【2021年】東京都の斜視治療♪おすすめしたい6医院(1/2ページ)

公開日:2021/02/01

東京都で評判の斜視治療対応クリニックをお探しですか?
東京都には、日本眼科学会認定の眼科専門医が在籍していたり、日曜診療に対応しているなど様々な斜視治療対応クリニックの選択肢があります。
私たちMedical DOC編集部が、これまで収集してきた情報や、先生方から得られた情報、各サイトのクチコミなどを参考に、東京都でおすすめの斜視治療対応クリニックをご紹介いたします。
※2021年1月現在のMedical DOC編集部リサーチデータとなります。

東京都で評判のおすすめ斜視治療対応クリニック6医院!

丸尾眼科

  • 駅徒歩1分

丸尾眼科photo引用:https://www.maruoganka.com/

JR山手線・東京メトロ東西線・西武新宿線 高田馬場駅 徒歩1分

東京都新宿区高田馬場3-3-1 ユニオン駅前ビル3F

診療時間
9:30~12:30
14:00~18:30

★:13:00~16:00

丸尾眼科はこんな医院です

丸尾眼科photo引用:https://www.maruoganka.com/

目に異常があればいつでも診てもらえる地域に根付いた医院を目指して、日々患者さんの診療をされているのが丸尾眼科です。眼科医として30年以上の経験を積まれた院長と、非常勤医師1名が在籍しています。(2021年1月現在)

眼科一般診療、コンタクトレンズや眼鏡の検査に加え、斜視、弱視、眼瞼下垂患者に対しての外来が設けられています。

交通アクセスは高田馬場駅から徒歩1分と駅近で、大通りに面しているため日没後も安心して通院できます。診療時間は、木曜日以外の平日9時30分~12時30分/14時~18時30分、木曜日・土曜日9時30分~12時30分/13時〜16時です。土曜日診療されているので、平日忙しい方も通院しやすいのではないでしょうか。

丸尾眼科の特徴について

・より相談しやすい外来体制!

斜視とは、ものを見つめるときに、片眼の視線が見つめているものから逸れている状態を言います。そのため、斜視に悩んでいる方は他人の視線を気にされているのではないでしょうか。丸尾眼科では、月2回木曜日に斜視、弱視、眼瞼下垂の方を対象とした外来が設けられているようです。

同じ悩みを持つ患者さんだけの外来であれば、他人の視線を気にすることなく通院することができるでしょう。斜視治療を受ける医院で悩まれている方は、1度受診してみてはいかがでしょうか。

・エキスパートによる分かりやすい説明!

丸尾眼科には、小児の弱視や斜視の視能矯正や視機能の検査を行う国家資格をもつ視能訓練士が4名在籍しています。院内では患者の目をよく診て、わかりやすい説明を心がけておられるようです。(2021年1月現在)

斜視の治療は種類によって、コンタクトレンズなどでの矯正だけでなく手術を行う場合もあります。専門分野で経験を積まれたスタッフが多く在籍しており、治療の不安や症状の悩みがある方は、1度相談してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの斜視治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら丸尾眼科の紹介ページ

足立慶友眼科

  • 駅徒歩8分

足立慶友眼科photo引用:https://keiyu-ganka.com/

東武伊勢崎線 五反野駅 徒歩8分

東京都足立区足立1丁目12-12 足立メディカルモール2F

診療時間
9:00~12:30
15:00~18:30

★:14:00~17:00

足立慶友眼科はこんな医院です

足立慶友眼科photo引用:https://keiyu-ganka.com/

地域の眼のかかりつけ医である足立慶友眼科は、大学病院や眼科医院で経験を積んだ眼科医が在籍しています。大学病院と同等の新しい検査機器や手術設備を備えた医院です。患者さんがスタッフを身近に感じられるように心がけ、地域に根ざした眼科医院を目指されています。

親しみやすく、気軽に相談できる医師、スタッフと安心しリラックスできる雰囲気を意識されているため、小さな疑問も相談しやすいでしょう。

東武伊勢崎線五反野駅から徒歩8分です。診療時間は平日9時~12時30分/15時〜18時30分、土曜日9時〜12時30分/14時~17時と、平日は忙しい方や学生も通いやすい診療時間です。

足立慶友眼科の特徴について

・院内で幅広い治療の提供!

