FOLLOW US

目次 -INDEX-

  1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. コラム(医科)
  4. 「健康診断で腎機能障害を指摘」その後にやるべきことを知っていますか? 沈黙の臓器“腎臓”の機能について

「健康診断で腎機能障害を指摘」その後にやるべきことを知っていますか? 沈黙の臓器“腎臓”の機能について

 更新日:2024/01/15
健康診断で腎機能障害を指摘されたら 医師が腎機能低下の治療や検査値項目を解説

健康診断にはさまざまな項目があり、定期的に受診することであなたの体の健康状態を評価する重要な検査です。健康診断を受診して「腎臓の機能について指摘をされたけど、どうすればいい?」と悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか? そこで今回は、腎臓の働きや腎機能評価の方法、異常を指摘されたときにやるべきことなどについて、腎臓専門医の青柳誠先生(西新井大師西腎透析クリニック副院長)にお聞きしました。

青柳 誠

監修医師
青柳 誠(医療法人社団 けいせい会 西新井大師西腎透析クリニック)

プロフィールをもっと見る
2001年 東京医科歯科大学病院、2003年 東京医科歯科大学腎臓内科学教室 入局。2023年4月西新井大師西腎透析クリニック副院長就任。 日本内科学会総合内科専門医、日本腎臓学会腎臓専門医、日本透析医学会透析専門医。

腎臓の健康状態を診断する腎機能評価はどうやって行う? 腎臓の働きやeGFR・クレアチニン・尿たんぱくなど検査項目について

腎臓の健康状態を診断する腎機能評価はどうやって行う? 腎臓の働きやeGFR・クレアチニン・尿たんぱくなど検査項目について

編集部編集部

腎臓の働きについて教えてください。

青柳誠先生青柳先生

腎臓は握りこぶしほどの大きさの臓器でさまざまな働きをしており、最もわかりやすいのは「尿を作る」という役割です。具体的には、血液から老廃物を取り除き、尿として排出します。この時、尿の量や濃さも調節できるので、体内の水分バランスや電解質、pH値の調整などに役立っています。また、「尿を作る」だけではなく、血圧の調整をするホルモンや貧血を治すホルモンの産生、ビタミンDの活性化も担います。

編集部編集部

腎臓の機能はどのように調べるのですか?

青柳誠先生青柳先生

血液検査である程度の腎機能がわかります。具体的には、健康診断などで行う血液検査の「クレアチニン」の値で、腎機能が確認できます。クレアチニンとは筋肉の老廃物で、腎臓より排出されるものです。腎機能が悪化すると、クレアチニンが腎臓から排出できなくなるため、クレアチニン値が上昇します。 ただし、クレアチニン値は軽度の腎機能障害ではあまり上昇しないので、見逃されてしまうこともあります。

編集部編集部

ほかにはどんな検査項目がありますか?

青柳誠先生青柳先生

BUN」という項目を見たことがある方も多いと思います。BUNは血清尿素窒素のことで、腎臓より排出されるたんぱく質の老廃物です。腎機能が悪化するとBUNは上昇しますが、たんぱく質摂取などの食事内容に影響されるため、クレアチニンと比べると少し不正確になってしまいます。

編集部編集部

正確な数値が知りたい場合は、どの検査を受ける必要がありますか?

青柳誠先生青柳先生

より精度の高い腎機能を知りたいときは「イヌリンクリアランス」という検査により「GFR(糸球体ろ過量:glomerular filtration rate)」を実測します。GFRは腎臓のろ過能力の指標で、腎臓で1分あたり何mlの原尿が作られているかを表します。基準値は約100ml/分/1.73㎡です。 しかし、イヌリンクリアランスはイヌリンの点滴が必要など非常に煩雑な検査ですので、実際に行うことはほとんどありません。代わりに血清クレアチニンの値と性別と年齢から推算する式を使って算出するeGFR(推算糸球体ろ過量)を用います。こちらも正常値は100ml/分/1.73㎡前後です。

編集部編集部

異常値はどのくらいでしょうか?

青柳誠先生青柳先生

基準値の詳細は以下の通りです。

腎機能区分 腎臓機能 数値(ml/分/1.73㎡)
G1 正常または高値 ≧90
G2 正常または軽度低下 60~89
G3a 軽度~中等度低下 45~59
G3b 中等度~高度低下 30~44
G4 高度低下 15~29
G5 高度低下~末期腎不全 <15

編集部編集部

では、尿検査ではどのような項目がありますか?

