手掌多汗症の症状や原因、治療方法とは?

公開日:2021/04/29
手掌多汗症

手掌多汗症とはどんな病気なのでしょうか?その原因や、主にみられる症状、一般的な治療方法などについて、医療機関や学会が発信している情報と、専門家であるドクターのコメントをまじえつつ、Medical DOC編集部よりお届けします。

この記事の監修ドクター:
村上 友太 医師(青森新都市病院)

手掌多汗症とは

「多汗症」は、必要以上に汗をかき、日常生活に支障をきたす症状をさします。全身に多量の汗をかく全身性多汗症、手や足など部分的に多量の汗をかく局所性多汗症に分けられます。手掌多汗症は、手のひら(手掌)だけに汗を多量にかく、局所性多汗症の1つです。

村上友太 医師 青森新都市病院ドクターの解説
手掌多汗症とは手のひらに過剰な汗をかく状態のことをいいます。基礎疾患により生じる続発性と、原因がハッキリとしない原発性とに分けられます。

手掌多汗症の症状

具体的な症状としては、多量に汗をかくため、試験用紙や仕事の書類などが、汗でびっしょりと濡れてしまうこともあります。また、日常生活に支障をきたすほどの汗をかくため、タオルなどを常に数枚持ち歩くようになるのです。

村上友太 医師 青森新都市病院ドクターの解説
症状の重い例では時にしたたり落ちる程の発汗がみられ、手は絶えず湿って指先が冷たく、紫色調を帯びていることがあります。この様な湿った手はあせもができて表皮がめくれることもあり、カビや細菌の感染を起こしやすい状態です。仕事や勉強、対人関係に支障をきたし、患者さんのQOL(生活の質)が低下してしまいます。

手掌多汗症の原因

手掌多汗症のような局所性多汗症の原因として、精神的に緊張していたり、神経の末端が傷ついていたりして生じる場合があります。このように原因がある多汗症を「続発性多汗症」といいます。一方で、原因がはっきりせず手掌多汗症の症状が出る場合があり、これを「原発性手掌多汗症」といいます。

村上友太 医師 青森新都市病院ドクターの解説
発汗を促す交感神経が人よりも興奮しやすい可能性があるといわれていますが、明確な原因はわかっていません。家族内発症の報告例が多いことなどから遺伝的要素が指摘されており、原因遺伝子の検索がされている段階です。

手掌多汗症の検査法

手掌多汗症は、基礎疾患により生じる続発性と、原因がハッキリとしない原発性とに分けられます。検査では、まず原因となる基礎疾患(感染症やホルモン異常、外傷による神経障害など)がないかを調べます。もし、基礎疾患がある場合には、そちらの治療を行います。

そのような疾患がなく、6カ月以上多汗症の症状が続き、以下の項目のうち2つ以上当てはまる場合は、多汗症と診断されます。

  • 初発の年齢が25歳以下
  • 片手ではなく両手に汗がみられる場合
  • 睡眠中は汗をかかない
  • 1週間に1回以上多量に汗をかいた出来事があった
  • 家族で同様の症状の人がいる
  • 日常生活に支障をきたす場合

などが該当します。

村上友太 医師 青森新都市病院ドクターの解説
問診と臨床症状から上記説明文の診断基準を参照し多汗症であると診断できます。また、上記診断基準判定とともに、発汗検査を行って診断及び重症度を確定します。
発汗検査には、ヨード紙法(発汗部位に触れると黒色に変化し視覚的にわかりやすい)や汗の量を定量的に測定する重量計測法などがあります。これらは、治療効果判定などにも用いられることがあります。重症度判定は、自覚症状によって以下に分類し、③と④が重症の指標にされています。

  • ①発汗は全く気にならず、日常生活に全く支障がない
  • ②発汗は我慢できるが、日常生活に時々支障がある
  • ③発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある。
  • ④発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある。

手掌多汗症の治療方法

繰り返しとなりますが、基礎疾患がある場合は、そちらの治療を先に行います。一方で、そのような疾患がない場合は、塩化アルミニウムという成分の外用薬を用いて治療がなされます。外用薬で効果がない場合は、A型ボツリヌス毒素(BT-A)を局所注射します。このA型ボツリヌス毒素は、発汗を促すアセチルコリンという成分を抑制する作用があるのです。それでも効果がない場合は、塩化アルミニウムの外用と、A型ボツリヌス毒素の局所注射を併用します。

村上友太 医師 青森新都市病院ドクターの解説

基礎疾患により生じる続発性であれば、その治療を行います。
原因がハッキリとしない原発性であれば、以下の治療を考慮します。
まずは、保存的治療として、塩化アルミニウム外用薬を投与します。あるいはイオントフォレーシス(水で浸した金属トレイに手を入れて電流を流す)を行います。これで効果がない場合に、A型ボツリヌス菌毒素注射を行います。
これでも効果が足りない場合には、外科治療を考慮します。
具体的には交感神経遮断術といって、背骨の両脇に沿って走っている交感神経の一部を手術で焼灼(しょうしゃく)切断(電気メスで焼き切る)します。

手掌多汗症の予防方法

疾患が原因となっている場合は、疾患の治療を行うほか予防する方法は残念ながらありません。原因がない場合は、発汗を防ぐために「リラックスした状態(副交感神経が優位)」になるようにします。刺激物の摂取(香辛料やカフェイン、アルコールなど)を控えめにして、ストレスをため込まずに定期的に吐き出すようにしましょう。極力、緊張状態を避けるようにすることが大切です。

この記事の監修ドクター