歯科医師が語る、非抜歯矯正を考えるときに知っておきたいこと 【埼玉県狭山市 あやの歯科医院】

あやの歯科医院
あやの歯科医院

歯科矯正に興味はあっても、歯を抜くことには抵抗がある。歯を抜かずに矯正できる「非抜歯矯正」が気になるが、本当に歯を抜かずに歯並びがきれいになるのか、後戻りなどのリスクはないのかなど不安な点がたくさんあり、前に進めない方も多いのではないだろうか。そこで今回は、数多くの非抜歯矯正の経験を持つ、あやの歯科医院の綾野永一院長に、非抜歯矯正に関する詳細を伺った。

Doctor’s Profile
綾野 永一
あやの歯科医院 院長

日本大学歯学部卒業。日本大学歯学部補綴学教室助手を経て、1978年、本郷ファミリー歯科開院。1988年、あやの歯科医院開院。WDSC(Weekend Dental Study Club)会長、日本歯科医師会、埼玉県歯科医師会、入間郡市歯科医師会、狭山市歯科医師会、狭山市立入間野中学校校医。

【非抜歯矯正の基礎知識】治療方法と適用条件とは?

まず、非抜歯矯正について、従来の矯正とはどんな点が違うのでしょうか?

そもそも歯並びが悪くなるのは、歯の大きさに対して顎が小さいため、全部の歯がきれいに並ぶだけのスペースがないことが原因です。たとえば3人がけのソファに5人で座ろうとすると、誰かが少し前に出て座らないと全員が座れませんね。それと同じで、顎にスペースが十分にないため、歯の並びが窮屈になり、凸凹などが生じてきます。
矯正治療において抜歯を行うのは、歯が並ぶための十分なスペースを確保するためです。非抜歯矯正は、歯を抜くことなく歯科矯正を行う歯科治療のことをいいます。

【非抜歯矯正の基礎知識】治療方法と適用条件とは?
非抜歯矯正は患者さんにとって魅力的です。希望すれば誰もができるのですか?

歯がきれいに並ぶだけの顎のスペースが確保できれば、非抜歯での矯正は可能になります。成長期には顎も成長するので、お子さんの場合は基本的に非抜歯で矯正治療を行うことができます。
これは当院のケースですが、幼少期に矯正治療をスタートすれば、「装置をつけない矯正」も提供可能です。この方法で治療すれば、矯正装置の痛みや煩わしさがないのはもちろんのこと、大切な歯を抜かずに温存できます。また、歯並びは心理面にも影響を与えますから、お子さんには自分の笑顔に自信を持って成長できるメリットもあります。

なるほど。それでは、成人の場合はどうでしょうか。適用できるケースとできないケースがあるのでしょうか。

成人の場合、顎の成長は止まっているので、非抜歯矯正を行うためには、歯列を今より外側に広げるか、もしくは奥歯を後方に移動させるかして、歯を並べる十分なスペースを確保する必要があります。
このどちらかもできない場合は、一般的には非抜歯矯正は難しくなります。つまり、非抜歯矯正が可能かどうかは、患者さんの顎の大きさや歯並びの状態によるもので、歯科医師の腕がいいから非抜歯が可能で、下手だから抜歯するしかないというわけではありません。そこは患者さんにご理解いただきたいと思います。

非抜歯矯正が適用できるのに、抜歯されてしまうケースはあるのでしょうか?

歯科医師にとっては、非抜歯矯正より抜歯矯正の方がスムーズに進められるため、抜歯矯正を行う医院のほうが多いのが現状です。

先生の医院では、成人の矯正で歯を抜くことは基本的にないそうですね。

はい。矯正治療の仕上げのときに、必要に応じて親知らずを抜歯することはありますが、成人の矯正治療のために健康な歯を抜くことはありません。非抜歯矯正を他院に比べて比較的多く取り扱ってきた当院では、通常抜歯するようなケースでも抜歯をせずに矯正できないかぎりぎりまで検討します
ただし、すべての患者さんに対して非抜歯矯正だけを行うと決めているわけではありません。各種検討結果から抜歯矯正のほうがよいと判断した場合や、患者さんのご要望がある場合は、抜歯治療を行うこともあります。

【非抜歯矯正の基礎知識】治療方法と適用条件とは?
非抜歯矯正を行うにあたって、注意しているポイントはありますか。

患者さんの顎に合わせて歯列を並べていく非抜歯矯正では、抜歯矯正のように顎を小さくする必要がないため、歯列の拡大をメインに行って矯正します。
歯は、顎の骨が少ない方向への移動はできず、骨の多い方向へだけ移動が可能なんです。ですから、歯を抜くことなく、きちんと動かしたい方向へ動かせるかどうか、歯科用CTで必ず確認をしてから非抜歯矯正を行うようにしています。

【非抜歯矯正のメリット・デメリット】身体への負担が比較的少ない

歯を抜かずに矯正できるなら、それが一番いいような気がします。非抜歯矯正のメリットを改めて教えてください。

一番のメリットは、抜歯を行わないため身体への負担が比較的少ないことです。抜歯が怖い、歯を抜きたくないという方は大変多いですが、主にその原因となっていると思われる、抜歯による痛みや腫れを避けて矯正を行うことができます。
また、大切なご自分の歯を残せること、歯を抜くことなく歯を移動するため抜けた部分を埋める過程がないため歯の移動距離が短くなり、抜歯矯正に比べて治療期間が短いケースが多いことも特徴です。

【非抜歯矯正のメリット・デメリット】身体への負担が比較的少ない
では、デメリットについてはどうでしょうか。

無理に非抜歯を進めると、歯並びが後戻りする恐れがある、歯ぐきが弱る場合があるなどでしょうか。ただし、このデメリットは、歯科医師が十分な知識と技量を持たずに無理に非抜歯矯正を行った場合に限ります。無理に進めないことが非抜歯矯正のメリットを得るために重要です。

【非抜歯矯正のメリット・デメリット】身体への負担が比較的少ない
非抜歯で矯正できる症例で、敢えて抜歯するメリットはあるのでしょうか?

