FOLLOW US

目次 -INDEX-

  1. Medical DOCTOP
  2. 医科TOP
  3. 医科コンテンツ
  4. 脂肪吸引とは?脂肪吸引できる部位やメリット・リスク・費用の目安・向いている人も詳しく解説

脂肪吸引とは?脂肪吸引できる部位やメリット・リスク・費用の目安・向いている人も詳しく解説

 公開日:2023/12/18
ウエスト

脂肪吸引について詳しくご存知でない方は多いと思います。

脂肪吸引」と聞くと脂肪を取り除く施術だということは知っていても、詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。脂肪吸引は、メリット・デメリットのある施術です。

脂肪吸引によって期待できる効果は非常に魅力的です。一方で脂肪吸引によるリスクも存在します。

この記事では、脂肪吸引のメリット・デメリット・リスク・費用・向いている人まで解説します。

脂肪吸引が気になっている方は参考になさってください。

山下 真理子

監修医師
山下 真理子(医師)

プロフィールをもっと見る
京都府立医科大学医学部医学科 卒業 / のべ10年以上の美容皮膚科勤務を経て、現在はくみこクリニック北山院に勤務している。コロナ以前は、大阪医専にて、医療従事者の教育にも関わった経験がある。

脂肪吸引とは?

看護師
脂肪吸引とは、皮下脂肪を手術により吸引する美容医療のひとつです。お腹や太ももなどのさまざまな部位別に施術を行います。
脂肪を吸引する部位で切開をし、その部分から特殊な細いチューブを使い脂肪を分解し吸引する手術方法です。
美容医療でいわれるダウンタイムも比較的短く、術後の日常生活に支障をきたすことはありません。術後1か月間は激しい運動を控えておくくらいで大丈夫でしょう。
しかし、痛みが伴うなどの副作用やリスクもあります。過去には脂肪吸引の手術で死亡している事例もあります。
この事例は稀なことではありますが、リスクのある手術だということを覚えておきましょう。
手術を受ける際に、なるべくリスクや副作用を避けるためには、担当医師にしっかり話を聞き、脂肪吸引が自分自身に向いているのか・施術が可能なのかを確認しておくことが大切です。

脂肪吸引できる部位

足
脂肪吸引は、体のどの部位で行えるのでしょうか。体の中には、脂肪といっても「皮下脂肪」と「内臓脂肪」があり、脂肪吸引が行えるのは「皮下脂肪」です。
そのため、皮下脂肪がついている部位は脂肪吸引が可能になります。以下に部位別にご紹介します。

頬や口周りの脂肪を取り除くことで、顔のバランスが整い、太って大きくなってしまった顔をスッキリさせます。
体と比べると皮膚の薄い顔は脂肪がつくとたるみやすいです。そのため、フェイスラインをスッキリさせたいと思ったら、脂肪除去も一緒に行うのがいいとされています。

二の腕

脂肪がたまりやすい部位のひとつの二の腕は、脂肪吸引することで手を振るとブルブルと揺れる二の腕の脂肪を無くす効果が期待できます。
二の腕は他の部位と比べるとダウンタイムが軽く、初めて脂肪吸引を受ける方にもおすすめです。

お腹

お腹は特に脂肪がたまりやすく、太りやすい部位です。そのため、お腹の脂肪吸引を検討する方は多い傾向にあります。
お腹の脂肪を吸引することにより、ズボン・ショーツに乗っかってしまうお腹のぜい肉を解消でき、スッキリしたお腹周りを目指せます。

太もも

太ももはお腹と同じく、脂肪がたまりやすい部位の1つです。
例えば太ももが太いと細いシルエットのスカート・ズボンが履きにくいなど、洋服選びにも影響を与える部位でもあります。
そのため、気にしている方も多いのではないでしょうか。脂肪吸引では太ももの脂肪を取り除き、スリムな太ももにします。

脂肪吸引のメリット

女性
脂肪吸引は、「部分瘦せ」ができるだけでも非常に魅力的ですが、その他にもメリットはあるのでしょうか。
脂肪吸引をするメリットを詳しくみていきましょう。

確実な効果が得られる

脂肪吸引の最大の魅力は、短期間で確実な効果が得られることです。ダイエットで同じような効果を得るためには、数か月間筋トレや有酸素運動を行う必要があります。
脂肪吸引では、たった一度の手術で手に入るため非常に魅力的なメリットでしょう。ただし、手術にはリスクを伴いますので、担当医師に相談しリスクを理解した上で手術を受けることが重要です。
また、手術をしたら終わりではなく、術後のケアやリハビリにも注意が必要です。そして、適度な運動・バランスのとれた食生活を心がけ、健康的な生活を目指しましょう。

