術後も安心できるインプラントは、確かな技術と新しい機器を備えた歯科医選びから【大阪府箕面市 箕面おとなこども歯科】

公開日:2020/08/18

箕面おとなこども歯科
箕面おとなこども歯科

失った歯を補完する上で、インプラントは有効な治療法との認識が近年高まりつつある。しかし費用面に加え、手術を必要とすることや術後の歯周炎のリスクなど、治療に対して不安を抱いている人は少なくない。そのため従来からの入れ歯やブリッジを選択するケースも多いが、しかし入れ歯やブリッジにはさまざまなデメリットも。そこで、手厚いカウンセリングと確かな診断、インプラント治療後トラブルなしの実績を誇る「箕面おとなこども歯科」院長の領木崇人先生に、安全・安心なインプラント治療について話を伺った。

Doctor’s Profile
領木 崇人(りょうき たかと)
箕面おとなこども歯科 院長

高知大学医学部附属病院歯科口腔外科で口腔がんなど数多くの手術を経験、その後、大阪、京都府下の6医院に勤務。口腔外科担当医をはじめ、クリニックの院長、医療法人理事などを歴任した。平成28年9月、箕面おとなこども歯科を開院。その高い技術と信頼のおけるカウンセリングで、幅広い世代から信頼を得ている。

目次 -INDEX-

半永久的にもつインプラント。その手術は親知らずを抜くよりも安全

世間に周知されつつあるインプラントですが、まだ怖さや不安感を持っている人も多いと感じます。

インプラントは現在、世界的に欠損歯の治療の主流になりつつあります。生体親和性が高く身体に安全なチタン素材を使うのですが、チタンは歯だけでなく、手足の骨や関節として、また骨折した際のボルトなどにも広く使われている素材ですので安心です。
当院の患者さんの中にも、はじめは「手術が怖い」「痛みがあるのでは」と危惧する方もいらっしゃいますが、インプラント手術は、実は親知らずの抜歯をするよりも安全で、麻酔で痛みもまったく感じません。手術直後は少しうずきますが、痛み止めを飲んだら忘れられるぐらいで、それもだいたい2~3日ほどでなくなります。なかには、まったく気にならないという方も多くいらっしゃいますよ。

半永久的にもつインプラント。その手術は親知らずを抜くよりも安全

手術を受けられた患者様からは喜びの声が!

インプラント手術を受けられた患者さんからはどのような声が聞かれますか?

一番多いのは、「やってよかった」「もっと早くインプラントにすればよかった」「痛くなかった」「いつの間にか終わっていた」などといった、うれしいコメントです。そういった声を聞くと、「もっと安心安全なインプラント手術をたくさんの方に受けていただきたい」とやりがいを感じますね。
ありがたいことに、一般的にインプラント後に起こりがちといわれる、手術後のクレームやトラブルが起きたことはこれまで一度もありません。

インプラントは知れば知るほど受けるべき治療

インプラントの代替となりうる義歯やブリッジのメリット、デメリットについて教えてください。

入れ歯のメリットは、保険診療の対象で、手術なしでできるという手軽さにあります。しかし一方で、つけ外しの必要性や毎日のケアの大変さなど、デメリットも多いですね。
ブリッジも保険診療内で価格が手軽なことと、入れ歯に比べると使用感がいいことが利点です。ただし、ブリッジをかけるためには、健康な両隣の歯を削る必要があります。削った歯は、「約15年寿命が短くなる」といわれているので、1本の歯のために、合計2本もの歯を犠牲にしなければなりません。

インプラントができない方もいるのでしょうか?

はい。まず10代の方は、まだ骨が成長を続けている途中なので、20歳になるまでインプラントはできません。また、ひどい歯周病や歯槽膿漏で歯茎が弱っている方は、インプラントが抜けてしまう恐れがあるので難しいですね。さらに、重度の糖尿病の方も、感染や化膿しやすいリスクがあるのでおすすめしません。
しかし、それ以外の方なら、80代、90代の高齢の方でも大丈夫です。もちろん、安全のために手術前にはしっかりとカウンセリングを行います。基礎疾患や口内環境、歯並びなどを確認した上で、治療するかどうかを総合的に判断をさせていただいています。

インプラントの耐久性はどのぐらいでしょうか。一生使い続けることはできますか?

歯茎に入れる歯の土台の部分がインプラントと呼ばれるものですが、ここはきちんとしたケアを続けてさえいれば、ほぼ一生使うことができます。その上にかぶせるクラウンの部分は経年劣化しますが、一般的な歯科治療と同様に、簡単に取り換えが可能です。

半永久的にもつインプラント。その手術は親知らずを抜くよりも安全

貴院には赤ちゃんや妊婦さんなど幅広い世代が来られるそうですが、どんな方がインプラント治療を受けられているのでしょうか?

30代~50代の方が中心ですが、20代や60代の方もいらっしゃいます。虫歯が原因で抜歯をしたり歯が折れてしまったケースなど、歯の欠損が原因でインプラントを考えられる方が多いですね。

医療機器の充実と手術経験の豊富さが見極めのポイント

医療機器の充実と手術経験の豊富さが見極めのポイント

インプラント治療を安心して受けられる歯科医院はどのように選んだらいいのでしょうか?