斜視治療では、検査の結果次第でレンズやプリズム眼鏡による矯正が行われるそうです。加えて手術療法によって治療をされる方もいると言われています。足立慶友眼科には、大学病院と同等の新しい設備が備わった手術室があり、院内で手術を受けることが可能だそうです。

検査の段階から知っている医師による手術は、大病院で行われる手術よりも安心して受けられるでしょう。斜視治療を受ける眼科で悩まれている方は、1度受診されてみてはいかがでしょうか。

・手術を受ける患者さんに寄り添う医療!

斜視治療で手術が必要になった場合には、患者さんが理解し納得するまでの説明を行うよう心がけられています。手術当日の緊張を緩和できるように、個室を用意するなど環境を整えられているそうです。手術中は患者さんの好みのBGMを流すことも可能とのことです。

手術前から手術中、手術後すべての段階の患者さんの不安を取り除く細かい配慮と、質の高い医療の提供をされているため、安心して手術に臨めるのではないでしょうか。

もう少し詳しくこの斜視治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら足立慶友眼科の紹介ページ

うえやま眼科

  • 駅徒歩5分

うえやま眼科photo引用:https://ueyama-ganka.com/

東京メトロ南北線 王子神谷駅 徒歩5分
JR京浜東北線 東十条駅 徒歩7分

東京都北区王子5丁目1番40号 サミットストア王子桜田通り店2階

診療時間
9:00~12:30
14:30~18:00

★:9:00~14:00

うえやま眼科はこんな医院です

うえやま眼科photo引用:https://ueyama-ganka.com/

うえやま眼科は、地域住民が安心してかかることができる、信頼される街の眼科を目指して日々診療されています。2名体制の医院のため、自分に合う医師の診察を受けることができるでしょう。(2021年1月現在)

一般眼科診察、メガネコンタクト処方、日帰り白内障手術など、幅広い治療が院内で提供されています。(※経過観察が必要)

交通アクセスは、JR京浜東北線東十条駅から徒歩7分、東京メトロ何北線王子神谷駅から徒歩5分です。建物内に無料の駐車場があるので、お車での来院も可能です。診療時間は木曜日以外の平日9時~12時30分/14時30分~18時、土曜日9時~14時、土曜日が14時まで診療しているので、休日の朝はゆっくり過ごしたい方も通いやすいのではないでしょうか。

うえやま眼科の特徴について

・斜視治療の経験が豊富な医師が在籍!

うえやま眼科には、眼科医歴20年以上の経験豊富な医師が在籍されています。院長は、うえやま眼科での診療以外に埼玉医科大学病院で非常勤講師として、斜視弱視の患者さんを担当されているそうです。(2021年1月現在)

日本眼科学会に眼科専門医と認定されている医師も在籍しているため、より安心して斜視について相談することができるでしょう。経験豊富な斜視治療をしている医師に相談したい方は、1度受診されてみてはいかがでしょうか。

・安心できる手術体制で治療に専念!

医院には、新しい機械を完備した手術室が備わっています。斜視治療で手術が必要な場合は、院内で手術を受けることができるそうです。手術前の診察であらかじめ、点眼麻酔での手術が可能か確認されており、全身麻酔が必要な手術の場合は専門の病院紹介も行われています。

斜視手術は、他人からの見た目を気にされる方にとって、より重要な手術の1つでしょう。院長は現在も大学病院で手術をされているため、より安心して手術を受けられる医院です。

もう少し詳しくこの斜視治療対応クリニックのことを知りたい方はこちらうえやま眼科の紹介ページ

あおぞら眼科クリニック小岩

  • 駅徒歩6分

JR総武線 小岩駅 南口 徒歩6分

東京都江戸川区南小岩6-25-16

診療時間
9:30~12:30
15:30~18:30

★:14:30~18:30(予約手術)
※指定土曜日13:30~14:30は斜視弱視特殊外来日です。
※斜視弱視外来は再診特殊外来です。診察が初回の方は通常時間帯の一般外来を受診してください。

あおぞら眼科クリニック小岩はこんな医院です

患者さんの疑問や悩みを積極的に傾聴し、第一に理解を深める診療をされているのがあおぞら眼科クリニック小岩です。前身クリニックを含め約55年の歴史があり、地域に密着した眼科クリニックです。