リバウンドしにくい

脂肪吸引を行った部位はリバウンドしにくいというのも、ダイエットを経験したことのある方には非常に魅力的な点ではないでしょうか。
これは、体内にある脂肪細胞が関係します。通常、食事から得た栄養は消化・吸収した後にエネルギー源として内臓や筋肉に蓄えられますが、このときに余ってしまった一部が脂肪として細胞内に蓄積されています。
一般的なダイエットでは、余ってしまい脂肪として細胞内に蓄積される量を抑えるために食事制限をしたり、カロリー消費をして脂肪を燃焼させるために運動量を増やしたりします。
このときに太ったり痩せたりしているのは、脂肪細胞が大きくなったり小さくなったりしているためです。
脂肪細胞の大きさを小さくする一般的なダイエットに比べ、脂肪吸引は脂肪細胞ごと取り除く方法です。脂肪細胞ごと取り除くので、脂肪が再生することはほとんどありません。
しかし、暴飲暴食を続けると元の体型に戻ってしまう可能性はあります。脂肪細胞を全くない状態にするわけではないですし、脂肪吸引していない他の部位が太り出してしまうことも考えられるでしょう。
脂肪吸引したからといって安心するのではなく、術後も適度な運動・バランスのとれた食事など健康的な生活を心がけることが大切です。

リスクや副作用はある?

はてな
脂肪吸引は手術を行う美容医療ですので、もちろんそれに伴うリスクや副作用があります。
具体的には、以下のような点です。

  • 術後の感染・出血・腫れなど
    脂肪吸引も手術の一種ですので、術後の感染などは通常の手術と同じで考えられます。手術部位の内出血や腫れは、数日〜数週間程度で治ります。
  • 腫れ・肌色の変化などの副作用
    腫れや肌の色が変化することもありますが、これも数週間から数か月で治まります。
  • 麻酔の副作用
    手術中に使う麻酔法によって痛みが生じる場合があります。麻酔の方法により痛みを緩和できる可能性がありますので、担当医師に相談すると良いでしょう。
  • 失敗することがある
    満足のいかない仕上がりになってしまう可能性があります。
    おしりが垂れる・バランスが不自然・皮膚がたるむ・凸凹になった・細くなっていないなどを感じる場合があります。これは、全て施術担当する医師の技術に関係するようです。

施術を受ける際は、医師やクリニックの情報を事前に調べておくと良いでしょう。
考えられるリスクや副作用はありますが、重要なのは、担当する医師の話をよく聞くことです。
そして医師の経験や実績を確認しておくことも重要です。

費用の目安

費用
日本国内での脂肪吸引手術の費用は、医療機関や施術者によって異なります。
一般的には、部位別に10万〜120万程度でお腹・太もも・顔・二の腕など、どれだけの部位の施術を行うかでも変わってきます。
例えば、全身の脂肪吸引をするとなると合計で200万~400万弱程度が必要な費用の相場のようです。この金額だけ見るととても高く感じます。
それに対して、ダイエットのためにパーソナルジムや痩身エステを利用する方もいらっしゃるでしょう。こういった施設は脂肪吸引に比べると一度の料金が安価です。
しかし、パーソナルジムや痩身エステは結果が出るまで通い続けなければいけませんが、脂肪吸引は手術一回のみで結果が出ます。
結果が出るまでの総額の費用と比較すると、そう大差はないのではないでしょうか。
さらに、脂肪吸引はリバウンドもしにくいという特徴もありますので、ジムやエステでせっかく頑張ったのに元に戻ってしまったというようなことも防げます。
その点でもかかる費用以上の魅力があるでしょう。また、保険が適用される場合は、自己負担額が異なります。
保険適用の場合は医療保険診療報酬明細書を確認し、自己負担額や手術に関する詳細を確認することが重要です。
なお手術の費用は、手術部位・手術方法・手術回数などによって異なりますので、事前に担当医師に相談し詳細な見積もりを取得することをお勧めします。

脂肪吸引が向いている人

OK
部分痩せができて、一度の施術で結果が得られる脂肪吸引は非常に魅力的ですが、向き不向きがあるため注意が必要です。
脂肪吸引が向いている方は、以下のような方です。それぞれ詳しくみていきましょう。

皮下脂肪が多い

脂肪吸引は、皮下脂肪を取り除く施術です。そのため、皮下脂肪が多い方には有力な選択肢のひとつになるでしょう。例えば、体重の重さに関係なく皮下脂肪が付きお腹がポッコリしている方などです。
ただし、脂肪吸引は手術を伴う美容医療の1種ですので、リスクや副作用があることを忘れないようにしましょう。
手術前には、担当医師と相談し手術内容や術後のことに関してもしっかり理解しておくことが重要です。
また術後も過信せず、適度な運動とバランスのとれた食生活を心がけ、健康的な生活を送ることが重要です。

