1. Medical DOCTOP
  2. 小さい負担で高いQOLを獲得する、自分の歯を生かすインプラント【神奈川県横浜市 医療法人社団将会菊名デンタルクリニック】

小さい負担で高いQOLを獲得する、自分の歯を生かすインプラント【神奈川県横浜市 医療法人社団将会菊名デンタルクリニック】

小さい負担で高いQOLを獲得する、自分の歯を生かすインプラント【神奈川県横浜市 医療法人社団将会菊名デンタルクリニック】
小さい負担で高いQOLを獲得する、自分の歯を生かすインプラント【神奈川県横浜市 医療法人社団将会菊名デンタルクリニック】

失った歯の機能を取り戻す優れた治療法として知られるインプラント。しかし外科手術を伴うことから漠然と怖いイメージを抱く人も多いようだ。また、一般的な歯科治療と違い保険外診療となるため、費用の面で足踏みする場合もある。ところがインプラント治療に携わって約20年になる生熊将司先生によると、「一人ひとりに合ったインプラント手術ならそれほど負担をかけずに高いQOLを獲得できる」とのこと。どうすればより少ない負担でインプラントを行うことができるのか、詳しく伺ってみた。

Doctor’s Profile
生熊 将司
医療法人社団将会 菊名デンタルクリニック 院長

日本歯科大学卒業。東京都内・千葉県の歯科医院で勤務した後、医療法人社団樹英会イーストワンデンタルクリニック分院長を務め、2016年より菊名デンタルクリニックを開院。ISOI国際口腔インプラント学会認定医、3Iインプラント認定医、アストラテックインプラント認定医、京セラインプラント認定医。

低いリスクで高いQOLが得られるインプラントのメリット

インプラントのメリット、デメリットについてお聞かせください。

大切な歯を失ってしまった場合、ブリッジか入れ歯、インプラントという選択肢ができるわけですが、ブリッジはなくなった歯の両側の歯を削って装着するため、健康な歯を削ることになります。また、今まで3本だったところを2本で支えるようになるため、当然ながら負担が大きくなりますし、ブラッシングも難しくなります。
たとえば、下の奥歯のブリッジの寿命はだいたい3~4年といわれています。入れ歯は歯を削ることはありませんが、両側の歯にバネをかけるので、虫歯になる確率が5年以内に約90%といわれているんです。しかも自分の歯のように噛めるわけではありませんし、見た目も良くない。その点、インプラントなら健康な歯に負担をかけることなく、しっかりと噛める自立した歯を手に入れられます。
しっかりと強靭に噛めることによって、健康な歯に余分な負担がかかることも避けられるので、相乗的にほかの歯も守られることにつながりますね。もちろん見た目も美しくなりますが、見た目だけのことではなく、すべてにおいてブリッジや入れ歯より高いQOLを獲得できるといえます。

低いリスクで高いQOLが得られるインプラントのメリット

手術があるために敬遠される方もいるようですが。

手術といっても、実は親知らずの抜歯と大差ないものなんですよ。特に複雑な条件でなければ、1本埋め込むケースなら20分程度で済む手術です。また、インプラントでは通常、歯茎を切開し、インプラントを埋め込む「一次手術」、埋め込んだインプラントと人工の歯の連結部分である「アバットメント」を装着する「二次手術」の2回のオペを行うのですが、お口の状態によっては手術も1回で済みます。
また、きちんと滅菌された環境で行えば、むしろ一般的な歯科診療より確実にQOLが上がります。ある意味飛行機と自動車の関係に似ているのですが、飛行機は非常に安全な乗り物だといわれていますよね。ところが事故が起きるとそれがクローズアップされてしまい、むやみに怖いと思う方が出てきてしまう。インプラントはきちんとした技術ときちんとした環境があれば、非常に安全に確実に行える治療法なんですよ。

治療の期間についてはいかがでしょうか。

上と下で違ってくるのですが、以前よりかなり短くなっています。当院では1本のインプラントなら、下で2カ月、上で3カ月が目安です。また、一次手術の後に埋め込んだインプラントと、もともとの骨がくっつくまでの期間を開けなければならないのですが、状態によっては一次手術と二次手術を一度に終えられる方もいるんです。その場合は2カ月かからないこともありますね。

低いリスクで高いQOLが得られるインプラントのメリット

やはり多くの人は、費用の面がネックになると思うのですが。

信頼できるクリニックで信頼できるメーカーのインプラントを入れるとなると、確かにある程度の費用はかかります。しかし、それ以上に恩恵のほうが大きいと思いますね。90代の女性のインプラント施術をしたことがあるのですが、「顎が疲れると思うくらい噛めるようになった」と冗談を言うくらい喜んでくれましたよ。
私自身2本のインプラントを入れていますが、本当に快適です。さらに、インプラントはきちんとメンテナンスをしていけば、一生ものといっても差し支えないくらい長い期間使用できるものです。ですから、どうせやるなら信頼できるメーカーのある程度費用のかかるものを選んでほしいと思います。
メーカーによっては生産中止、在庫がない、といったことがいずれ起きる可能性があります。そうなると、どれだけ技術のあるクリニックでも、「ネジに不具合が起きたが代わりの物がない」となると何もできないわけですからね。長く付き合うことを考えると、決してそれほど高いコストではないと私は思います。

