1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. コラム(医科)
  4. 無痛MRI乳がん検診「ドゥイブス法」とは? 医師がマンモグラフィと比較して検査の特徴を解説

無痛MRI乳がん検診「ドゥイブス法」とは? 医師がマンモグラフィと比較して検査の特徴を解説

公開日:2022/09/14  更新日:2022/09/27
無痛MRI乳がん検診「ドゥイブス法」とは? 医師がマンモグラフィと比較して検査の特徴を解説

乳がんの検診では、マンモグラフィや、エコー(超音波検査)が一般的です。しかし、「押しつぶされて痛い」「胸を出すのが恥ずかしい」という理由で検診をためらう女性も多いのでは? そんな人におすすめなのが、無痛で、しかも検査着のまま受けられる「ドゥイブス法」。いったいどんな検査なのか、検診マンモグラフィ読影認定医師であるSeeds Clinic 新宿三丁目院長の石田先生にMedical DOC編集部が話を聞きました。

石田 二郎

監修医師
石田 二郎(Seeds Clinic 新宿三丁目)

プロフィールをもっと見る
1982年東京医科大学卒業。アリゾナ大学放射線科留学を経て、東京医科大学放射線医学教室講師、埼玉県済生会川口総合病院放射線科主任部長、泰山医学院(中国山東省)客員教授などを歴任。医療法人永仁会 所沢PET画像診断クリニック院長を経て医療法人永仁会理事長に着任。日本専門医機構認定放射線科専門医、PET核医学認定医、日本医師会認定産業医、肺がんCT検診認定医師、検診マンモグラフィ読影認定医師。

乳がんとはどんな病気? マンモグラフィ、エコーのほかどんな検査(検診)方法があるの?

乳がんとはどんな病気? マンモグラフィ、エコーのほかどんな検査(検診)方法があるの?

編集部編集部

乳がんとはどういう病気ですか?

石田 二郎先生石田先生

簡単にいえば、乳がんとは乳房にある乳腺にできる悪性腫瘍のことになります。一般に、がんは増殖して大きくなるとほかの臓器やリンパ節に転移しますが、乳がんも悪化すると転移を引き起こします。

編集部編集部

どんな自覚症状がありますか?

石田 二郎先生石田先生

早期ではあまり自覚症状がないのが乳がんの特徴です。実際、「自覚症状はほとんどなかった」という患者さんが圧倒的に多いですね。しかし、がんが進行すると少しずつ自覚症状が現れてきます。特に自覚症状として知られるのが、乳房のしこりです。また、乳房に痛みがある、乳頭から分泌物があるといった症状がある場合も、乳がんの疑いがあるとされています。

編集部編集部

どんな検査で見つけることができるのですか?

石田 二郎先生石田先生

一般的に、多く行われているのがマンモグラフィエコー(超音波検査)です。マンモグラフィは乳房をX線で撮影して、乳腺内のしこりや乳腺の乱れ、カルシウムが乳腺のなかで石灰化したものを見つける検査です。また、エコーは乳房に超音波を当てて、内部の状態を調べる検査です。

編集部編集部

どちらも人間ドックや婦人科検診で一般的な検査ですね。

石田 二郎先生石田先生

そのほかに、新しい検査技法としてドゥイブス法というものがあります。ただし、検査に使用する機器が非常に高額なこともあって、まだ、取り入れている医療機関は多くなく、現在、検査を受けられる施設は日本で40程度しかありません。都内でも10か所程度しかありませんが、がんの早期発見に役立つとして大きな注目を集めています。

無痛MRI乳がん検診(ドゥイブス法)の特徴 検査の精度やがん発見率はマンモグラフィと比べてどう?

無痛MRI乳がん検診(ドゥイブス法)の特徴 検査の精度やがん発見率はマンモグラフィと比べてどう?

編集部編集部

ドゥイブス法とは、どんな検査ですか?

石田 二郎先生石田先生

簡単にいうと、高性能のMRIを活用した乳がん検診のことになります。痛みがなく、検査着を着用したまま受けられるという特徴があります。

無痛MRI乳がん検診(ドゥイブス法)

編集部編集部

もう少し詳しく検査の特徴について教えてください。

石田 二郎先生石田先生

ドゥイブス法とは、通常MRIで撮影する「拡散強調画像(DWI)」を改良したものという意味。つまり、従来のMRIを改良して乳がん検診に応用した検査法で、撮影精度の高い画像により、より正確に乳がんを判断することができます。

編集部編集部

検査の精度はいかがですか?