受付、待合室、検査室、診察室など、診察に必要なすべての部屋の段差に配慮されたオールバリアフリーとなっています。

JR小岩駅南フラワーロードから徒歩6分と、駅からもわかりやすい立地です。都営バス、下小岩小学校バス停からすぐの場所にあるため、徒歩での通院が難しい方にも通いやすいのではないでしょうか。平日の診療とともに、土曜日9時30分~12時30分も診療されているようで、平日が忙しい方も通院しやすいです。

あおぞら眼科クリニック小岩の特徴について

・斜視弱視に特化した特殊な外来!

クリニックでは、不定期土曜日の月1〜2回、斜視弱視の患者さんを対象とした外来が行われています。斜視治療は、眼鏡による矯正や手術だけでなく、特殊な機器での視能訓練も要そうです。クリニックには視能訓練士が在籍しており、検査治療とともに家庭での訓練指導も行われています。

視能訓練士が在籍していることで、ご家庭での斜視の訓練上の悩みも相談をしやすく、的確なアドバイスも受けやすいのではないでしょうか。

・患者さんと家族に配慮した手術体制!

クリニック内に手術室が完備されており、毎週火曜日の午後に院内で手術が行われています。手術は、予約手術と緊急手術の時間帯が設けられているようです。

付き添いのご家族用の待機室も準備されており、家族の希望があれば手術の様子をライブで観察することが可能とのことです。手術に不安が多い患者だけでなく、ご家族の立場にも立った配慮がされているので、安心して手術に臨むことができるのではないでしょうか。

もう少し詳しくこの斜視治療対応クリニックのことを知りたい方はこちらあおぞら眼科クリニック小岩の紹介ページ

日本橋はま眼科クリニック

  • 駅直結

東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅 A9出口 直結
JR総武本線 新日本橋駅 徒歩1分
東京メトロ東西線 日本橋駅 徒歩7分

東京都中央区日本橋室町2-4-3 日本橋室町野村ビル7F

診療時間
9:30~13:30
15:00~18:30

★:9:30~14:00(最終受付は13:00です。13:00以降は予約制)
※第3土曜日は休診です。

日本橋はま眼科クリニックはこんな医院です

日本橋はま眼科クリニックは、眼について悩んでいるすべての方が仕事の合間に気軽に受診できるクリニックを目指して診療されています。

眼科一般診療に加え、小児眼科、往診、訪問診療もされており、患者さん個々のニーズに対応できるよう心がけられています。また、会社の健康診査後の二次検診も受け入れているそうです。

JR新日本橋駅から地下で接続、三越駅前からは出口から直結しており、雨の日も通院しやすい立地です。東京駅や日本橋駅からも徒歩で通院可能できるとのこと。平日9時30分~13時30分/15時〜18時30分、土曜日9時30分~14時まで診療しており、昼休み中や仕事終わり、学校後などそれぞれの都合に合わせて通院できるでしょう。

日本橋はま眼科クリニックの特徴について

・小児眼科の専門医による治療!

視力検査は3歳前後から可能になると言われています。しかし乳児内斜視や調節性内斜視は、それよりも前の早い段階で症状が出てくる疾患です。

日本橋はま眼科クリニックには、大学病院で小児眼科を診療している医師が在籍しており、院長は発達障がい者及び児の診察も担当されているため、小児眼科の経験が豊富です。小児眼科の経験豊富な医師やスタッフによる検査、診察はご両親も安心して受けることができるのではないでしょうか。

・斜視治療経験が豊富な医師による診療!

院長は、現在杏林大学病院で斜視弱視を専門に診療されており、手術の経験が豊富です。患者さんへの手術はすべて院長が担当されています。

院内ではお子さまの斜視訓練も行われています。経験豊富で普段から診てもらっている医師による手術であれば、ご両親やお子さまも安心して受けることができるのではないでしょうか。訓練について疑問や不安があればすぐに質問できるので、お子さまの斜視でお悩みの方は1度受診してみてはいかがでしょうか。

もう少し詳しくこの斜視治療対応クリニックのことを知りたい方はこちら日本橋はま眼科クリニックの紹介ページ