軽度の眼瞼下垂(がんけんかすい)は治療した方がいいですか?

公開日:2021/06/12  更新日:2021/06/11
芸能人が手術をしたという話を耳にすることも多い疾患である「眼瞼下垂」。最近では一般的な疾患で、治療をしたという人も多いようですが、どの程度の症状になったら治療をするべきなのでしょうか。軽いうちから心配した方がいいのかも気になります。「伊勢ノ海眼科」の伊勢ノ海先生に、眼瞼下垂について教えていただきました。
伊勢ノ海 一之

監修医師
伊勢ノ海 一之(伊勢ノ海眼科 院長)

プロフィールをもっと見る

聖マリアンナ医科大学医学部卒業。聖マリアンナ医科大学大学院を卒業後、板橋中央総合病院眼科部長、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院眼科医長、川崎市立多摩病院眼科医長として緑内障、眼科手術を中心に研究や臨床経験を積む。その後、2013年、神奈川県横浜市に「伊勢ノ海眼科」を開院。豊富な臨床経験をもとに、患者さんとのコミュニケーションを大切に、地域医療にたずさわっている。医学博士。日本眼科学会眼科専門医。聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院眼科非常勤医師、横浜市瀬谷区医師会理事、瀬谷区各小学校学校医。

眼瞼下垂は先天性と後天性の可能性が考えられる

眼瞼下垂は先天性と後天性の可能性が考えられる

編集部編集部

まず、眼瞼下垂とはどのような疾患ですか?

伊勢ノ海 一之伊勢ノ海先生

眼瞼下垂は、なんらかの理由で上まぶたが垂れ下がり、上がりづらくなる疾患です。進行するとまぶたが瞳孔まで覆って視野が狭くなったり、整容的にも影響が出たりします。

編集部編集部

なにが原因で、眼瞼下垂は起こるのでしょうか?

伊勢ノ海 一之伊勢ノ海先生

原因として、まず先天性と後天性が挙げられます。先天性は、生まれつき上まぶたが垂れ下がっている状態ですが、瞳孔を覆う場合は視力の成長が妨げられ「弱視」になる可能があります。早めに眼科に受診することをおすすめします。

編集部編集部

もう一方、後天性の場合は?

伊勢ノ海 一之伊勢ノ海先生

後天性は、問題なく開いていたまぶたが、徐々にもしくは突然に垂れ下がる状態です。多くは加齢に伴うものですが、ハードコンタクトレンズの長期使用動眼神経麻痺重症筋無力症などで発症することもあります。

編集部編集部

とくに加齢とハードコンタクトレンズが身近ですが、なにが問題なのでしょうか?

伊勢ノ海 一之伊勢ノ海先生

加齢が原因の場合は、まぶたを上げる筋肉(上眼瞼挙筋)とつながる腱膜が、伸びたり薄くなったりするのが原因です。また、まぶたの皮膚のたるみが、眼瞼下垂のように見える場合もあります。ハードコンタクトレンズによる場合は、コンタクトの脱着時に上まぶたを持ち上げる習慣や長期使用が原因で、腱膜が緩んでしまうと考えられています。

視野障害や頭痛が起こり始めたら治療の検討を

視野障害や頭痛が起こり始めたら治療の検討を

編集部編集部

眼瞼下垂による症状として、どのようなことが考えられますか?

伊勢ノ海 一之伊勢ノ海先生

上まぶたが瞳孔を覆うようになると、見づらかったり視野が狭く感じたりします。また、まぶたの挙上をカバーしようとして、おでこの筋肉(前頭筋)を頑張って使っていたり顎をあげていたりするので、頭痛や肩こりの原因となる場合があります。ほかにも、目がパッチリしていないなど、整容的に気にされる人もいらっしゃいます。

編集部編集部

なるほど。どのような場合に、検査や治療が必要なのか教えてください。

伊勢ノ海 一之伊勢ノ海先生

まぶたが下がり、見づらくなったり視界が狭くなったり感じることで、生活に支障が出るようでしたら手術治療を考えた方がよいでしょう。眼瞼下垂があって頭痛や肩こりがひどくなる場合は、まず眼瞼下垂がその症状の原因かどうかを病院で調べた方がよいと思います。お子さん場合は、視機能発達の妨げになる恐れがあります。眼科できちんと検査を受けていただくことが大切です。また、急に症状が出る場合は、動眼神経麻痺などの神経麻痺の可能があります。脳梗塞や脳動脈瘤などがないか頭蓋内の画像検査が必要なので、早めに病院に受診してください。重症筋無力症の場合は、筋肉の検査や血液検査で診断します。

編集部編集部

どのように眼瞼下垂の治療をするのでしょうか?

伊勢ノ海 一之伊勢ノ海先生

まぶたを上げる筋肉やそれにつながる腱膜に対して手術をおこないます。眼瞼下垂が重度の場合は、おでこの筋肉の動きを利用してまぶたを上げる手術(前頭筋吊り上げ術)をおこなう場合があります。いくつかの術式がありますので、下垂の程度や筋肉の機能によって適切な術式を選択します。術式にもよりますが、多くは日帰りや短期入院で済みます。術後は1〜2週間ほど腫れることがあります。また、整容目的で手術をおこなう人は、医師とよくコミュニケーションを取り、手術後の状態と自分のイメージに乖離がないかを把握することが大切だと思います。

日常からまぶたを大切にする

日常からまぶたを大切にする

編集部編集部

眼瞼下垂を予防するために、日常生活でできることはありますか?

伊勢ノ海 一之伊勢ノ海先生

まぶたを強くこするクセがある人は気をつけた方がいいでしょう。また、ハードコンタクトレンズの長期使用が原因の場合もあるので、眼瞼下垂の自覚がある人は、眼鏡やソフトコンタクトレンズへの変更などを検討してもいいと思います。

編集部編集部

最後に、読者へのメッセージがあれば。

伊勢ノ海 一之伊勢ノ海先生

ご高齢者の増加に伴い、眼瞼下垂で悩む人は増えてきています。同時に、眼瞼下垂の手術治療をおこなう医師も、以前より増えてきている印象です。患者さんや手術が増えたことで、手術に対する理解がより深まり、以前より手術が洗練されてきています。また、急に下垂した場合は、頭蓋内疾患の可能性もあります。まずは、眼科もしくは形成外科の先生に相談してみることを推奨します。

編集部まとめ

眼瞼下垂が原因で、視野が狭くなったり頭痛や肩こりなどの症状が出たりすることがあります。その場合は、治療をおこなった方がよさそうです。また、目をこすらないなど、日常からできる予防策もあるので、心配な人は取り入れてみるといいかもしれません。

医院情報

伊勢ノ海眼科

伊勢ノ海眼科
所在地 〒132-0014 神奈川県横浜市瀬谷4-5-10 リアン瀬谷2F
アクセス 相鉄線「瀬谷駅」 徒歩1分
診療科目 眼科