1. Medical DOCTOP
  2. 麦粒腫(ものもらい)の症状・原因・治療方法とは?

麦粒腫(ものもらい)の症状・原因・治療方法とは?

麦粒腫(読み方:ばくりゅうしゅ、別名:ものもらい)とはどんな病気なのでしょうか?その原因や、主にみられる症状、一般的な治療方法などについて、医療機関や学会が発信している情報と、専門家であるドクターのコメントをまじえつつ、Medical DOC編集部よりお届けします。

この記事の監修ドクター:
水谷泰之 医師(みずのや眼科 院長)

麦粒腫(ものもらい)とは

ものもらいとは、まぶたにある脂や汗を出す腺に細菌が感染して起こる急性の化膿性炎症のことです。地域によっては「めばちこ」、「めいぼ」などともいわれますが、学術的には「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」といいます。
引用:参天製薬
https://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/library/hordeolum/

水谷泰之 医師 みずのや眼科 院長監修ドクターのコメント
麦粒腫は自然に治ることが多いですが、悪化すると膿がたまったりして針などを使って処置しなければいけなくなる病気です。できるだけ症状が悪くなる前に病院を受診して治療をしてもらいたいです。そうすれば処置などを行わずとも、目薬だけで治すことができますので、小さなお子さまなどが麦粒腫にかかってしまった場合でも簡単に治療することができます。まぶたが腫れて赤くなり痛みを感じるようでしたら、受診して早めに治療を行うことをオススメいたします。

麦粒腫(ものもらい)の症状

まぶたの一部が赤く腫れ、まばたきをしたり指で押したりすると痛みがあります。患部が広がると、まぶた全体が腫れ、目やにが出ます。また、目がかゆい、目が赤い、目がゴロゴロするなどの症状もみられます。
数日で皮下にうみがあらわれ、放置すると皮膚が破れてうみが出ます。うみが出ると治ることが多いのですが、重症化することもあります。

引用:参天製薬
https://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/library/hordeolum/

麦粒腫(ものもらい)の原因

原因菌の多くは黄色ブドウ球菌です。黄色ブドウ球菌は、化膿した傷に存在することが多いのですが、健康な人ののどや鼻、皮膚、手指、毛髪、腸管などにも分布しています。感染力が弱く、感染する危険は大きくありませんが、目にケガをしたときや病気などで身体の抵抗力が落ちたときに目をこすったりすると、ものもらいができることがあります。
引用:参天製薬
https://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/library/hordeolum/index2.jsp

水谷泰之 医師 みずのや眼科 院長ドクターの解説
麦粒腫はもともとは感染症で、分泌腺にばい菌が入り引き起こす病気なので、不潔な状態で発症してしまいます。しかし外部からばい菌が目の中に入ってくるというわけではなく、もともと目の中に住みついている常在菌が悪さをすることにより麦粒腫ができてしまうのです。その原因として、疲れがたまっていたりすると発症しやすくなります。年齢としては若年層の発症率が高く、中高生の患者が多いです。特に中高生の麦粒腫の患者が多くなるのが長期休暇で、夜更かしなどをして生活のリズムが崩れてしまうことが原因なのではないか?と考えています。あとはコンタクトレンズを使用していて、2ウィークなどの使い捨てではないものを使っている方。使い捨てのワンデーのコンタクトレンズですと、あまり汚れるといったことはないと思いますが、やはり使い捨てではないものだと清潔度はかけてしまいますので、それが原因となる場合がありますので、コンタクトレンズも毎日清潔にして正しく扱ってもらうことが大切になります。

麦粒腫(ものもらい)の治療方法

ものもらいの治療では、主に黄色ブドウ球菌を殺菌できる抗菌点眼薬や抗菌眼軟膏が用いられます。症状が重い場合は抗菌内服薬を用いる場合があります。治療が適切な場合は、約1~2週間で完治します。

引用:参天製薬
https://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/library/hordeolum/index3.jsp

症状が重い場合は、小さな切開を行い、うみを排出させることがあります。

引用:参天製薬
https://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/library/hordeolum/index3.jsp

水谷泰之 医師 みずのや眼科 院長監修ドクターのコメント
麦粒腫は治療せず放置しておいても治っていく場合もありますが、軽い症状ですと目薬などの簡単な点眼で完治します。しかし、症状が悪化して膿などがたまっている場合は針などで膿を取り除く処置をしなければいけません。麦粒腫ができてしまうと、つい気になってしこりを触ってしまうということがあるかもしれませんが、触ることによって悪化してしまいます。変な刺激を与えないようにしたほうが治りが早くなることはたしかです。どうしても気になるという方は眼帯などをつけることをオススメします。麦粒腫にならないようにするには、とにかく目や目の周りを清潔にすることが大切と言えます。毎日お風呂に入って顔を洗って目の周りなどをきちんと洗うことが大事です。女性は化粧などをするので、特に入念に目の周りを清潔にすることを心がけましょう。洗い方としては、目の周りを優しくマッサージするようにしっかり洗い、きちんと清潔にすることが一番の予防になります。あとは、不規則な生活を送ったりしていると麦粒腫ができてしまうことがあるので、生活のリズムを整えて規則正しい生活を送ることが大切になります。


この記事の監修ドクター

PROFILE

外科医である父の背中を見て育った私は、器用な手先を活かし顕微鏡手術のスペシャリストを目指したいという思いから、眼科医の道を選びました。大学病院や総合病院で実績を積み上げた後、長年在籍した大阪医科大学眼科学教室、最後の勤務先となった高槻病院の近くで開業させていただきました。
『町の眼医者』として患者様に向き合う上では、「患者様が本当に望んでいることは何か」を正確に把握することがもっとも大切だと感じています。症状やデータだけではなく患者様の思いや希望をしっかりと受け止めた上で、一緒に治療計画を立てるように心がけています。
また当院は近隣の大学病院や総合病院と協力・連携しながら、安全で質の高い眼科医療を提供しています。小さいながらも、設備や治療機器は最新のものを取りそろえています。患者様に心から納得のいく治療を受けていただける眼科医院であり続けるため、これからも院長をはじめスタッフ一同切磋琢磨して参ります。