症例によっては、抜歯をしたほうが矯正の治療期間を短縮することができる場合もあります。その場合、治療を早く終えたい患者さんは、自ら抜歯矯正を選択する方もいらっしゃいます。
当院では主に非抜歯矯正を行っていますが、このような状況に応じて抜歯を選択することもあります。抜歯するしないにかかわらず、精密な検査にもとづいて両方の治療結果をきちんと予想し、どちらが身体に無理がなく、どちらが患者さんの希望に沿った治療であるかを見極めていきます。さらに、カウンセリングを通して患者さんのご希望もしっかり伺った上で、どうするかを最終的に判断しています。

【注意点】非抜歯矯正をすすめられたときの注目ポイント

非抜歯矯正については、無理に進めないことも大切だとよくわかりました。そのためには、歯科医師を慎重に選ぶ必要があるかと思いますが、矯正治療において、信頼できる歯科医院の選び方を教えてください。

むずかしい質問ですが、一つの目安として、常に新しい医療についての勉強を怠らない医師が安心だと思います。たとえば、歯へ無理な負担をかけずに、顎の骨全体の健全な成長を促して、健康な身体と美しい歯並びをつくっていく「顎顔面矯正」を行っているなど、小児矯正についてよくわかっていて勉強している先生のほうが、矯正についての知識は深いといえます。

【注意点】非抜歯矯正をすすめられたときの注目ポイント
そこが技量を見極める一つのポイントになるわけですね。

あとは技術面だけでなく、歯を抜く、抜かないにかかわらず、治療を始めるにあたり仕上がりや治療期間、費用について納得できる十分な説明があるかどうか。矯正治療は経過を見ていくことや治療完了後のアフターケアが必要な治療なので、途中で担当医が変わることがないかどうかも確認したほうがいいでしょう。

逆にここは注意したほうがいいという点があったら教えていただけますか。

無駄に歯を動かすと歯肉が退縮したり歯根吸収したりすることがあるため、「まず非抜歯矯正を試してみて、無理だったら抜歯矯正に切り替えましょう」というような提案をする歯科医院はおすすめできません。
治療期間が長引けば、その分、患者さんの身体的な負担も増えますし、時間も費用もかかってしまいますから。本来であれば、あらかじめ非抜歯した場合、抜歯した場合、それぞれの矯正結果を精密な検査のもとに予測して、より良い治療を提案するべきなんです。
非抜歯矯正にトライしてみるというのは、一見、患者さんの気持ちに寄り添っているように思えますが、無駄に歯を動かすことは患者さんの身体にとってリスクがあるということを知っておいていただきたいと思います。

【注意点】非抜歯矯正をすすめられたときの注目ポイント
「100%非抜歯矯正でできる」と断言する歯科医院もあるようです。

抜歯して行う矯正、非抜歯で行う矯正、それぞれにメリット・デメリットがあり、歯の動かし方など治療経過や期間、仕上がりも違ってきます。歯科医師は、そのことをきちんと患者さんに説明する義務があるため、100%非抜歯矯正ができると断言してその治療を強くすすめてくるようであれば、それは説明義務違反に該当するため注意が必要です。
歯科医師から非抜歯矯正をすすめられた場合は、なぜ非抜歯で矯正が可能なのか、抜歯矯正とどのように違うのか、納得いくまで十分に説明を受けることが重要です。説明を受けても疑問が残る場合は、決してそのまま治療を始めたりせずに、他院でセカンドオピニオンを受けてから決めましょう。
矯正治療において大切なのは、抜歯・非抜歯の問題ではなく、治療開始から終了、アフターケアまでの全体を捉えていかに治療の効果をしっかり上げ、患者さんに満足いただける治療を提供するかということです。

非抜歯矯正を適用できるかどうか十分に確認が必要

今回の取材で、十分な知識と技量を持たない医師による非抜歯矯正の無理な適用は失敗につながることもあり、歯科医院は慎重に選ぶ必要があることがわかりました。新しい医療知識の収集と技術の研鑽に努め、精度の高い非抜歯矯正を提供している歯科医院を探すことが非抜歯矯正を成功させる鍵となります。近年はインターネットでも多くの情報を得られるため、非抜歯矯正や治療を検討している歯科医院については、必ず事前にチェックするようにしましょう。

医院情報

あやの歯科医院

あやの歯科医院
所在地 〒350-1317
埼玉県狭山市水野598-5
アクセス 西武新宿線「入曽」駅より車で7分
西武新宿線 新所沢駅 東口より新所04バス「西武フラワーヒル行き」に乗車、「西武フラワーヒル」停留所 下車 徒歩2分
診療内容 矯正歯科 歯科一般 口腔外科治療 セラミック治療 インプラント治療