歯列矯正(歯科矯正)治療とは

公開日:2021/01/06  更新日:2021/09/16
矯正歯科学会認定医アイキャッチ

歯列矯正治療とは

悪い歯並びやかみ合わせ(不正咬合)を、装置を使って歯を動かすことで改善する治療です。主に表側(唇側)にワイヤーとブラケットを装着する方法、裏側(舌側)にワイヤーとブラケットを装着する方法、透明で薄いマウスピースを装着する方法の3種類があります。

メリット

・口元の見た目を改善することができる
・歯磨きなどメンテナンスがしやすくなり、口臭、むし歯、歯周病になるリスクを減らすことができる
・かみ合わせが改善されることで、効率的にものを噛むことができるようになる
・小児期から開始すると、あごの成長発育を見ながら咬み合わせをつくることができる

デメリット/副作用

・基本的に自由診療のため治療費の自己負担が大きく、医院によりバラツキがある
・治療中に痛みをともなう可能性がある
・治療内容によっては治療期間が数ヶ月から年単位でかかる
・歯を動かすだけでなく、骨を切ってあご全体を動かさないといけない場合がある
・装置を付けている間は歯磨きがしづらくなり、むし歯や歯肉炎などにかかりやすくなる
・金属アレルギーがある方には使える素材が限られる(マウスピース矯正、セラミックなど)
・装置により口腔内を傷つけ、口内炎などがおきる可能性がある
・スペースを作るために歯を削ったり、抜歯が必要な場合がある
・担当する先生によって、矯正の方法が異なる
・顎関節症(カクッ、ジャリジャリと音がする、痛みがある)が起きる可能性がある

治療期間

子どもで1~5年程度、大人で1~3年程度

費用相場

表側矯正:50~120万円程度
裏側矯正:60~150万円程度
マウスピース矯正:60~100万円程度

※費用は全顎の矯正治療が前提
※治療期間や費用は治療の手法や素材によって大きく異なる場合があります。