FOLLOW US

目次 -INDEX-

  1. Medical DOCTOP
  2. 配信コンテンツ
  3. 【医師直撃】大腸カメラと胃カメラを同時に受けるメリット 別々受検とどっちがいい?

【医師直撃】大腸カメラと胃カメラを同時に受けるメリット 別々受検とどっちがいい?

 更新日:2023/12/20
【医師直撃】大腸カメラと胃カメラを同時に受けるメリット 別々受検とどっちがいい?

大腸カメラと胃カメラ(それぞれ内視鏡検査)を同時に受けられると、わざわざ病院へ通う手間や、事前の準備を含めるとそれらが一度で済むのがメリット。浦和消化器内視鏡クリニックの勝山先生は、「体への負担が少ない」と言います。詳しく話を聞きました。

勝山 泰志

監修医師
勝山 泰志(浦和消化器内視鏡クリニック)

プロフィールをもっと見る
弘前大学医学部卒業。新東京病院消化器内科副部長、共済病院消化器内科部長を経た2021年、埼玉県さいたま市に「浦和消化器内視鏡クリニック」開院。内視鏡とエコー検査の専門クリニックとして、治療後のフォローまで担う地域医療に努めている。日本内科学会認定医、日本消化器病学会認定専門医。日本内科学会会員。

編集部編集部

胃と大腸の内視鏡検査って、同日に受けられるのでしょうか?

勝山先生勝山先生

医療機関によりますが、同日に双方の検査をすること自体は可能です。受診しようとしている医院へ事前に問い合わせるか、公式サイトなどを確認すれば、同時検査の有無がわかると思います。患者さん側のメリットとしては、単純に「2回に分けずに済む」ことでしょう。

編集部編集部

むしろ胃と大腸を、それぞれ専門性の高い病院で診てもらったほうがいいのでは?

勝山先生勝山先生

内視鏡検査を行っている医師ならば、胃も大腸も診ることは可能です。胃と大腸でそこまで大きく専門性は分かれない印象です。精密な検査を望むのであれば、むしろ最新の機材が使用されているかチェックをしたほうが良いと思いますよ。また、同時検査は、「不調の原因が胃なのか大腸なのかわからない場合」にも有効です。

編集部編集部

同時検査とはいえ、内視鏡を胃からそのまま大腸へは通さないですよね?

勝山先生勝山先生

そんなに長い内視鏡はないので物理的に無理ですね。一般的には、胃の内視鏡検査をして、その後に大腸の内視鏡検査をします。検査時間そのものは合計で30分ほどです。ただし、大腸の内視鏡検査をする際には、腸管内をきれいにする必要があるので、下剤を飲む前処置時間を含めると5~6時間かかります。実質「1日がかり」の検査です。

編集部編集部

同時に受けることはおすすめだと思いますか?

勝山先生勝山先生

最初から、胃も大腸も内視鏡の検査が必要な場合、同時検査は効率的だと思います。同時に検査すると、疲れてしまうのではと考えられる方もいらっしゃいますが、絶食など検査前の準備のことを考えると、むしろ同時に検査をしてしまった方が体への負担が少ないんです。

この記事の監修医師

注目記事