遠視とは?その症状や原因、治療方法について

遠視(読み方:えんし)とはどんな病気なのでしょうか?その原因や、主にみられる症状、一般的な治療方法などについて、医療機関や学会が発信している情報と、専門家であるドクターのコメントをまじえつつ、Medical DOC編集部よりお届けします。

この記事の監修ドクター:
安里 良 医師 安里眼科 総院長

遠視とは

先天的に眼球の奥行き(眼軸)が短かったり、角膜や水晶体の光を屈折させる力が弱いために、目をカメラに例えたときにフィルムの役割を果たす網膜の後方にピントが合ってしまい、近くだけではなく遠くも見えにくい状態が遠視です。近視と同様、遺伝的な要因が関係していると考えられています。

引用:タケダ健康サイト
https://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=enshi

安里 良 医師 安里眼科 総院長ドクターの解説
■遠視について
(1)目に入ってきた光は眼軸が短いため、調節を休ませたとき、網膜の後ろにピントが合ってしまいます。
(2)遠いところや近いところを見る場合、より多くの調節を要し、網膜にピントを合わせることになります。遠視とは、まったく調節しない時に網膜の後方でピントが合うため、遠くを見る時は少しの調節で見え、近くを見る時は強く調節をしないとはっきり見えない目のことです。遠くでも近くでも調節が必要になり疲れやすい目です。

○子どもの遠視
子どもの場合、遠視であっても調節力が強いため、症状が現れない場合が多いのですが、軽度の遠視でも年をとるにつれ、また強度の遠視になると次のような症状が現れます。

・絶えず目の調節を必要とするため、目と身体が疲れやすく、集中できずに学習や仕事の能率があがらない
・遠視の度が強くなると、内斜視になったり、視力の発達がまだ不十分な小児の場合、弱視になったりする

内斜視
強度の遠視では、はっきり見るために余分な調節が必要なので、目が寄ってきて内斜視になります。

弱視
強度の遠視では、調節の努力をしてもピントが合いにくくなります。小児では、この状態のまま、矯正しないでおくと視力の発達が止まって弱視になります。

遠視の症状

遠視では遠くの物が良く見えると思われがちですが、近くも遠くも良く見えません。正視や近視の場合は、近くの物を見るときにだけ水晶体を厚くしてピントを合わせますが、遠視の場合は近くを見るときも、遠くを見るときも調節が必要なため、目が疲れやすくなります。読書や細かい作業が苦手、集中力に欠けるなどの影響が出ることも少なくありません。

引用:タケダ健康サイト
https://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=enshi

安里 良 医師 安里眼科 総院長ドクターの解説
■遠視と老眼のちがい
遠視は網膜の後方でピントが合うという屈折異常であり遠くについては調節力が足りてみえるが、近いところで調節力が不足し見えないのに対し、老眼は老化による調節機能の低下で調節できる範囲が少なくなり、遠くが見える人は近くが見えなくなり、近くが見える人は遠くが見えなくなります。目に入ってきた光は角膜、続いて水晶体(カメラのレンズの役割を果たします)を通って屈折し、眼球の奥にある網膜(カメラのフィルムの役割を果たします)に到達します。網膜でピントがあうように水晶体の厚さを調節します。遠視目の屈折状態は眼軸の長さとレンズである角膜・水晶体の屈折力によって決定されます。眼軸の長さが長すぎたり、短すぎたりすると、遠くのモノが網膜にピントが合わなくなります。これが屈折異常です。遠視

遠視の原因

近視や遠視という屈折異常を引き起こす大きな原因は、眼軸長といって目の前後方向の長さが異なることが考えられます。さらに、水晶体や角膜の屈折力の差によることもあります。

引用:日本眼科医会
http://www.gankaikai.or.jp/health/39/02.html

遠視の検査法

視力検査
視力検査は眼の検査としては代表的な検査なので、よく知っている人が多いと思います。
よく行われるやり方はランドルト環という○の切れ目がどこまでわかるかをチェックする方法です。
視力には裸眼視力・矯正視力・遠見視力・近見視力などいろいろありますが、眼科で見え方を評価する場合は主に矯正視力で行います。矯正視力とは近視や遠視・乱視などをレンズで矯正してその人がどれくらい見えるのかを表します。眼に病気がある場合は、どんなに強いレンズを入れても視力は出ないのです。そのため、視力検査は大切な視機能評価の1つであるといえ、眼疾患の管理や治療を進めるうえでも矯正視力は、必要不可欠なものといえます。正しい評価を受けるために、目を細める、前かがみになる、眼鏡の上から覗くなどはしないようにしましょう。

引用:亀田グループ 医療ポータルサイト
http://www.kameda.com/patient/diagnostic/eye/index.html

遠視の治療方法

遠視は、凸レンズの眼鏡やコンタクトレンズを使って矯正を行います

引用:ボシュロム
http://www.bausch.co.jp/eye-dictionary/meinokussetsu/meinokussetsuijou/longsightedness/

安里 良 医師 安里眼科 総院長ドクターの解説
■遠視の矯正
強度の遠視で近くが見えにくく、日常生活が不便な場合はメガネを用いて矯正します。
遠視の矯正には凸レンズを使います。凸レンズは光を集め、屈折力を強めるように働くので、網膜の後ろで像を結ぶ場合の矯正に用いられます。

この記事の監修ドクター