1. Medical DOCTOP
  2. インプラントか義歯かブリッジか?それぞれの方法を徹底比較

インプラントか義歯かブリッジか?それぞれの方法を徹底比較


失った歯を補うために、インプラント・義歯など、どの治療方法を選ぶか悩んでいませんか?それぞれ治療の方法も価格もまったく違うので、何を優先すべきか迷いますよね。
そこで、今回はこれらの治療方法について、特徴とメリット・デメリットをご紹介します。本記事を読んで、自分に向いた治療方法を選ぶ際の参考としてください。最終的には、歯科医師と相談して決めることをお忘れなく。インプラント・義歯などの治療方法について、Medical DOC編集部がお届けします。
この記事の監修ドクター:
半澤 栄一 歯科医師 プラザデンタルクリニック 院長


 

歯を失った場合の選択肢:インプラント・義歯・ブリッジ・移植


抜けた永久歯の跡をそのままにしておくと、両隣の歯がだんだん動くことで、歯列を乱してしまうかもしれません。最悪の場合、他の歯が抜けてしまう場合も考えられます。歯の抜けた患部は、何らかの方法で速やかに補う必要があります。そのための方法がインプラント・義歯・ブリッジ・歯の移植なのです。
それぞれの治療方法にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

 

インプラントの特徴

インプラントとは、歯の欠損部分のあごの骨に人工の歯根を埋め込み、セラミックなどで作られた歯を装着することで、空いた空間を補う治療方法です

 

義歯の特徴

部分、あるいは総入れ歯を作成してはめ込む、昔から知られている治療方法です。入れ歯を取り外して洗浄することで清潔さを保ちます。なお、樹脂や金属などさまざまな素材が選択できます。

 

ブリッジの特徴

欠損部の両側の歯を削り、橋のような装置を取り付け、その橋に人工歯を固定する治療方法です。この方法も入れ歯と同様、広く知られています。入れ歯のように取り外しをしなくていい分、毎日のお手入れは比較的楽です。

 

歯の移植の特徴

ここまで説明してきた3つの方法は、すべて人工の歯を使う治療方法です。それに対して歯の移植は、自分自身の歯を失った場所に生着させる治療方法です。生着すれば、天然歯と同じようなメンテナンスですみます。

 

インプラント・義歯・ブリッジ・移植のメリット・デメリット

歯が抜けた時の治療法について、インプラント・義歯・ブリッジ・移植という4つの選択肢があることが分かりましたね。それでは、それぞれのメリット・デメリットを確認していきましょう。

 

インプラントのメリットとデメリット

インプラントのメリットとデメリットを整理すると、次のようにまとめられます。
【メリット】
・健康な他の歯を傷つけずに装着できる
・自分の歯と変わらずに噛むことができる
・自分の歯を削る必要がない
・見た目も良く、ほとんど人工歯とは分からない
【デメリット】
・費用が高い
・本格的な手術が必要
・全身疾患がある場合や顎の骨が痩せている場合、選択できないこともある
自然な仕上がりやしっかりと噛めるという点は、インプラントが選ばれる最大の理由です。天然の歯を取り戻せた感覚になるのではないでしょうか。
対するネックは、やはり費用の高さでしょう。加えて年配者の場合、糖尿病などの全身疾患やあごの骨がやせてしまったことによる不適応も懸念事項になります。

 

義歯のメリットとデメリット

では、義歯のメリットとデメリットはどのようなものでしょうか。
【メリット】
・もっとも安価で保険が適用される
・自分の歯を削る必要がない
・取り外してきれいに洗える
【デメリット】
・4つの選択肢の中でもっとも安定性に欠ける
・違和感があったり固い食べ物が噛みにくかったりする
・見た目が悪い
・発音に問題が出る
多くの人が義歯を選ぶ一番の理由は、やはり保険が適用できて安価に歯を補えるという点でしょう。ただし、手入れをこれまでと同じようにしたい場合や、できる限り元通りにしっかりと噛みたいという場合は、デメリットが大きい選択肢といえます。

 

ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジもよく見られる治療方法です。ブリッジのメリットとデメリットは何なのか、見ていきましょう。
【メリット】
・自由診療でお金をかければ、見た目を良くできる
・材質によっては保険適用もできる
・固定されるので安定感がある
【デメリット】
・健康な歯を削らなくてはならない
・歯の抜けた後の骨が痩せていく
・発音に問題が出る
ブリッジは安定感があり、インプラントより簡単にできる治療方法なのでこちらを選ぶ人もいます。ただ、自分の健康な歯を削りたくないという人もいるようです。

 

歯の移植のメリットとデメリット

歯の移植は自分の歯を使うため、他の治療方法とくらべ、そのメリット・デメリットが大きく異なります。では早速見ていきましょう。
【メリット】
・予後次第では、しっかり生着する
・拒否反応がない
・条件によっては保険を適用できる
【デメリット】
・移植できる条件に合う歯と移植先の歯ぐきの状態の両方が合致しないと移植できない
歯の移植は、適用できる条件が限られる一方、可能であればかなり有効な治療方法です。

 

4つの治療方法にそれぞれ向いている人

それぞれの治療法について、メリット・デメリットが整理できました。それでは、各治療方法に向いている人はどんな人なのかをご紹介します。

 

インプラントに向いている人

インプラントに向いている人は、予算に比較的余裕があり、しっかりと安定した歯を取り戻したいと考えている人です。歯のあった部分の骨が痩せていないことを条件とするものの、今はあごの骨を再建する治療方法もあります。自分がインプラント治療を受けられるのかどうかについては、歯医者さんに相談してみてください。
インプラントは高額な治療方法なので、無料カウンセリングを受け付けている歯科医院がほとんどです。無料カウンセリングをうまく活用しましょう。

 

義歯に向いている人

できる限り安価に治療を受けたい人や、あごの骨が痩せてしまっていてインプラントに適さない人は、義歯がおすすめです。また、将来、高齢によって外出が難しくなった場合に備え、セルフメンテナンスの簡便な入れ歯を選択する考え方もあります。

 

ブリッジに向いている人

ブリッジに向いている人は、保険適用で安価に治療を受けたいけれど、ある程度しっかりと噛めるようにもしたいと望んでいる人です。

 

歯の移植に向いている人

歯の移植に向いている人は、移植するのに適した歯があり、移植先の状態も整っている人です。また、補いたい歯の本数が1本2本と少ない人に適しています。

 

インプラントか義歯か…自分に適した方法を見極めることが重要

歯を失った後の治療方法として選択できる4つの治療方法について、その特徴とメリット・デメリット、その治療方法に向いている人をまとめました。
インプラントはお金がかかりますが、安定した噛む力を取り戻せる治療方法です。義歯やブリッジは保険適用も可能で、ある程度の噛む力を安価に補えます。歯の移植は、条件さえ合えばインプラントよりも噛む力が取り戻せる可能性のある治療方法です。
あごの骨に問題がなく、資金的な余裕があり、元のように噛む力を取り戻したいとお考えの方は、インプラントがおすすめです。あごの骨が痩せている場合や、安価に抜けた歯を補いたい場合は義歯やブリッジが候補となります。
どの治療方法も一長一短がありますので、自分に合った治療方法を選択して、歯の健康を保ちましょう。

半澤 栄一 歯科医師 プラザデンタルクリニック 院長監修ドクターのコメント
部分欠損補綴に関して、一般論的に3つの方法について比較検討しましたが、患者様の状況(局所・全身を含めた身体的、精神的、経済的など)によって、治療方法は変わります。必ずしもインプラントありきではありません。患者様の条件が合えば、インプラントによる治療が優れているということです。
 
監修ドクター:半澤 栄一 歯科医師 プラザデンタルクリニック 院長



 

インプラント・義歯でおすすめの歯医者さん 関東編


 

プラザデンタルクリニック

出典:http://plaza-dental.jp/

電話番号 046-821-2501
住所 神奈川県横須賀市本町2-1-12 ショッパーズプラザ5F
アクセス JR横須賀線 横須賀駅 徒歩8分
京急線 汐入駅 徒歩3分
診療時間 【月〜土】10:00~13:30/15:00~19:00
【日】10:00~14:00
休診日 祝日
URL http://plaza-dental.jp/


 

この記事の監修ドクター

© 身近でやさしい医療メディア Medical DOC.