ダイエットで効果が得られない

今まで食事制限や運動などのダイエットを試したが効果が得られなかった方にも有力な選択肢の1つになるでしょう。
脂肪吸引は、太ったり痩せたりする脂肪細胞ごと取り除く施術です。今までさまざまなダイエットを試しても効果が得られなかった方は、たった一度の手術で確実に効果を実感できます。
しかし、一般的なダイエットと違い脂肪吸引は手術ですので、リスクや副作用が伴います。
目先の効果だけに気を取られず、リスク・副作用・術後のケアなどを担当医師から説明を受け、しっかり理解しておくことが重要です。
また、まずは担当医師に健康状態・今までのダイエットの成功率についても相談した上でそれでも成功しない場合に脂肪吸引の手術を検討することをおすすめします。

部分痩せしたい

部分痩せをしたい方にとっても脂肪吸引は有力な選択肢のひとつになるでしょう。
脂肪吸引は手術で脂肪を取り除きたい部位ごとに施術を行うので、体重は落としたくないけど部分痩せをしたい方に向いています。
手術前には担当の医師の説明をしっかりと聞き、どんなリスク・副作用があるのかを確認しておきましょう。
医師と相談した上で手術内容をしっかり理解しておくことが重要です。
また、手術をするのか決める前に、自分が手術に向いているのかも確認しておくのも大事です。

短期間で効果を出したい

脂肪吸引は一回の手術で体の一部の部位から脂肪を取り除く手術ですので、たった一回という短期間で効果を実感できます。
そのため、どうしても短期間で成果を上げたいとお考えの方にも有力な選択肢の1つになります。
しかし、リスクや副作用を伴うため健康上問題がない限りは避けた方が良いでしょう。
日常生活での運動や食事を見直し、健康的な生活を送ることがダイエットの最も効果的な方法です。

クリニック選びのポイント

指
実際に脂肪吸引を行うなら、どのようなクリニックを選ぶと失敗することなく理想の自分に近づけるのか検討が必要です。
脂肪吸引は高額な施術になるので、クリニック選びは失敗したくないでしょう。重視するべきポイントを解説します。

  • 施術を行う医師やクリニックの経験や資格
    脂肪吸引を行う医師やクリニックの資格や経験を確認しましょう。
    施術での失敗や施術中の痛みなど、これらは担当医師の技術力の差で起こる場合もあります。ですのでクリニック選びは非常に重要です。ホームページやInstagram・TwitterなどのSNSで口コミを調べてみるのもいいですね。
  • カウンセリングの丁寧さ
    きちんと理解できるように説明してくれたか・希望に沿った施術を複数提案した上で自分に合った方法を提案してくれるか・質問に納得できる返答をくれたか・決断を迫られるようなことはないかなどをポイントとして、確認してみてください。
  • 施術方法
    手術をしますので、担当医師から手術方法を理解しないまま、不安な状態では手術に臨めないですね。リスクや副作用、術後のケアについても手術前に、納得ができるまで担当医師と話をしておきましょう。
  • 合併症やリスク
    脂肪吸引によって、化膿・血腫・血栓症・薬剤へのアレルギーなどのトラブルが起きる可能性があります。脂肪吸引を受ける前にどんなリスクや合併症があるのかを手術前にきちんと確認しておきましょう。
  • 価格や保険
    価格や保険も確認しておきましょう。脂肪吸引は1回で効果が得られる手術であるため、高額です。価格や保険適用ができるかどうかも一緒に事前に確認しておきましょう。また、保険適用ができるのであれば、必要書類などを手術前に揃えておくと術後に副作用が出たとしても安心でしょう。

こういった点を考慮した上で、自分自身に合ったクリニックを見つけましょう。

編集部まとめ

万歳
今回の記事では、脂肪吸引について解説してきました。脂肪吸引は、たった一回の手術で脂肪細胞ごと取り除き、その後のリバウンドの心配もほとんどないという非常に魅力的な方法です。

その反面「手術」を行うので、リスク・副作用・高額な費用などのデメリットも多く発生します。

施術を考えている場合は、脂肪吸引のメリットばかりを追うのではなく、デメリットの部分もしっかり説明を聞き自分に合っているのかを確認し理解した上で判断するようにしましょう。

そして、施術を受ける・受けない・術後など関係なく、適度な運動・バランスのとれた食生活を心がけ健康的な生活を送ることが何よりのダイエット方法ではないでしょうか。

自分の体を作っているのは、食事と運動の日々の生活です。脂肪吸引やダイエットをお考えの方は、日常生活を見直すことから始めましょう。

この記事の監修医師