1. Medical DOCTOP
  2. 老眼は手術で治せるってホント?

老眼は手術で治せるってホント?

ピントの調節機能が衰えてくる「老眼」。とくに手元の物を見ることに不便を感じるケースが多いのではないだろうか。そうなると、「老眼の手術」とは「意図的な近視を作る手術」にほかならない。かえって、遠方が見えにくくなることも考えられる。さまざまに湧く疑問を、山本眼科の山本先生へ伺った。

山本 篤志(やまもと・あつし)

監修医師
山本 篤志(山本眼科 院長)

日本大学医学部卒業。2016年より、父親が院長を務める山本眼科の副院長に就任。「見え方の満足」を診療理念とし、白内障手術に力を入れている。日本大学病院兼任講師。日本眼科学会専門医、眼科PDT認定医。


 

多彩な選択肢がある老眼手術

老眼は手術による治療が可能なのでしょうか?

山本 篤志(やまもと・あつし)

山本先生

可能です。レーシックで角膜を調節したり、眼内レンズを埋め込んだり、いろいろな方法があります。いずれにしても、考え方としては「近視にする手術」です。したがって、両目に施すと、遠くが見えにくくなるでしょう。そこで、片方の目だけを施術する方法も用意されています。

目の左右で見え方が異なりませんか?

山本 篤志(やまもと・あつし)

山本先生

そうなりますが、脳はよく見えるほうの目を優先して処理してくれます。意識しなくても、目の切り替えをおこなってくれるのです。もちろん、慣れない方もいらっしゃいますし、両眼視での遠近感が弱くなることも起こりえます。もし不安なら、遠近両用の眼内レンズもありますよ。

遠近両用のレンズを、両目に挿入するのですね?

山本 篤志(やまもと・あつし)

山本先生

片目でも両目でも可能です。ただし、コントラストがややぼやける傾向にあります。また、角膜を切って、その中に「インレー」というドーナッツ状の円板を入れる方法もあります。遠近両方の視野を得られるものの、ドーナッツの部分が光の一部を遮ってしまうため、暗い場所では不便かもしれません。


 

白内障予防としての老眼手術

老眼の手術を受ける場合、費用はどの程度かかるのでしょう?

山本 篤志(やまもと・あつし)

山本先生

老眼レーシック手術の場合20万円から40万円といったところでしょう。老眼治療用の眼内レンズを用いた白内障手術の場合で35万円から80万円台と少し幅があります。こちらの場合は老眼も直し、さらには白内障の予防手術という側面もあります。老眼は白内障の始まりとも言えるからです。老眼が出ているということは、いずれ白内障になる可能性もあるということ。であれば、いまのうちに予防しておこうという考え方です。

老眼は白内障の始まりなのですか?

山本 篤志(やまもと・あつし)

山本先生

正確を期すなら、「両者の関連性が高い」という言い方になるでしょうか。老眼とは、目のピントを調節する「水晶体」が硬くなった状態です。硬化とともに白く濁ってくることは、比較的多く起こりえます。もちろん、前後する可能性もあります。

そう聞くと、早期の手術が魅力的に感じます

山本 篤志(やまもと・あつし)

山本先生

それに、白内障の程度によっては、保険が適用できる場合もあります。眼内レンズで多少の違和感があるとしても、もともと白内障なら、結果として術前よりも良く見えるようになるでしょう。「単焦点レンズなら片目を近視に合わせ、遠近両用レンズなら両目」。そうすることにより老眼を治療することができます。白内障が出てきたら、この方法をもっとも推奨します。

白内障と老眼を、早い段階から予防するわけですね?

山本 篤志(やまもと・あつし)

山本先生

そのとおりです。効果は、そのまま一生続きます。また、遠視や近視への対応も可能です。白内障の予防に加え、老眼鏡を含めたメガネが不要になるのです。ぜひ、検討してみてください。


 

手術が受けられない人、怖くて前向きになれない人

老眼の手術を受けられない人はいますか?

山本 篤志(やまもと・あつし)

山本先生

既往歴によりますね。例えば網膜剥離の経験があると手術を受けられない場合も考えられます。また、眼内レンズでは、角膜の形状や厚さが問われます。眼科医院で検査を受けていただければ、適応がはっきりします。

手術が怖いという方に、何かメッセージを

山本 篤志(やまもと・あつし)

山本先生

まず、痛さについては、点眼麻酔を用いますので、「ほぼない」と言っていいでしょう。術中の見え方は、「まぶしい視野の中で何かが動いている」程度。目の内側にはピントが来ませんから、ボヤけて見えるはずです。眼科医からしたら、歯科医院や一般外科での手術のほうが怖いですよね。どうしてもということなら、全身麻酔を検討します。

老眼鏡についてどう思われますか?

山本 篤志(やまもと・あつし)

山本先生

老眼は、ピントの調節機能が時間をかけて失われてくる病気です。段階的に進みますので、その都度、老眼鏡を作りかえる必要があるでしょう。なくしたときや割れてしまったときの不便さもあります。そのうえで老眼鏡を選択するかどうかは、みなさんの判断です。老眼鏡を「悪い」と言うつもりはまったくありません。


 

編集部まとめ

老眼は、それまでメガネと無縁だった人にとって、生活環境を一変する出来事です。老眼鏡がないと、スマホや本などの文字がぼやけてしまいます。ほかにも写真・ラベル類・新聞・冷凍食品の解凍時間を見るときなど、いかに視力へ頼っていたかが再認識されるでしょう。かつての裸眼の状態へ戻るのか、それともメガネと新しい生活を送るのか、納得がいくまで検討してみてください。

 

 


 

医院情報

山本眼科医院
電話番号 0463-31-1156
住所 神奈川県平塚市立野町40-10 YAMAメディカルパーク3F
アクセス 「平塚駅(JR東海道本線)」北口から、バスで2つ目「追分(おいわけ)」で下車。徒歩3分
診療科目 眼科
URL http://www.yamamoto-ganka.or.jp/index.html

© Medical DOC.