痛くない虫歯の治療?レーザー治療の基礎知識まとめ

虫歯の治療というとドリルで削り、痛い思いをするというのが一般的に思われていることなのではないでしょうか。実は最近の虫歯治療ではドリルで削る部分を小さくし、レーザーを使って虫歯の除去を行う治療が浸透し、非常に多くの歯科医院でレーザーを使った治療が導入されているのです。

虫歯のレーザー治療についてMedical DOC編集部がお届けいたします。

この記事の監修歯科医師
齋藤 裕史 (北大塚歯科医院 院長)

虫歯の基礎知識

虫歯の原因はお口の細菌

そもそも虫歯というのはお口の中の細菌が原因となって起こる疾患で、歯にこびりついているプラークという汚れの中に住み着くミュータンス菌が引き起こす疾患として知られています。虫歯の原因菌となるミュータンス菌は糖分を吸収することで酸を作り出し、歯を溶かしてしまうので、非常に注意が必要です。

虫歯の原因菌はブラッシングにより除去できるので、お口の状態が悪いと感じた時にはブラッシングで汚れを落とす事が何よりも重要な予防手段になります。虫歯になってしまうと歯の表面のエナメル質が溶かされてしまい、やがて歯の内部に虫歯が広がるのですが、歯の内部にまで虫歯が広がってしまうと最終的にかなり強い痛みを感じます。

特にエナメル質の下の象牙質にまで虫歯が広がると治療にも痛みを伴うので、治療の時にレーザーなどの痛みが少ない治療手段を使うか、麻酔を打ってから治療を受ける必要が出てきてしまうのです。

虫歯が進行するとこんな症状が

虫歯が進行すると症状が徐々に変化していきます。まず、虫歯はC0と呼ばれるエナメル質がわずかに溶け始めた段階から進行し、やがてC1というエナメル質の形が変化するほど虫歯が進行してしまった段階に到達します。

治療を受ける事で虫歯は改善できるのですが、エナメル質には神経が通っていないので、痛みも起こらず、ほとんどの場合にはこのままC2と呼ばれる象牙質の部分にまで虫歯が進行してしまいます。象牙質の虫歯は痛みを感じはじめる段階で、甘いものが歯にしみたり、温度が冷たいものが触れたりすると歯に痛みを感じてしまう事があります。

虫歯がさらに進行するのがC3と呼ばれる段階で、歯の内部の歯髄にまで炎症が広がってしまい、非常に強い痛みが起こってくるのが特徴です。歯髄の部分は硬い歯で覆われており、内部に膿が溜まってしまうと残った神経などを圧迫してしまうので、痛みが強く日常生活にも大きな支障をきたしてしまいます。

虫歯はこのまま進行していくとやがてC4という歯のお口の中に見えている部分が全て溶かされてしまったような状態になり、顎全体に腫れが出るほど強い炎症が起こる事があります。この段階になると治療をして歯を残すのではなく、抜歯によって歯を除去する事が一般的な治療の選択肢になってきます。

虫歯の治療は虫歯の除去

虫歯の治療を行うときの基本は虫歯の除去です。虫歯の細菌は黒い色素を作り出すので、虫歯になった部分は黒く変色していて、簡単に除去できるようになっています。

このような状態になった虫歯の組織を完全に除去するときにはタービンという高速で回転する治療器具や、エンジンというドリルを使って虫歯を除去する他に、レーザーで虫歯を綺麗に取り除くというのが一般的な治療手段になっています。

虫歯を取り除いた後にはレジンという樹脂を使って歯の形を再建し、見た目もほとんど元どおりに戻す事ができます。噛むのにも十分な強さのレジンを使うので、生活にも支障をきたすことはありません。虫歯の治療自体は短時間で終了するので、しっかりと治療を受け、綺麗に歯を回復させるのが何よりも重要なのです。

虫歯は決して独力では治らない

虫歯の治療を受ける上で注意したいのが、虫歯は決して独力では治らないということです。虫歯の部分には免疫を担う細胞が入る事ができず、歯が溶け始めてしまうと独力ではほぼ治りません。このため、虫歯になったと発覚したらすぐに虫歯が進行しないように処置をしなくてはいけません。

