パイプカットとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/29

パイプカットとは

パイプカットとは、男性が受ける避妊手術方法です。精子の通り道である精管を切断または結ぶことにより、精液中に精子が含まれなくなります。手術後の精液の見た目や性欲に変化はなく、海外では日本より普及している国も多くあります。パイプカットは通称で、医学的な正式名称は「精管結紮(けっさつ)」です。不可逆性が強い手術ですので行う場合はよく考えてから選択してください。

メリット

・手術後の避妊確率が極めて高い
・手術は局所麻酔を用いて短時間で行われるため、入院の必要がない
・手術による身体への負担は少なく、傷痕も残りにくい
・手術後、精液の見た目や量、性欲、勃起力に変化はない

デメリット

・元に戻す再手術方法も存在するが難易度が高く、自然妊娠が不可能となる場合もある
・費用が高めである
・精子が消滅するまでに、手術後数か月の期間を要する場合がある
・非常に稀ではあるが、合併症などのリスクがある

治療期間

手術は15~30分程度で終了するため日帰りでの施術が可能です。縫合に溶ける糸を用いた場合、抜糸のための来院は必要ありません。
クリニックの基準により、手術から数か月後精液検査を行い、精液中に精子がなければ治療は終了です。追加で手術1年後や2年後の精液検査を受け付けているクリニックもあります。

費用相場

手術費用:5~23万円
料金には、診察代、薬代、手術後の精液検査代が含まれる場合が多いです。