1. Medical DOCTOP
  2. 慢性腰痛を治すには、まず何をして、それからどこへ行けばいい?

慢性腰痛を治すには、まず何をして、それからどこへ行けばいい?

なかなか治らない慢性的な腰痛に対し、私たちは、どう立ち向かえばいいのだろう。誰でも簡単に自宅でできる方法から、医療機関の選び方や注意点まで、「shinjukuの鍼灸整骨院」の柔道整復師、鈴木謙士先生に伺った。

shinjukuの鍼灸整骨院監修柔道整復師
鈴木 謙士(shinjukuの鍼灸整骨院 院長)

1987年2月生まれ 神奈川県出身、神奈川柔道整復専門学校卒業。専門学校在学時より、整骨院に勤務。高校時代にテニス部に所属し、チームメイトの怪我に対して何か出来ないかとテーピングに興味を持ち、この道を目指す。


 

意外と使える「携帯用カイロ」

shinjukuの鍼灸整骨院

編集部慢性の腰痛には、まず何をすればいいのですか?
鈴木謙士先生鈴木先生あくまで一時的な処置ですが、腰を温めるといいでしょう。温シップのほか、携帯用カイロも有効です。温まったことにより血流が良くなりますから、痛みの元となる物質や疲労物質などを、より流し出してくれるでしょう。
編集部温シップやカイロは、一時的な措置なのですね?
鈴木謙士先生鈴木先生はい。腰痛の根本原因にアプローチしていないからです。本当に改善したかったら、専門家へ相談すべきでしょう。ちなみに冷シップは、突き指や打撲といった突然のゲガに有効で、慢性の腰痛にはお勧めしません。


 

腰痛の受診先を選ぶ目安

編集部専門家といっても、整形外科医院、整骨院、リラクゼーションサロンなどたくさんあります
鈴木謙士先生鈴木先生間違いないのは、医師のいる整形外科医院でしょう。ただし、厚生労働省の資料にあるとおり、腰痛の85%は原因不明とされています。したがって、腰痛の根本原因にアプローチできる確率は、たった15%の方ということになります。

shinjukuの鍼灸整骨院

編集部残り8割以上の人は、どうすればいいのでしょう?
鈴木謙士先生鈴木先生例えばですが、私たちの整骨院グループでは、原因不明のジレンマに陥るより、「どうなりたいか」を追求しています。「楽に寝起きできるようになりたい」「昔のように山登りができるようになりたい」といった具合です。その目的が達成できる範囲で、腰の痛みを軽減していきます。
編集部目的が違うのですね、ちなみに整形外科医院と整骨院は、何が違うのでしょう?
鈴木謙士先生鈴木先生ともに国家資格者が在籍しているものの、その中身が違います。整形外科医院は医師免許整骨院は柔道整復師です。厳密な意味で治療できるのは医師だけ。私たち柔道整復師は、症状の緩和を図ります。また、当グループでは、インナーマッスルのトレーニングを重視しています。その目的は、腰痛になりにくい体作りです。
編集部リラクゼーションサロンについては、どう思われますか?
鈴木謙士先生鈴木先生「痛みを一時的にでも緩和したい」「とりあえず目の前のつらさから解放されたい」というのであれば、利用してみてもいいのではないでしょうか。ただし、国家資格者が在籍しているとは限りません。
編集部何を求めるかで、使い分けが必要になりそうですね?
鈴木謙士先生鈴木先生個人的な一つの案としてお伝えします。医学的根拠のある治療を受けたいなら、整形外科医院。医師でも原因がわからない場合、安全に症状の改善を図りたい、または痛みのでない身体づくりをしたいなら整骨院。とりあえず楽になりたいのならリラクゼーションサロン。そんな使い分けになるでしょうか。


 

痛いほど効くとも限らない、手技の強さについて

shinjukuの鍼灸整骨院

編集部いわゆる「痛気持ちいい」という感覚について、どう思われますか?
鈴木謙士先生鈴木先生お風呂と同じようなものではないでしょうか。よく、熱めのお湯を好まれる方っていますよね。ただし、あまりに熱いと、体へのストレスがたまります。やはり、もっとも効果的で気持ちいいのは、ポカポカしてくるぬるめのお湯です。
編集部手技でも、あまり強すぎないほうがいいと
鈴木謙士先生鈴木先生はい。ご本人が考えているより「少し弱い」くらいがちょうどいいと言われています。手技やマッサージの調整は言えばできますので、「あまり強くしなくていいですよ」などと注文してみてはいかがでしょうか。
編集部先生のところで、施術者の指名はできるのですか?
鈴木謙士先生鈴木先生できます。施術方針についてはグループ間で統一しているものの、やはり合う先生と、合わない先生の差が出ますよね。ちょうどいい具合の先生に出会えたら、ぜひ、ご指名ください。もちろん、指名料などはいただいていません。


 

編集部まとめ

今回のインタビューによって、整形外科医院、整骨院、リラクゼーションサロンの違いや役割分担などが良くわかりました。長く続いている腰痛には、温めることが一番。その後に、鈴木先生のアドバイスを参考にしつつ、「自分が何を求め、どうしたいのか」というゴールを決めていきましょう。腰痛への向き合い方は百人百様、他人と同じである必要はありません。

 

院情報

shinjukuの鍼灸整骨院
shinjukuの鍼灸整骨院
電話番号 03-5937-5405
定休日 日曜日
住所 東京都新宿区西新宿8-14-17アルテール新宿101
アクセス 「西新宿駅」徒歩3分
URL https://egao-do.com/shinjuku/

© 身近でやさしい医療メディア Medical DOC.