健康診断の「肝機能検査値」って、なにがわかるの?

公開日:2021/07/28

血液検査の欄にずらっと並ぶ、ALTやγ-GTPといったアルファベット群。仮に異常値なら「異常であること」は推し量れるものの、なんの異常かがわかりません。それだけに、受け取る危機感も薄くなりがちではないでしょうか。そこで、我々が知っておくべき肝機能検査値の読み取り方を、「東長崎駅前内科クリニック」の吉良先生に教わりました。

吉良文孝

監修医師
吉良 文孝(東長崎駅前内科クリニック 院長)

プロフィールをもっと見る

東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。医療機関の入局や医学系企業への参画を経た2018年、東京都豊島区に「東長崎駅前内科クリニック」開院。“生きがい”のサポートを目指した診療を続けている。日本消化管学会指導医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本内科学会認定医、日本ヘリコバクター学会認定医。

不摂生に限らず、がんのサインかもしれない

不摂生に限らず、がんのサインかもしれない

編集部編集部

健診結果にALTやγ-GTPなどの項目が並んでいますよね?

吉良文孝吉良先生

これらの数値を簡単に言うなら、「血液中に流れる“壊れた肝細胞”の量」です。肝臓に障害が起きると、壊れた肝臓の組織は血液中に流れ出します。ただし、一時的な増加なら問題はありません。肝臓にも自己修復機能があるからです。我々医師は「高い数値がずっと続く」状態を問題視しています。

編集部編集部

数値が悪いと「肝硬変」になると聞いたことがあります。

吉良文孝吉良先生

そうですね。肝硬変は、分かりやすく言えば「壊れた傷跡がたくさん残ってしまった状態」になるでしょうか。傷が多かったり、大きかったりすると傷跡がたくさんの残ってしまい、傷だらけで正常な機能をはたさないようなイメージですね。肝細胞が壊れた結果として起きた症例であることに注意してください。

編集部編集部

どうして肝臓が壊れるのでしょうか?

吉良文孝吉良先生

原因は大きく2つあり、1つは肝臓全体に起きるものです。わかりやすいのは飲酒による肝障害やウイルス感染による肝炎などです。もう一方は、全体ではなんともなくても、局所的に障害が生じていることにより、健診結果の異常値として現れているケースです。悪性腫瘍や細菌感染症などが当てはまります。

編集部編集部

腫瘍の可能性は意外でした。

吉良文孝吉良先生

血液検査の異常値をもって「生活を少し見直すか」と工夫しても、見当違いとなる場合があります。これを期に、「局所的な腫瘍の可能性」を知っておいてください。我々が肝機能検査値をシビアに見るのは、むしろ悪性腫瘍の懸念からです。

詳細を自己判断するより、具体的な行動に出ることが大切

詳細を自己判断するより、具体的な行動に出ることが大切

編集部編集部

「ALT」に加え、「AST」という項目もありますよね。

吉良文孝吉良先生

「ALT」も「AST」も壊れた肝組織の数です。両者の違いは、壊れる肝臓の細かい場所の違いですね。壊れる場所は、病気の内容によって違います。ですが、我々からすると、おおよその見当が付けられます。

編集部編集部

一般人が「ALT」と「AST」の違いを覚える必要はないですか?

吉良文孝吉良先生

知っておいても構いませんが、最終的に診断を付けるのは医師です。「肝臓の細胞が壊れると上がる数値」ということをご理解いただければ、十分ではないでしょうか。むしろ、患者さんに望みたいのは、異常値があったときに受診していただくことですね。

編集部編集部

続いて「γ-GTP」についてもお願いします。

吉良文孝吉良先生

「γ-GTP」は、肝臓でつくられる酵素そのものです。厳密に言うと、壊れた肝組織とは限りません。この数値の高い場合、通常よりも多くの酵素をつくる「なにかしら」の異常が発生して、“頑張ってなんとかしている”可能性があります。ただし、必ずしも肝臓が壊れているわけではありません。

編集部編集部

各数値の見方が変わってきました。

吉良文孝吉良先生

しかし、大切なのは「数値に一喜一憂しないこと」でしょう。異常値が出ていないから「まだ大丈夫」という発想は危険です。もしかすると時間の問題かもしれませんよね。優先して留意すべきは“普段の生活”で、生活の質を採点してもらっていると捉えてください。

肝臓にイイものが、肝臓を働かせすぎることも

肝臓にイイものが、肝臓を働かせすぎることも

編集部編集部

肝臓を守るためには、どんな行動が必要ですか?

吉良文孝吉良先生

喫煙」は肝臓に限らず、諸悪の根源です。一方の「飲酒」ですが、肝障害が発生している状態を前提とすると、「ここまでなら飲んでもOK」というラインはありません。きっぱり、断酒をお願いしています。脅しではなく、文字どおり「死とお酒のどちらを選びますか」ですよね。

編集部編集部

よく、「シジミは肝臓にイイ」って聞きます。

吉良文孝吉良先生

「〇〇が体にイイ」といった類の話は、気休め程度だと思っておいてください。ただでさえ断酒していただきたいのに、こういった話を盲信して「お酒をいつもより多く飲んでいい」と勘違いするので、考え直しましょう。肝障害が発生していないにしても、肝障害のリスクを引き寄せているようなものです。疲労によって全身のだるさなどが起きているとしたら、まず、生活そのものを改めてください。

編集部編集部

サプリメントや健康食品も同様ですか?

吉良文孝吉良先生

サプリメントの成分が血中に現れるとして、それを処理しているのも肝臓です。ですから、サプリメントや健康食品が体に合わないことも、さらにいうと肝臓を痛めてしまうことも考えられます。実際、ウコンで肝臓を痛めているケースがありました。

編集部編集部

最後に、読者へのメッセージがあれば。

吉良文孝吉良先生

肝機能検査から見えてくることは「全体的に障害が起きているか」、「局所的な腫瘍が発生しているか」の2つです。自覚を伴わない後者には要注意です。我々医師は、がんを想定して診断するので、みなさんも「がんの可能性」という視点に立ってみてください。なおのこと、精密検査の必要性を感じるのではないでしょうか。

編集部まとめ

肝機能検査値は、「肝臓の過労」を図るモノサシだと考えていましたが、それに加えて局所的ながんの可能性もあったのですね。さらに、自主的に工夫したつもりのサプリメント摂取などが、逆効果になる可能性もあるとのこと。素人判断が危険な例の典型といえるでしょう。お酒を控える段階なのか、きっぱりと禁酒するレベルに至っているのか、がんの対策を始めるべきなのか、医師の判断なしではわかりません。受診して、調べてもらいましょう。

医院情報

東長崎駅前内科クリニック

東長崎駅前内科クリニック
所在地 〒171-0051 東京都豊島区長崎4丁目7-11 マスターズ東長崎1階
アクセス 西武池袋線「東長崎駅」 徒歩1分
診療科目 内科、消化器胃腸内科