虫歯の症状自体は目立たないものでも、内部では徐々に虫歯が進展していきます。放置をする事なく、虫歯だと発覚したときには治療を受けるように心がけておきましょう。

虫歯のレーザー治療

治療に用いるレーザー

最近になり虫歯の治療でドリルでなく、レーザーを使った治療が始まっています。レーザー治療は単一の波長の光を集めたレーザー光を使った治療で、虫歯で悪くなった部分を熱によって分解する治療法です。治療に用いるレーザーはYAGレーザーというレーザーを使う事が多く、レーザー光によって発生する熱を水で冷却しながら治療を行います。

この他にも最近ではYSGGレーザーというレーザーを使う事が多く、こちらも痛みが非常に小さいレーザーとして知られています。虫歯以外にも歯石の除去などに利用できるので現在多くの歯科医院で利用されているレーザーです。

虫歯のレーザー治療の特徴

虫歯用のレーザーはレーザー光が発する熱によって虫歯を蒸発させ、虫歯の組織だけを除去する事ができるので、治療によるダメージを最小限に抑える事ができます。ドリルで削るような不快な感覚もないので治療による不安感も軽減できますし、何よりも麻酔をしなくても良いほど痛みが弱い治療法です。

ドリルを使った治療に比べると時間がかかる傾向があるのですが、そのぶん不快感が少ないので、虫歯の治療に不安を感じる方はこちらを検討してみるのが一番いいかもしれません。

レーザー治療ができない場合

レーザーの治療は虫歯を除去する治療には向いているのですが、クラウンやブリッジを使った治療をするときにはあまり適していません。クラウンやブリッジは非常に精密に削る必要があり、レーザーでは表面の滑らかさや、クラウン・ブリッジを作るのに十分な削り方を再現する事ができないのです。虫歯が非常に大きくなっているときにはレーザーを使った治療ではなく、通常の歯科治療が必要になります。

虫歯でも利用できる場合が限られているので、しっかりと歯医者と相談しながら治療手段を決定するのが重要なのです。

不快感の少ないレーザー治療のすすめ

虫歯の歯科治療はかつてのドリルによる治療からさらに進化し、現在では多くの歯医者でレーザー治療が用いられています。レーザー治療は麻酔をしなくてもほとんど痛みを感じない治療で、不快感の少ない治療を受ける事ができます。

虫歯を治療するときには様々な治療方針があるので、一概にレーザーがすべての治療をカバーできるというわけではありません。これから治療を進めるときに痛みの少ない治療や、虫歯を除去した後にレジンという樹脂を詰める治療を検討されている方はレーザーを利用してみると不快な不安感の無い治療を受ける事ができるはずです。

虫歯のレーザー治療についての知識を正しく身につけ、しっかりと納得のいく治療を得られるように心がけておきましょう。

齋藤 裕史 歯科医師 北大塚歯科医院 院長監修ドクターのコメント
虫歯は自然には治らないが、食生活や歯磨きの改善で再発を防ぐことはできますので、再発を防ぐための生活習慣の改善は指導しております。
記事にある「虫歯のレーザー治療」については当院での取り扱いはありませんが、記事を読んで興味を持たれた方は、ぜひかかりつけの歯科医院やお近くの歯科医院で対応できるかお尋ねになり、納得のいく治療方法についてご相談してみてください。

 
監修ドクター:齋藤 裕史 歯科医師 北大塚歯科医院 院長

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編

北大塚歯科医院

出典:http://www.kitaotsuka-dc.com/

電話番号 0120-797-108
住所 東京都豊島区北大塚3-30-8 ロータス北大塚 1F
アクセス JR山手線 大塚駅 徒歩8分
都営都電荒川線 大塚駅 徒歩8分
診療時間 【平日】10:00~13:00/14:00~19:00
【土曜】10:00~13:00/14:00~17:00
休診日 火曜日・日曜日・祝日
URL http://www.kitaotsuka-dc.com/

この記事の監修ドクター