拡大鏡とは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/09/28

拡大鏡とは

拡大鏡とは、歯科診療で使用されるルーペの一種です。2倍、3倍、5倍、8倍など、倍率によって口腔内を大きく見ることができるので、裸眼では目視できないような部分まで細かな診断や治療に役立ちます。拡大鏡にはライトを付けられるタイプもあり、奥歯など暗く見えにくい部位には非常に便利です。アメリカのGSC社が開発した「サージテル」と呼ばれる機種は、歯科で使用される拡大鏡の中でも最もシェア率が高いです。

メリット

・肉眼より歯や歯茎の詳細が見えやすいため、正確な診査診断と治療を行うことが出来る
・繊細な作業によって、患者さんの痛みや負担の軽減につながる
・医師など使用している人の身体的負担を軽減できる

デメリット/副作用

・マイクロスコープに比べ、高倍率になるとブレやすくなるため、慣れていないと使いにくい場合がある

治療期間

拡大鏡は、装着や取り外しも簡単で、必要な処置に応じて使用されます。特に医師が診察や治療を行う際に使用したり、歯科衛生士がクリーニングを行う際などに使用したりすることが多いです。

費用相場

拡大鏡は多くの歯科クリニックで取り入れられている一般的な機器です。拡大鏡を導入しているか否かで、患者の治療費に影響を与えることはないことがほとんどです。

注意点

治療期間や費用は、医療機関や治療内容などによって大きく異なる場合があります。