テレスコープシステムとは

公開日:2021/08/30  更新日:2021/11/12

テレスコープシステムとは

テレスコープシステムとは、歯科先進国ドイツで生まれた自分の歯のように噛める入れ歯です。テレスコープシステムの入れ歯は従来のように周囲の歯にバネをかけるものではなく、残っている歯に金属製の内冠を被せ、その内冠に入れ歯と一体化している外冠を装着するものです。内冠と外冠の摩擦を最小限に抑え、留め金が入れ歯の中に組み込まれているので、支えている歯の負担が少なくなっています。

メリット

・自分の歯と同じように噛める
・入れ歯に汚れが付きにくい
・残っている歯を利用して固定できるため、長期間使える

デメリット/副作用

・適用症例が少ない
・入れ歯に利用する歯を削る必要がある
・保険が適用されないため治療費の負担が大きい
・壊れた時の修理が非常に難しく、不可能なこともある

治療期間

治療回数は相談も含めて平均8~10回程度で、治療期間は6か月~1年程度かかるとされています。

費用相場

リーゲルテレスコープ:80~120万円程度
レジリエンツテレスコープ:150~200万円程度
コーヌステレスコープ:150~180万円程度
自由診療なので歯科医院によって値段設定は様々です。

注意点

治療期間や費用は、治療内容などによって大きく異なる場合があります。