スリープスプリントとは

公開日:2021/08/30  更新日:2022/02/14
睡眠時無呼吸症候群

スリープスプリントとは

スリープスプリントとは、睡眠時無呼吸症候群の改善・治療に用いられる装置です。下顎を突き出すように製作されたマウスピースを就寝時に装着し、いびきや無呼吸状態を緩和するものです。
マウスピースの特殊な形状によって、のどへの空気が通りやすくなり、症状の改善に繋がります。
基本的に医科で睡眠時無呼吸症候群の診断を受け、歯科に依頼された場合は保険の適用となります。そのため保険適応で治療を受けたい場合には、歯科を受診する前に医科の受診が必要となります。

メリット

・睡眠時無呼吸症候群を改善できる
・いびきの改善も可能
・出張や旅行時にも携帯できる

デメリット/副作用

・保険の適用には医科での診断が必須
・残存歯が少ない方など、マウスピースを作成できないケースがある

治療期間

スリープスプリントは歯科でマウスピースの作成後、就寝時にのみ装着します。症状が改善されるまで使用を続け、定期的にメンテナンスに通院も必要です。

費用相場

スリープスプリントは医師による診断書がある場合は保険適応となるため1.5~2万円程度で作成できます。診断書が無い場合は保険適応外となり3万円程度となります。

注意点

治療期間や費用は、治療方法などによって大きく異なる場合があります。