青柳誠先生青柳先生

主に尿蛋白と尿潜血があります。 通常、たんぱく質が尿から漏れることはないのですが、腎臓に何らかの障害があるとたんぱく質が尿から漏れてしまい、尿検査で尿蛋白の項目が陽性となります。 尿潜血は、尿に血が混じっていないかを調べる検査です。腎臓でろ過が行われる糸球体で何らかの炎症があると陽性になりますが、腎臓の機能に問題がなくても、尿の流れ道に石や腫瘍、感染、傷などがあると尿に血が混じってしまい、尿潜血が陽性になることがあります。

以下に検査項目とその基準値を示します。
(基準値は年齢などによっても異なる場合があり、あくまで目安です)

尿蛋白 陰性(0.15g/gCre未満)
尿潜血 陰性
eGFR 60ml/分/1.73㎡以上
血清クレアチニン濃度 男性:0.65~1.09 mg/dL
女性:0.46~0.82mg/dL
尿素窒素(BUN) 8~20mg/dl 

健康診断で腎機能低下や腎機能障害を指摘されたら…腎臓が引っかかる主な原因・理由とは?

健康診断で腎機能低下や腎機能障害を指摘されたら…腎臓が引っかかる主な原因・理由とは?

編集部編集部

健康診断で腎臓の数値に引っかかる原因として多いものは何ですか?

青柳誠先生青柳先生

尿検査をしたときにたまたま腎機能が悪化している場合もありますが、なんらかの原因で腎臓が正常に機能していないことが考えられます。身近な原因としては、高血糖や高血圧が続いて起こる糖尿病性腎臓病高血圧性腎硬化症など生活習慣などの管理が中心となるものと、IgA腎症、膜性腎症、急速進行性糸球体腎炎、多発性嚢胞腎、ループス腎炎など専門的な治療が必要なものとがあります。

編集部編集部

尿検査をしたときにたまたま、ということもあるのですね。

青柳誠先生青柳先生

健康診断を受ける日は、前日からの絶飲食で脱水になっている場合があり、その影響で腎機能が悪化していることがあります。一時的な異常であれば、問題ありません。 腎機能の再検査を受ける場合は絶飲食にする必要はないため、通常通り飲食した状態で検査を受けて下さい。

編集部編集部

それでも異常値が続くのは病気ですか?

青柳誠先生青柳先生

そうですね。再検査をしてもeGFRが60ml/分/1.73㎡未満の状態や蛋白尿が3ヶ月以上続いている場合、慢性腎臓病と診断されます。慢性腎臓病を放置すると、むくみやすくなったり、疲れやすくなったりなどの症状がいずれ現れます。

編集部編集部

どうして慢性腎臓病となるのですか?

青柳誠先生青柳先生

加齢によることもありますが、慢性腎臓病となる原因は糖尿病や高血圧、慢性糸球体腎炎が多く、まれに遺伝性の腎臓病や自己免疫性疾患に伴う腎臓病というケースもあります。放置しておくと、透析の導入が必要になる可能性も高くなります。

参考: 日本透析医学会, わが国の慢性透析療法の現況(2021 年 12 月 31 日現在)

腎機能低下・腎機能障害になったら治療できる? 医師が慢性腎臓病・腎不全の改善方法や食事の注意点を解説

腎機能低下・腎機能障害になったら治療できる? 医師が慢性腎臓病・腎不全の改善方法や食事の注意点を解説

編集部編集部

腎機能を維持するためにはどうしたら良いでしょうか?

青柳誠先生青柳先生

腎臓は、かなり悪くなるまで症状が出にくい臓器です。健康診断などで腎機能低下を指摘される、高血圧や糖尿病を長く罹患している方などは、自覚症状がなくても、一度腎機能を専門にしている医療機関に相談することをおすすめします。 また、たんぱく質や塩分の過剰摂取を控えることはもちろん、日常的な運動・バランスの良い食事など、いわゆる基本的な「健康的な生活」を心がけましょう。そして、適度に水分を補給することは良いのですが、あえて水を沢山飲むことはしないで下さい。逆に腎機能を悪化させてしまう可能性があります。

編集部編集部

お酒やタバコ、コーヒーなどの嗜好品はやめたほうが良いですか?

