間

CB THRONEの撮影にかかる時間は20~40秒程度とされています。座って撮影できるため、患者さんの身体的な負担は少ない検査といえるでしょう。

費用相場

CB THRONEの撮影は保険適応となります。費用相場は3割負担で3,500円程度とされています。保険治療でのCT撮影は、親知らずの抜歯、神経の治療、歯周病、顎骨の骨折など幅広く認められています。

注意点

治療期間や費用は治療内容などによって大きく異なる場合があります。