石田 二郎先生石田先生

非常に精度が高いとされています。従来のマンモグラフィに比べて、約5倍、がんの発見率が高いという調査結果もあります。

編集部編集部

5倍も発見率が高まるのはすごいですね。

石田 二郎先生石田先生

また、ドゥイブス法はコントラストが強く写るため、マンモグラフィに比べて小さながんでも見逃しにくいという特徴もあります。ドゥイブス法に比べ、画像のコントラストがそれほど強くないマンモグラフィでは乳腺とがんの区別がつきにくく、小さながんを見逃してしまうリスクがあります。しかし、ドゥイブス法は画像がくっきり写るので、がんを見つけやすくなるのです。

編集部編集部

ドゥイブス法は、乳腺とがんの区別がつきやすいということですか?

石田 二郎先生石田先生

そうです。乳腺が発達していることを「高濃度乳房」といいますが、実は、日本人には「高濃度乳房」の人が多く、特に50代くらいまでの女性は乳腺の数が多いとされています。ドゥイブス法は高濃度乳房の影響を受けにくいため、日本人に向いている乳がん検診と言えるでしょう。

「うつ伏せ」に寝るだけ!? 無痛MRI乳がん検診で痛みを感じない理由やメリット・デメリット

「うつ伏せ」に寝るだけ!? 無痛MRI乳がん検診で痛みを感じない理由やメリット・デメリット

編集部編集部

どのように検査を行うのですか?

石田 二郎先生石田先生

検査室に入り、台の上にうつ伏せで寝ていただくだけです。検査着を着たまま検査をすることができ、またマンモグラフィのように胸を強く圧迫することもないので、痛みを感じることがありません。検査時間はおよそ15分で終了します。

編集部編集部

なぜ、痛みを感じにくいのですか?

石田 二郎先生石田先生

専用の検査台は、乳房の位置に丸い穴が空いています。その上にうつ伏せになり、穴に乳房を落とすようにして撮影するため、痛みを感じることがないのです。

無痛MRI乳がん検診

編集部編集部

ほかに、ドゥイブス法にはどのようなメリットがありますか?

石田 二郎先生石田先生

検査着を着たまま受けることができるので、技師の前で胸を出す必要がなく、ストレスや恥ずかしさを感じることがありません。また、MRIは放射線を使用しないので被ばくをしないというメリットもあります。

編集部編集部

いろいろなメリットがあるのですね。

石田 二郎先生石田先生

それからマンモグラフィと違って、豊胸術や乳房再建の手術をした人でも安心して受けられるのもメリットと言えるでしょう。術式にもよりますが、一般的に豊胸術や乳房再建の手術を受けた人がマンモグラフィを受けると、乳房を圧迫することで乳房の内容物が破損してしまうリスクがあります。そのため、豊胸術や乳房再建の手術を受けた人は、マンモグラフィは推奨されていません。

編集部編集部

反対に、ドゥイブス法にはどのようなデメリットがありますか?

石田 二郎先生石田先生

ドゥイブス法に限らず、MIRの検査はすべて同じですが、MRIでは強力な磁気を使うため、心臓のペースメーカーを使用している方や胸部に金属を埋め込んでいる方は受けることができません。また、検査は狭い筒状の専用台で行うため、狭いところが苦手な方は難しいかもしれません。

編集部編集部

検査の費用はどれくらいですか?

石田 二郎先生石田先生

自費診療のため、医療機関によって若干違いがありますが、一般的に2万円前後でしょう。マンモグラフィやエコーに比べて高額であることもデメリットと言えるかもしれません。

編集部編集部

最後に、MedicalDOC読者へのメッセージがあれば。

石田 二郎先生石田先生

ドゥイブス法は検査着のまま、台の上で横たわるだけで行えます。検査技師の前で胸を出すのが恥ずかしいと感じている方には、ぜひ、おすすめしたいですね。近年では、20〜30代の乳がん患者が増えており、「検診を受けるのが恥ずかしくて放置していたら、いつのまにかがんが進行していた」といって、亡くなる方も少なくありません。できるだけ早期にがんを見つけ、命を救うために、乳がん検診の新しい選択肢として、ぜひ、活用いただききたいと思います。

編集部まとめ

「マンモグラフィは痛かったからもう乳がん検診を受けたくない」という人にこそ、ぜひおすすめしたいドゥイブス法。国内でこの検査を行っている医療機関はまだ少数ですが、乳がん患者の増加に伴い、これからもっと普及してくることが予想されます。興味のある人は、ぜひ、調べてみてはいかがでしょうか。

医院情報

Seeds Clinic 新宿三丁目

Seeds Clinic 新宿三丁目
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目5-6 キュープラザ新宿三丁目3F
アクセス 東京メトロ 丸ノ内線・副都心線/都営地下鉄新宿線「新宿三丁目駅」E3出口直結
JR「新宿駅」徒歩6分
西武新宿線「西武新宿駅」徒歩9分
診療科目 MRI検査、CT検査