インプラント治療はしっかりとしたカウンセリングから始まる

カウンセリングではどんなお話をなさるのでしょうか。

カウンセリングでは、むやみにインプラントを勧めることはありません。たとえば高齢の方で、歯が3本抜けているけれどほかの歯も歯周病になっている場合などは、たとえ3本インプラントを入れても、その後ほかの歯周病の歯がまただめになり、またそこにインプラントを入れて…という具合に、延々手術が続くことになってしまいます。そういう方にはコーヌスクローネというはめ込み式の義歯などを提案することが多いですね。
逆にインプラントをお勧めするのは、ずっと歯がないところがあって何とかしたいと思っている、この歯なら比較的負担の少ない方法でインプラントにしたほうがQOLが高まる、という方です。
そのほか、総入れ歯になっている方に、2本インプラントを入れることで入れ歯を支える方法などもご提案しています。その上でインプラントに不安を抱えていたら、丁寧にその不安を取り除く情報をお伝えしています。

その後の検査、手術などの流れを教えてください。

3DのCTを導入しているので、検査をして治療法の説明を行います。ただ、肉眼で確認できる場合は余計な放射線を浴びる必要はないので、CTを撮らない場合もあります。
一次手術は長くても30分程度です。人工骨を埋め込む場合はもう少しかかりますが、それでも1時間越えることはありません。その後人工骨をつくるなど長い場合は半年ほど待って二次手術となります。
二次手術は30分程度です。しかし先ほども申し上げたように、一次手術の際に骨の状態が良ければ二次手術は行いません。

インプラント治療はしっかりとしたカウンセリングから始まる

メンテナンスについてもご説明ください。

インプラントは入れて終わりではなく、メンテナンスが非常に重要になります。長くQOLを維持するには、ブラッシングをしっかりと行う、定期的に検診を受けることが必須となります。
よく患者さんに「ずっと持つんですか」と聞かれるのですが、「残っている周りの歯が歯周病になったら当然持ちませんよ」とお伝えしています。ですから当院では4カ月に一度は必ず検診に来ていただくようにご説明しています。

インプラントを行うなら滅菌システムが整ったクリニックで

インプラントを行うクリニック選びで必須といえる条件のようなものはありますか。

滅菌システムが整っていることです。短時間とはいえ外科手術ですので、それは欠かせない条件です。
当院ではインプラントに限らず、通常の一般診療の際にも、使用するすべての器具に対して、オートクレーブをはじめとする複数の方法を併用して滅菌・消毒を徹底しています。
さらに診療ユニットには「給水管路クリーンシステム」を採用し、すべての治療に消毒された水を使用し、「口腔外バキューム」という吸引器を設置して患者さんが歯を削った際の切削粉を吸い込まないようにも配慮しています。インプラントを行うなら、こうした環境を整えているクリニックであることが非常に重要になります。

インプラントを行うなら滅菌システムが整ったクリニックで

そのほかの条件としてはいかがでしょうか。

やはり、一人ひとりの状態に合わせて、少しでも負担の少ない方法を提案するクリニックではないでしょうか。当院ではできる限り人工骨を入れない方法をご提案しています。どうしても骨は痩せてしまうものなので、インプラントを一番良い位置に入れるためには人工骨が必要になるケースが多いのですが、やはりもともとの骨に埋め込むほうが治療期間も短く済みますし、侵襲も少なくなります。したがって費用も抑えられるわけです。
一人ひとりの状態に合わせてできる限り負担が少ない方法を選べば、それほど大きな負担をかけることなく、しっかり噛める生活が手に入るということを多くの方に知っていただきたいですね。
実は、日本人は欧米人と違って前歯の外側の骨が薄く、前歯のインプラントにはかなり高度な技術が要求されます。時間が経つにしたがってネジが見えてしまう危険性もあり、前歯についてはインプラントよりブリッジをお勧めする場合もあります。インプラントをお考えなら、そういったリスクもしっかり説明するクリニックを選んでいただきたいですね。

インプラントを行うなら滅菌システムが整ったクリニックで

最後に読者へのメッセージをお願いいたします。

ご自分の歯を大切にしてください。インプラントはブリッジや入れ歯に比べ、高いQOLを獲得できる治療法ではありますが、ご自分の歯で噛めるならそれが一番です。しっかりブラッシングして、定期的に歯科検診を受けてください。
それでも虫歯がひどくなってしまった、歯が抜けてしまった場合にはインプラントを提案することもできますので、お気軽にご相談いただければと思います。

編集部まとめ

インプラントというと、「手術が怖い」「費用が高い」「期間が長い」というイメージが先行する人が多いようですが、きちんとした環境のクリニックで、自分の状態に合った施術を受けられれば、大きな負担なく高いQOLを獲得できるということをわかりやすく説明していただきました。ブリッジなのか、インプラントなのか…。どれが自分に合っているのか悩んでいる方は、ぜひ生熊先生に相談してみてはいかがでしょうか。

医院情報

医療法人社団将会菊名デンタルクリニック

医療法人社団将会菊名デンタルクリニック
所在地 〒222-0011
神奈川県横浜市港北区菊名6-17-1
アクセス JR横浜線・東急東横線 菊名駅より徒歩4分
診療内容 歯科一般 インプラント 小児歯科 矯正歯科 歯周病治療

© 身近でやさしい医療メディア Medical DOC.