青柳誠先生青柳先生

アルコールは少量であれば腎機能への悪影響はないとされていますが、おつまみの多くは塩分が多いので摂りすぎに注意して下さい。タバコに関しては、肺がんや脳卒中、虚血性心疾患などのリスクや腎機能を悪化させる危険もありますので、禁煙しましょう。コーヒーは、腎機能保持に良いとする報告もあるため、過剰に摂取しなければ良いかと思います。 ほかには、感染をきっかけに腎機能が悪化することもよくありますので、手洗いや換気、必要に応じたマスクの着用などを意識してください。便秘予防や口腔内に菌を繁殖させないための口腔ケアも重要です。

編集部編集部

腎臓専門の医療機関では、どんなことをしますか?

青柳誠先生青柳先生

腎臓の専門医による問診や検査結果などから、リスクが高いと思われる生活習慣病の予防法の指導、管理栄養士による栄養指導、必要とされる薬剤の処方など、多角的なアプローチが受けられます。ここで重要なのは、腎機能が悪い原因を推定することです。 家族に同じような腎疾患をお持ちの方がいないか、糖尿病や高血圧などの併存疾患はないか、腎機能障害や検尿異常はいつから指摘されていたかを問診し、二次性の腎疾患をきたす全身疾患のスクリーニング検査、腎や尿路に異常がないかの画像評価などを行います。

編集部編集部

腎機能障害の原因がわかったら、どのようなことをしますか?

青柳誠先生青柳先生

例えばIgA腎症に対しては副腎皮質ステロイド薬、多発性嚢胞腎に対してはトルバプタン、ファブリー病に対しては酵素補充療法など、それぞれの病気に特異的な治療を行います。また腎機能を悪化させないための治療薬としては、従来RA系阻害薬(ACEI/ARB)や球形吸着炭がありましたが、最近は、ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬SGLT2阻害薬など有効な治療薬が新規に続々と開発されています。早期に治療を開始すれば、一生透析を避けることも可能な時代になってきています。

編集部編集部

管理栄養士による栄養指導は、例えばどんな指導がありますか?

青柳誠先生青柳先生

たんぱく質制限および塩分6g未満の制限が基本です。若年で太り気味の方は、栄養過多で腎臓に負荷をかけている場合が多いので、たんぱく質制限と塩分制限を意識してもらいます。一方高齢で痩せ気味の方は、過度の食事制限で栄養状態を悪化させないように、エネルギー摂取を意識してもらいます。野菜・果物などはカリウムが豊富に含まれているので一律に制限されがちですが、便通を改善しカリウムを便から排出されやすくさせる、代謝性アシドーシスを改善する、腸内細菌のバランスを改善して腸腎連関へ好影響があるのではないかと言われているので、必ずしも制限することはありません。ただし、カリウムが上昇しやすい薬を服用している場合は、調理方法を少し工夫しましょう。カリウムは水に溶けやすい特徴があるので、水にさらす、一度茹でこぼすなどで低減できます。また、最近は減塩の調味料を検討する方が増えていますが、代用塩はナトリウムの代わりに塩化カリウムが使用されているため、腎機能低下がある場合は使用しない方が良いでしょう。

編集部編集部

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

青柳誠先生青柳先生

腎臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、腎機能が極めて悪くなるまで自覚症状が出ません。慢性腎臓病は早期発見・早期治療が有効ですので、定期的に健康診断を受け、腎機能障害を指摘された場合は速やかに医療機関を受診して下さい。尿蛋白2+以上あるいは血尿を伴う蛋白尿、eGFR40ml/分/1.73㎡以下(40歳未満では60以下)の場合などは、腎臓専門医の診察を受けることをおすすめします。

編集部まとめ

今回は腎臓の機能と、腎機能が低下した場合の治療について腎臓専門医の青柳先生に解説していただきました。症状が出てからではかなり悪化している可能性が高いため、健康診断などで指摘された時に、きちんと専門機関で検査してもらうことが大事なのですね。腎機能障害を指摘されたまま、医療機関での検査をためらっている方は、ぜひ速やかにお近くの腎臓専門医に相談されることをおすすめします。

医院情報

西新井大師西腎透析クリニック

西新井大師西腎透析クリニック
所在地 〒123-0841 東京都足立区西新井5-30-12
アクセス 日暮里・舎人ライナー「西新井大師西」駅、又は「谷在家」駅より徒歩約7分
診療科目 腎臓内科、糖尿病内科

この記事の監修医師