All-on-6とは

公開日:2021/08/30  更新日:2022/01/11

All-on-6とは

ALL‐on‐6とは、総入れ歯の患者さんを対象としたインプラント治療のことです。
通常であれば、総入れ歯の患者さんは片顎で14本程度のインプラントが必要となりますが、ALL‐on‐6により6本のインプラント埋入で治療が可能となりました。入れ歯のような装置をインプラントにネジ止めし、着脱する必要がなくインプラントの強固な固定によりしっかりと噛むことができます。
手術自体は日帰りで行うことができ、その日のうちに人工の歯を装着し食事ができるのも大きなメリットのひとつです。

メリット

・最小限のインプラント本数で治療が可能である
・手術当日から新しい歯で食事ができる
・治療期間が短く、その分費用も抑えられる
・人工の歯が連結しているため手入れが簡単で清潔
・固定式のため食事中外れることがない

デメリット/副作用

・手術が必要である
・残っている歯がある場合は抜歯する必要がある
・取り外して洗浄することができない
・人工歯は連結しているため、破損した場合にはすべて外す必要がある

治療期間

手術自体は1日で終了し、その日から新しい歯で食事が可能です。人工歯の作成期間やインプラントの治癒期間も含めると約6~12ヶ月ほどが目安となります。

費用相場

保険が適用されないため自費診療となります。総入れ歯に比べると高額ですが、一般的なインプラント治療に比べ費用は抑えられています。実施する歯科医院により費用に変動がありますが、約180~300万円程が相場です。

注意点

治療期間や費用は、医療機関や治療内容などによって大きく異なる場合があります。