私もそうですが、歯科治療だけでなく、口腔内のさまざまな手術を行う口腔外科出身のドクターに治療してもらうのが安心だと思います。手術の経験を重ねていればいるほど、手技が熟練されていて余裕がありますし、万一、手術中に急変や異常出血など想わぬトラブルができても対応できますから。
また、3Dで口内の状態を精密に確認できる歯科用CTなど、最先端の医療機器が揃えられていることも、安心につながる大切なポイントだと思います。

医療機器も大切なのですね。先生のところはどのようなシステムを導入されていますか?

先ほどもお伝えした通り、口腔内の状態を3Dで確認できる歯科用CTがあります。まだ導入されている院の少ない最先端機器ではありますが、口腔内の状況を正確に把握するために欠かせない存在です。
歯の幅や密度、骨の厚みや密度、血管や神経の状状態までわかり、インプラントを入れた際のシミュレーションもできるので、手術を安全に行うために不可欠なパートナーと言っていいと思います。ほかにもインプラント専用の医療機器、薬品を揃えていますが、安心安全のため、すべて信頼度の高い日本製を選んでいます。

「箕面おとなこども歯科」でインプラント治療を行う際の治療の流れを教えてください。

初診では、歯が欠損した経緯から全身疾患をお持ちかどうか、さらに現在困っていることやご希望など、しっかりとお話を伺います。その後、残っている歯の噛み合わせや口腔内の状況を歯科用CTとレントゲンを用いて正確に確認し、インプラント治療が可能かどうか、具体的にどういう治療をしていくかを納得いただけるまで十分に説明します。
次に、まず口腔内をキレイな状態にします。虫歯や歯周病がある場合は、インプラントに菌が入らないように治療しておくということです。そして日程を決め、約30分程度のインプラント手術を行い、翌日または2~3日後に消毒を行います。
その後、1週、2週、3週と少しずつ期間を開けて、インプラントがきちんと歯茎の中で固定されているかを確認します。術後3~4カ月後に歯型を取り、インプラントに被せ物を入れ終了です。
後は、3~4カ月毎に1回定期メンテナンスに来ていただき、噛み合わせをその都度確認。必要に応じて微調整を行っていきます。私はこの微調整こそが、インプラントを長く快適に使っていただくために重要な部分だと思っており、かなり気をつけてケアを続けています。

インプラントは術後のケアが重要だと聞きました。

インプラントに歯周炎が生じることがあります。それを防ぐために術後のケアはもちろんですが、正しい歯ブラシの仕方、糸ようじやフロスを使ったお手入れ方法も指導しています。インプラントも一生使うものですから、生まれもった歯と同じく大切にしてほしいですね。
実は先日、他院でインプラント歯周炎を長年放置されていた方が、「抜くしかないと言われました」とセカンドオピニオンに来られたんです。でも、しっかり歯茎のトリートメントと適切な処置を行ったところ、抜かずに済みました。ですから他院でインプラント手術を受けて歯周病になってしまった際も、あきらめずになるべく早く相談に来ていただきたいと思います。

医療機器の充実と手術経験の豊富さが見極めのポイント

コミュニケーションを重要視し常に患者さま目線の手術を心がけています!

コミュニケーションを重要視し常に患者さま目線の手術を心がけています!

インプラント手術や日頃の治療の中で、先生が特に気をつけられていることは何でしょうか?

インプラント手術はやはり不安や恐怖が大きいと思います。ですから、「痛みは大丈夫ですか?」「あと少しで終わります」など小まめに声をかけ、少しでもリラックスしていただけるよう気を配っています。
これは普段の治療もそうですね。そのせいか、当院には幼児の患者さんも多く、みなさん安心して通っていただいています。また、私は口腔外科出身なこともあり、滅菌や消毒などによる感染防止にも人一倍気を遣っています。

コミュニケーションを重要視し常に患者さま目線の手術を心がけています!

ちなみに、貴院でインプラントを行うと費用はどのくらいかかりますか?

インプラント1本につき、手術治療費が25万円、インプラントに被せる人工の歯が12万円です(いずれも税抜き価格)。通常CT検査費用は別料金となることが多いのですが、当院では手術治療費に含まれています。インプラント体は信頼できる日本製のAQBを使用しています。

それでは最後に、読者へメッセージをお願いします。

先ほどもご紹介しましたが、当院では手術後、「もっと早くインプラントにすればよかった」「痛くなかった」という患者さんの声がよく聞かれます。だからこそ、迷っている方は一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。
安全安心なインプラント手術を行う歯科医院の見極め方は、口腔外科出身であることと、歯科用CT、並びにレントゲンの両方で精密な診断を行っていることだと思います。もし、インプラント治療でお悩みの方は、ぜひ当院にいらしてくださいね。

編集部まとめ

院長の領木先生のお話からは、術後までずっとケアを続けてくれる深い安心と、インプラント治療の確かな技術を感じることができました。近隣の幼稚園の先生が、「歯のトラブルがあったらこの歯科医院に」とママさんたちにおすすめしているそうですが、それも納得です。阪急箕面駅から徒歩3分という好立地にある箕面おとなこども歯科。インプラントを考えている方は、一度お気軽に相談に行かれてみてはいかがでしょうか。

箕面おとなこども歯科

医院名

箕面おとなこども歯科

診療内容

インプラント むし歯治療 予防治療 口腔外科 小児歯科など

所在地

大阪府箕面市箕面6-5−1
グリーンマンション1F

アクセス

阪急箕面線「箕面」駅より徒歩3分